2017年12月08日

ぎっくり腰

去年も今時分、ぎっくり腰をやってしまいましが、

今年もまたやってしまいました。


2週間ほど前、なんとなく腰の調子が悪かったので、

思いっきり伸ばそうと、仰向けに寝て腰を伸ばしたところ、

そのまま起き上がれなくなりました。


生徒からも「かわいそう。」という声が出るくらい、

とてもひどい状況でしたが、

発症から約3週間、何とか普通に歩けるようになりました。


一番ひどい時は、車の振動にも耐えられず、

両腕で、腰を浮かせてました。


家内の運転で病院に行きましたが、

振動のたびに悲鳴を上げる始末。

もともと脊柱管狭窄症を持っているので、

腰には気を付けているのですが、

なるときはなるものです。

みなさんもぎっくり腰には、十分ご注意ください。  

Posted by ひげの塾長 at 17:23Comments(0)つぶやき&ぼやき

2017年11月17日

天草高校合同同窓会

明日、11月18日は天草高校の合同同窓会が開かれます。

5年おきの3学年が担当になって、運営しているようです。

5年前、1回目の担当になり、今年は2回目の担当です。


担当は余興もやらなければなりませんが、

5年前は、私と相棒の「ざ・からいも」が歌を歌い、

有志で結成したダンシングチームが、

キャンディーズを踊りました。


今年もありがたいことに、ざ・からいもとして歌わせていただけることになりました。

曲目は、「ざ・あまくさ」と「僕らの天草高校」です。どちらもオリジナル曲です。

本来は、「じ・あまくさ」とするべきなのでしょうが、なんか「じ」って響きが嫌で、

あえて「ざ・あまくさ」にしています。


メインは同級生同志による創作踊り「ソーラン節」です。

みんな気合が入っています。

ええ年こいたおっさんとおばはんが、高校生に戻って一所懸命踊ります。


今日はお酒は控えて早目に寝たいと思っています。

  

Posted by ひげの塾長 at 21:40Comments(0)つぶやき&ぼやき

2017年11月15日

部活動だと思って

私の塾に通ってくれている生徒さんの中には、

塾が開いている平日週5日、毎日やってきて勉強している生徒さんが少なくありません。

毎日、お弁当を持ってきて、1日4~6時間勉強しています。

よく毎日頑張れるなあと思っていますが、

本人たちは、私が思っているほどつらくはないようです。


そういえば部活動は、土日もなく、毎日遅くまでやっていますね。

費用だって、塾の費用とあまり変わらないくらいかかる部活動もあるようです。

多分、今うちの塾に毎日通ってくれている生徒さんたちにとっては、

部活動みたいなものなのではないでしょうか?


部活動と同じくらいの時間とお金をかけて、一生懸命勉強して、

将来への夢と希望を大きく膨らませてみるのも悪くはないと思います。


  

Posted by ひげの塾長 at 19:52Comments(0)つぶやき&ぼやき

2017年11月13日

あまくさシティーエフエム

12月より、あまくさシティーエフエムが開局するらしいですね。

周波数が88.8MHzだそうです。

8が3つでミツバチラジオ。

私の先輩がパーソナリティーをなさるそうで、

ギターを持って襲撃しようかとひそかに思っています(笑)


ちなみに今週末、アレグリアで天草高校の大同窓会が開催されます。

今年は私たちの学年が宴会担当で、有志がソーラン節を踊ります。

その前座として、わが「ざ・からいも」が2曲ほど歌わせていただきます。

曲名は、「ざ・あまくさ」(あえて「ざ」です)と「僕らの天草高校」

ともに私たちのオリジナルです。

まあ、宴会の最中で誰も聞いていないんですけどね(笑)

がんばります。  

Posted by ひげの塾長 at 20:48Comments(0)つぶやき&ぼやき

2017年11月10日

英語教育はこう変わる!

『英単語:小学校で 600~700 語,中学校で 1,600~1,800 語』
中学校学習指導要領解説 外国語編
平成 29 年7月
文部科学省
「指導する語数については,これまでの実績や諸 外国における外国語教育の状況などを参考に,実際のコミュニケーションにおい て必要な語彙を中心に,小学校で 600~700 語程度,中学校で 1,600~1,800 語程 度,高等学校で 1,800~2,500 語程度」

