2017年03月20日

中学受験について

ある保護者の方から、

中学受験について知りたいという方が多いという話を聞きました。

確かに、将来難関大学や医学部、薬学部と言った難関学部を目指すなら、

中高一貫校に進学するのも一つの手です。


ところがみなさん中学受験についてほとんどご存じないようです。

先日もとある中高一貫校を受験したいと相談がありましたが、

中学受験には、小学校で勉強する内容だけでは不十分で、

受験のための勉強が必要なこと、

それもできれば4年生から始めるのが一般的であることなどをお話したら、

とても驚かれていました。

小学校で習うことを知っていれば合格するものだと思っていたそうです。


もしご希望があれば、中学受験について、

何をいつごろから勉強をしたらよいか等について

お話しする機会を持ちたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 20:52Comments(0)受験情報

2017年03月08日

公立高校後期受験

今日と明日、熊本県立高校の後期受験が行われます。

今年度は、地元の高校を受験する生徒がほとんどで、

例年の傾向とは少し違っていました。

例年であれば、熊高、濟々黌を受験するよな生徒さんが、

ほとんど天草高校を受験します。

多分、そこで教師をしている僕の同級生が喜びます。  

Posted by ひげの塾長 at 18:29Comments(0)受験情報

2017年03月03日

どうしちゃったんだろう?

今年に入ってから、

まだ新聞折り込み広告も出していないのに、

ほぼ毎週のように、お問い合わせが続いています。

すでにかなりの入塾がありました。


ちなみに、小学校特別教室育脳・英語教室の高学年は満席となりました。

低学年もあと2名ほどです。

※通常の小学生部はまだ空きがあります。


おいでになる方のほとんどが、このブログやfacebookのページを見たという方です。

やっぱり弘学館、青雲中学に合格したというのがインパクトあったのでしょう。

気を引き締めて、頑張らなければなりませんね。  

Posted by ひげの塾長 at 20:20Comments(0)学習塾情報

2017年03月02日

たかが挨拶、されど挨拶

もう開業して20年目になりますが、
これまでにいろんな生徒さんjにおいでいただきました。

教員時代から数えると、
何百人という生徒さんと関わり合いを持ってきました。

そこで気が付いたことがいくつかありますが、
人間関係がうまくいってる生徒さんの共通点は、
「挨拶がきちんとできる。」ということです。

何かしてもらったら、ありがとう。
迷惑をかけたら、ごめんなさい。
そういう基本的な挨拶ができる生徒さんは、
ほぼ間違くなく人間関係がうまくいってます。

一時的にうまくいかない時期があっても、
最終的には、良い人間関係が築けているように思います。

反対に、最近では何かしてあげても、ありがとうが言えない。
人に迷惑をかけても、ごめんなさいが言えない子供が増えています。
多分そういうお子さんのご家庭では、
家族間でそういう言葉かけができていないと想像できます。

子どもは学んでいないことはできません。

自分のことで恐縮ですが、
例えば私は家内に1日10回はありがとうと言ってます。
朝、お茶を淹れてもらったらありがとう。
ご飯をよそってもらったら、ありがとうと、
朝起きてから寝るまでに家内に何かしてもらうたびに、
ありがとうと自然に言葉に出しています。

そういう家庭で育ったうちの子供たちは、
今関東で大学生をしていますが、
娘も息子も、上級生や先生方には目をかけていただき、
後輩からは慕われています。
同級生とも良い関係が築けているようです。

特に息子の方は、バイト先でとても可愛がっていただき、
普通1食のまかないを3食作ってもらったり、
就職できなかったら、うちに来なさいと、
某大手企業の社長さんにスカウトされたり、
とても可愛がっていただいているようです。

自分の子供だけでなく、関わったすべてのお子さんを、
おはようやこんにちは、
ありがとう、ごめんなさいが、
何の躊躇もなく出るように育ててあげたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 18:18Comments(2)つぶやき&ぼやき

2017年03月01日

ラーメン屋さん

普通のラーメン屋さんは、
お客さんが注文すればその通りの料理を出します。

ただ、ちょっとおせっかいなラーメン屋さんは、
お客さんのことを考えて助言をします。

「ああ、それはちょっと辛すぎるから、○○ラーメンの方がおすすめですよ。」

それでもお客さんから、どうしてもと言われれば、
希望の料理を出してしまうのも仕方のないことです。

しかし往々にしてラーメン屋さんの助言は当たってて、
そのお客さんは辛すぎて食べ残さざるを得なかったりします。

何が言いたいかというと、

私どもの塾も、仕事である限り報酬を得なければなりません。
ですから出来るだけたくさんの生徒さんに来てほしいし、
出来れば多くの日数来ていただいた方がありがたいです。

しかし私も私と一緒にやっている家内も、
その子供にとって良かれと思ったことしか提案していません。
ですから一応週に5日来るフリーコースというのがありますが、
その子に合っていないと思えば許可を出さないことにしています。

それでもどうしてもと言われれば、実際は断ることはできません。

私どもは、良かれと思っていろいろな提案をする場合があります。
それは塾の利益から考えれば損になる場合も少なくありません。
それでもそのお子さんにとって、
出来るだけ良い結果が出るように一生懸命考えて提案しています。