※知人のFBより

現在中学校で学ぶべき英単語数は1200程度だそうです。一挙に5割増しとなります。

今でさえ中学生は英単語を覚えられず苦労している生徒が多いのに、どうなることやら先が危ぶまれます。

小学校でも600~700もあるのですから、おそらく学校の授業だけでは十分な単語力を身に付けるのは、難しいのではないかと思われます。

英語が苦手だという生徒のほとんどは、単語の意味を覚えていない生徒です。単語は興味を持てば意外とスムーズに覚えられますが、興味がないと苦痛でしかありません。

そこでおすすめの勉強法です。

現在はCD付きの英単語本がたくさん発行されています。この中には単語や例文など英語がいろいろな形で収録されています。

このCDをPCに取り込み、iTunesで編集して、単語の練習をするためだけのプレイリストを作り、毎日聞くと良いでしょう。

英単語は慣れです。まずは耳からなれることが英語が得意になる第一歩です。

  

Posted by ひげの塾長 at 17:35Comments(0)受験情報

2017年10月26日

全国高校入試問題「過去問クラブ」受講生募集

高校入試の仕上げの時期になってきました。

入試対策でまとめの教材として一番良いのは過去問です。

TM学習センターでは、最新のものから過去10年前のものまで、

全都道府県の高校入試過去問のほとんど(一部未公開)をそろえています。

塾に行ってない人、またはほかの塾に行ってる人も、

TM学習センターの「過去問クラブ」に参加しませんか?

郵便による通信指導です。


沖縄からスタートして、週に1都道府県の問題を課題として郵送します。

クラブ生は、それぞれの家庭で実施し、

解答を返信用封筒に入れて返送します。

センターで採点し、解答と次の週の課題を同封して発送します。

入試まで、18週、西日本の府県の問題は制覇できます。

第1回課題発送はは11月6日(月)です。

受講料は、郵送料込の¥18,000(1回¥1,000)

詳細をお聞きになりたい方はメールでお問い合わせください。

tmtanaka1959@gmail.com

写真は今年度の熊本県数学の問題です。





  

Posted by ひげの塾長 at 21:10Comments(0)受験情報勉強法

2017年10月18日

先行予約受付

来年3月のプレオープンに向けて準備をしている子供英語教室のLeptonですが、

今から予約を受け付けます。

2020年度から新しい受験システムになり、

英語の力は、読む、聞く、書く、話すの4つの力が必要になります。

そのための指導に特化した英語学習システムがLeptonです。


指導は週に1回、2回、3回(通常は2回)のコースがあり、1回1時間です。

指導日は、火・水・木。

2回コースは、火・木1回コースは水です。

すでに1名の予約が入っています。

2回通常コースで、月額9000円(プラス消費税)です。ただし塾生は割引価格となります。

指導時間は、4時から8時まで4時間、席が5つありますので、2日コースは20名の定員です。

熊本市内では大手の学習塾が採用または採用予定していますが、天草ではTM学習センターだけです。

3月は体験コースとなっています。

とりあえず体験コースで体験されてみることをおすすめします。

体験コースの詳細はまた後日。



  

Posted by ひげの塾長 at 20:04Comments(0)学習塾情報

2017年10月17日

教えたーーーーーーーーい!!

先々週から、週に3,4日、家内が代表して熊本市内まで出かけて私立中学・高校の学校説明会に参加しています。

そこで色々な情報を聞いてくるのですが、学校の成績がそこそこならば、全部の費用が無料で行けて、学校を上げて受験指導をしてくれる高校があるんです。

あーーーーーー。教えたーーーーーーい!!

近いうちに塾生向けの受験説明会を開きます。一般の参加も歓迎しますので是非おいで下さい。こことFBでお知らせします。

※写真は本文内容とは無関係です。

  

Posted by ひげの塾長 at 18:50Comments(0)受験情報

2017年10月16日

新チーム恵子

ちょっといろいろありまして、

チーム恵子のメンバーが少し入れ替わりました。

しかしながら、前にもまして活気があり、笑顔が絶えません。

真剣な中にも和やかな時間が流れていきます。


この後姿の少年は、今2年生なのですが、

実は3歳からうちの塾に通ってくれています。

間違いなく大物です。


  

Posted by ひげの塾長 at 21:44Comments(0)学習塾情報

2017年10月10日

講話の依頼

某地区の保育園連絡協議会様から、講話の依頼が来ました。

我が家の子育ての話を交えて、

自分の子供が、絶対に非行に走らない方法を

お話ししてきたいと思っています。

子供が非行に走るのは、間違いなく親の責任です。  

Posted by ひげの塾長 at 21:03Comments(0)幼児教育

2017年10月09日

英語が変わる

現在、熊本市内の私立高校で行われている学校説明会に参加していますが、

そこで話題の中心は、もっぱら英語の話題です。

センター試験の廃止に伴い、英語の受験システムが大きく変わるそうです。

入試の時に直接英語のテストをするのではなく、それまでに英検やTOEICの受験実績が

英語の成績としてカウントされるそうです。

英検やTOEICでは、これまでのように読み書きだけではなく、聞いたり話したりする能力も求められます。

つまり、読む、書く、聞く、話すの4項目の力を付ける必要があるのです。

そのために考案された英語教育のシステムが、Leptonという英語学習システムです。


TM学習センターでは、天草では唯一の取り扱い塾として、来年度早々に開講する準備を進めています。

全国ではすでに400か所以上の塾や予備校で採用されており、

熊本市内では早稲田スクールや英進館が採用、または採用を予定しています。

これまでの英語塾、英会話スクールでは身に付けることが難しかった4項目同時習得が可能となるLepton

是非経験されてみてください。来年3月にプレオープンを予定しています。

お楽しみに!!

https://www.lepton.co.jp/  

Posted by ひげの塾長 at 21:27Comments(0)受験情報

2017年10月02日

病院実習している娘からの電話

現在産婦人科で病院実習している娘から、家内に電話がありました。

「お母さん、本当にありがとうございます。お母さんはあんなに苦しい思いをして私を生んでくださったんですね。」

「今日、お産を間近で見て、電話せずにはおられませんでした。」

と言ってたそうです。

お産の痛みには、男は耐えられないそうで、考えただけでも気が遠くなりそうです。


ちなみに息子の方も、今、付属の小学校で教育実習をしている最中です。

なかなか大変そうですが、自分の実習の時と比べると、はるかにしっかりしているようです。

いつの間にか子供たちも、すっかり大人になったんだなあとつくづく感じる今日この頃です。  

Posted by ひげの塾長 at 17:43Comments(1)つぶやき&ぼやき

2017年09月28日

おもしろいもので

塾を始めて20年目になります。

おもしろいもので、必ずと言っていいほど、

ピンチの後にチャンスがやってきます。


これは学生時代にはまっていた麻雀から学んだことです。

ピンチの時に、くさらず焦らず、

じっとこらえてチャンスを待つ。

すると必ず向こうからチャンスの波がやってきます。

その波にうまく乗れれば、勝負に勝てるのです。


焦って目先の勝負にこだわると、どんどんドツボにはまり込んでしまいます。

大局観というものなんでしょうか?

一歩ひいて全体を見つめると、

意外なものが見えてくることがあります。

テストの時でも、一番最初にテスト用紙全体を、ちょっと目を離してみることで、

その全体像をつかむことができるとだれかが言ってました。


ピンチの後にチャンスあり

名言です。  

Posted by ひげの塾長 at 21:07Comments(0)つぶやき&ぼやき

2017年09月27日

チャレラン

教員時代にやってたことにチャレランがあります。

クラスで競技をしてランキングを争うと言ったものです。

詳細はもう覚えていないのですが、一つだけ「缶積み競争」だけは覚えていました。

珈琲などの空き缶をただただ積み上げるというものですが、これが思いのほか熱中します。


昨日と今日の小学校特別教室でこれをやりました。毎月最終週はゲーム大会をやっています。

今週はそれで缶積み大会をやりました。

僕が愛飲しているUCCミルクコーヒー250ccの缶を積んでいくのですが、

だいたい5,6個で崩れてしまいます。

今日はある女の子が、ダントツ1位で11個の缶を積み上げました。

日頃見られない真剣な表情と集中力にちょっと驚きました。


子どもは興味があることには、とんでもない集中力を発揮します。

興味を持たせられるかどうかが、指導者の技量です。

頑張ります。


  

Posted by ひげの塾長 at 20:12Comments(1)つぶやき&ぼやき

2017年09月26日

受験算数について

自分の子供の学習指導について、ほぼ満足する結果が出ていますが、1つだけ後悔していることがあります。それは上の子には受験算数をさせなかったことです。

中学は地元の中学に行かせようと思っていたので、中学受験は考えておらず、4年生で小学校の内容が終了したら、引き続き中学校の内容に進ませました。下の子の時には、小学校の生徒を対象に算数特別コースを設置して受験算数を指導しました。

ですから高校に入ってから、上の子はほかの教科に比べて数学が苦手で、下の子は、他の教科に比べて数学が得意でした。

改めて受験算数を指導してみて、合点がいくのが、これは高校の数学の基本になっているものが多いということです。中学数学になれば、あまり考えなくても覚えている公式に当てはめたり決まった手順に沿って答えを導き出せばよいのでそう難しくはないのですが、高校の数学となるとその基本的な内容・仕組を理解していなければ、応用が効かなくなります。それゆえ受験算数に取り組んだ生徒は、高校になってからの数学の伸びが違うのではないかと推測します。

受験算数では、高校で習う等差数列が当たり前のように出てきますし、確率の問題も樹形図では解けないよな問題が出てきます。高校数学をやっていればすぐ解ける問題ですが、それを公式を使わないで解かなければならず、よほどその仕組がわかっていなければ解けないようになっています。これをやっておけば将来役に立つのは明白です。

自分も小学生の時、塾で受験算数に取り組んでいました。最近またその問題に取り組んでいますが、頭にちょうど油をさしたように動きが良くなるような気がします。

来年度から、受験算数教室を「初級コース」と「応用コース」に分け、授業と演習の指導を行います。各コース定員4名で、現在初級コースに1名、応用コースに2名の予約が入っています。

学年は問いませんが、一応小学校で習う算数の内容を終了している生徒さんが対象になります。興味があられるところは是非お問い合わせください。

  

Posted by ひげの塾長 at 20:04Comments(0)受験情報勉強法

2017年09月25日

木もれ日

福連木のキャンプ場の近くにこの9月にオープンしたばかりのカフェ、「木もれ日」さんに行ってきました。

カフェだけでなくネイルもされているという事で、僕のレジン制作の参考にさせていただこうと、家内とともに行ってきました。

お話をうかがうと、千葉から単身天草に移住されたそうで、そういえばこの辺ではお見かけしないような都会の香りがする女性でした。


二人でにランチプレートをいただきましたが、さすがネイリスト、まるで1つの絵画のようなプレートに、舌はもちろん目も充分楽しませていただきました。



12時ちょっと前に伺ったのですが、話が弾んでついつい長居をして、帰るころには午後2時を回っていました。

そして帰りには、ネイル用の花のパーツをお土産にいただきました。

また伺いたいと思っています。今度は、絵の具と筆で小さな花の作り方を教えていただく予定です。
  

Posted by ひげの塾長 at 20:11Comments(2)つぶやき&ぼやき

2017年09月20日

こうすれば東大に行ける・・・・ラスト

諸事情で中高一貫校に進学するのが難しい場合は、地元の公立中学からでも十分難関大学を目指すことはできます。実際うちの子供たちは地元の公立中学に進みましたし、うちの塾から国公立の医学部、京都大学、私立の医学部に行った生徒も全員地元も公立中学出身です。

問題は高校です。はっきり言って、公立高校の場合、たとえ県のトップ校であったとしても、上位10%に入っていなければ、超難関大学進学は難しいようです。

うちの塾出身で、国公立の医学部に進んだ生徒が3名いますが、公立高校出身は1名だけです。その生徒は、入学時学年2位で、在学中もとても良い成績だったと聞いています。

中学の時、同じくらいの成績の人が、ある生徒は公立トップ校、ある生徒は中堅私立高校に進学した例があります。結果、医学部、京都大学に進学したのは、中堅私立高校に特待生で入学した生徒たちでした。

残念ながら公立トップ高校に進んだ生徒たちは、思うような進路に進んでいない人が多いと聞いています。

今年、ある高校から学校始まって以来という国立大学医学部に合格者がでました。世間の評価は決して高くなく、どちらかと言えばスポーツで有名な高校です。そういうところもこの少子化で、学業の成果を出す必要性に駆られ、必死で生徒を鍛えています。

結論を言うなら、公立トップ校に行ける力があるなら、授業料もその他の費用もほとんどかからない中堅私立高校の特待生として進学することをおすすめします。

そういう高校では、学校をあげて応援し、鍛えてくれるので実力以上の力を発揮できます。高校の中には、有名予備校の講師を常勤・非常勤で雇ったり、その講師が有望な生徒に対して個別指導をしてくれるところもあります。もちろんお金はほとんどかかりません。

そういう高校にうちの塾から進学した生徒が、今年は超難関私立大学に進学しました。また今年は、国立の獣医学部に挑戦する生徒もいます。もしそういう高校に興味があられる場合は、是非私どもをご利用ください。

いろいろ書いてまいりましたが、前半部分は今度呼ばれている保育所関係のところでお話しさせていただきたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 18:47Comments(0)学習塾情報

2017年09月19日

こうすれば東大に行ける・・・・7

うちの息子は、小学校4年生まで姉と同じように勉強していましたが、4年生で小学校の勉強を終わらせた後、ほとんど勉強しなくなりました。

私は姉と同じように声掛けをしたのですが、本人は返事はしますが行動が伴いません。小学校5,6年、中学校と友達と楽しく遊ぶ道を選びました。

私どもは、本当は勉強しろと言いたかったのですが、子育てをするにあたり、強制するのはやめようと夫婦で話し合っていたので、一応提案はしますが、勉強するしないは本人に任せました。

高校受験は第一志望のコースには合格できず、第2希望のコースになりました。高校でも楽しく過ごしていましたが、ようやく3年生の夏にやる気をだし勉強を始めました。が、時すでに遅し、1年目の受験は、すべり止めを含め全部落ちてしまいました。

そして翌年、なんとか東京・・・・学芸大学に合格し、教師の道を目指すことになりました。

学芸大と言えば、教員養成系の大学では最高峰の大学で、東京ではそれなりの評価を得ているようで、同級生も、東大を受験して第2希望でやってきている生徒も多く、かなりレベルは高いようです。

ほとんど勉強していない息子は、なぜこのような大学に合格できたかと言えば、勉強はしていないと言いながら、毎日2時間の基礎学習は家が塾をやっている関係でしぶしぶやってました。その時の貯金で、いざ勉強しようと思ったときに、それなりの力が発揮できたのではないかと思っています。

次回は、中高一貫校ではなく公立中学から一般の高校に進学する場合の高校の選び方について書いてみたいと思います。  

Posted by ひげの塾長 at 18:21Comments(0)学習塾情報

2017年09月18日

こうすれば東大に行ける・・・・7

現在防衛医科大学に在学している娘の場合、どんな勉強をしていたかというと

ここで書いたように、小学校に上がる前に小2程度の計算と小学校高学年の国語の教科書くらいは読めるようになっていました。

それから私の塾で一般の塾生と一緒に勉強してました。

私の塾は授業ではなく、自立型の個別指導教室ですので、自分のペースで学習が進められます。参考書・問題集500冊分のデータベース教材がありますので、それを使って自由な進度で勉強ができます。

娘の場合は、ほぼ自力で小学校4年生までに小学校の勉強を終了させ、中1までに中学校の勉強を一通り終了させました。

そして中学2年生の時は、1日2時間程度の通常の勉強もしながら、あとの時間は英語のリスニングに費やしました。私が選んだ教材を使って、ひたすらリスニングの勉強をしました。その成果か学校の英語で困ったことはないと言っています。

中学3年生の時は過去問を中心に、勉強をすすめ、熊本県の第2回共通テストでは250点満点中243点を取りました。

そして第1志望校でありました久留米附設高校に合格、進学しました。

娘はほぼ自力で勉強したのでこの進度ですが、現在の塾生の中には、小学校3年生くらいで小学校の勉強を終え、中学受験勉強をしながら、中学校の英語と数学の勉強は一通り終わらせるような生徒もいます。

自分のペースで自分の能力に合わせた勉強をすれば、普通の能力のお子さんでも自分の学年の1・2学年上の勉強は楽にこなすことができます。

一応勉強しておいて、学校でそれを復習するような進め方が最も学力を定着させるのに良いようです。経験上授業の邪魔をするのは、すでにその内容がわかっている生徒ではなく、まったく理解できずに退屈している生徒がほとんどです。

今、東大をはじめとする難関大学を目指すということを書いておりますので、結論を書きますが、こうやって小学校の間に中学校の内容まで学習し、家庭の事情が許せば、難関と言われる中高一貫校に進学するのが一番の近道です。

何度も書きますが、何も難関大学に進学するだけが人生で大切なことではありません。しかしながら、収入にしても仕事のやりがいにしても、夢を実現させるための大きな手段の一つではあります。

次回は、私の息子のことについて書きます。  

Posted by ひげの塾長 at 19:22Comments(0)学習塾情報

2017年09月13日

こうすれば東大に行ける・・・・6

伸びる生徒と伸びない生徒の違いは、ひとえに素直か素直でないかの差です。

今日は小学校に上がってからのことを書くつもりでしたが、一息ついてちょっといい話をします。

ある生徒がいます。中学生です。うちの塾に来たときには、学年で70番くらいでした。この生徒はとにかく素直、言われたことを忠実に頑張る力があります。

1年くらいはそうでもありませんでしたが、ついに今回のテストですごい成績を出しました。まだ正式な順位は出ていませんが、学年1位でもおかしくない成績でした。

ちなみにこの生徒さん、学校ではかなりのやんちゃだそうで、本人が自分は先生方から目を付けられていると言ってます。しかしうちではとても素直です。理由を聞くと、私どもの話には筋が通っているという事でした。(そうでありたいと心掛けてはいます)

その生徒の学習計画は私がたてています。受験までにはもっと力を付けさせて、志望の高校に合格させたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 21:47Comments(0)学習塾情報