私どもの提案をお聞き入れいただいて、
良い結果が出ている例は少なくありませんし、
それと同時に、提案をお聞き入れいただけなくて、
残念な結果になっている場合もいくつかあります。

そうならないように、説得する能力と実績を
これからも作っていかなければならないと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 20:44Comments(0)つぶやき&ぼやき

2017年02月27日

中学生の勉強法講座をやります

日時 3月12日(日) 午前11時~1時間程度
場所 天草市民センター 第3会議室
内容 「中学生の勉強法」
参加費 無料

中学生になると小学校の時までとは勉強に対する取り組み方が変わってきます。
それはほとんどの生徒が高校受験を体験するからです。
ですから中学校での勉強の大半は、受験を目指して行われます。

そこで今回は中学校で行われる3種類のテストと
その結果の見方や対応の仕方などを詳しくお話ししたいと思います。
またそれぞれのテストに対応する勉強の仕方も合わせてお話しします。

例えば、成績を上げるための勉強の仕方と受験に合格する勉強の仕方は違います。
そのどちらも大切であり、いつどのような勉強をすればよいか、
知っているか知らないかとでは、
実際の受験に大きな差がついてしまいます。

一応対象は新中学1年生の保護者の方ですが、
その他の学年の保護者の方でも参加可能です。
資料などの準備がありますので、
参加ご希望の方は、メールか電話でお申し込みください。

https://www.facebook.com/events/614945168698698/
  

Posted by ひげの塾長 at 18:28Comments(0)受験情報勉強法学習塾情報

2017年02月16日

HP作りました

これまでもいくつかHPつくりました。

どれも既成のテンプレートを利用したものですが。


今回も同様にして作ったのですが、

これまでのよりも仕上がりがきれいです。

よろしければご覧ください。


https://higeteatea.wixsite.com/tmstudycenter  

Posted by ひげの塾長 at 18:32Comments(0)学習塾情報

2017年02月15日

塾長の個別指導について

センターで発行している通信などで、

新年度から塾長の個別指導が始まるとお知らせしています。

これまで塾長は中3の受験指導を主に行ってきましたが、

これからは全生徒を対象として、

必要な生徒に必要な内容を、

個人的に指導するようにしたいと考えています。

しかしその件に関して多少の誤解があるようなので、

ここで説明したいと思います。


通常の学習塾の個別指導と言えば、

1対1、または1対2,3人くらいで指導をする形態を言いますが、

私の個別指導はそれとは少し違います。


中学受験を考えている人、難関高校受験を考えている人などで、

センターの通常の指導では多少内容が不足するような場合、

さらに本人の希望があった場合のみ、

必要な教科を塾長が個人的に指導する時間を持つということになります。


ですから指導料金も特別にいただくことはなく、

その他のコースと一切変わりません。

そのかわり私の指導通りに勉強ができない場合は、

個別指導はお断りするケースも出てきます。


その他、数学や理科の難しい問題で、

他の講師が指導が難しいような場合は、

どの学年でも私に質問ができるような体制をとります。


今年TM学習センターは20周年を迎えます。

これを機会に私が本来やりたかった指導を、

その指導に耐えられる生徒に行ってみたいと思っています。

私が考えている指導は、

よほどモチベーションが高く強い意志がないとできないと思われます。

ですからセンターで勉強していくうちに意欲が高まってきた生徒に、

私のノウハウのすべてを使って指導を行ってみたいと思っています。


もちろんセンターでの指導は、私がそのすべてを把握し行わせているものなので、

通常の指導だけでも十分な生徒もいます。

ただ例えば到底無理だと思われる志望校に合格したいとか、

どうしても飛躍的に成績をあげたい生徒に、

微力ながらも力を貸してあげたいと思っています。


すでに数名の生徒さんから個別指導の希望が上がってきています。

4月からばりばり鍛えたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 18:50Comments(0)学習塾情報

2017年02月03日

私の塾について(自分で再確認のために)

私の塾はまあ普通の塾で、

ただ無学年で自分の能力に合わせて

学校の進度とは関係なく勉強ができるというところが、

ちょっと違うと言えば違うわけで。


また他と違うところと言えば、

開業以来一貫して実行しているのが、

そのお子さんにベストと思われるコースを提案しているということです。

決して無駄なコースや無理なコースはおすすめしないようにしています。


塾に週5日毎日来るコースをうちではフリーコースと呼んでいますが、

これは塾長のである私の許可がなければ選択することはできません。


勉強する意欲と毎日頑張れる体力があると私が判断しなければ、

どんなに保護者の方希望されても許可しておりません。


時には、「うちの塾のやり方にはあわないですね。」

と退塾をすすめる場合もあります。


私の塾は学校ではありません。

どんな生徒でも受け入れているわけではありません。

病院で例えて言えば、

すべての患者を対象にしている総合病院ではなく、

専門の科を持つ個人医院です。


私の塾は、勉強する意欲はあるけど勉強の仕方がわからない。

またはどうしても行きたい学校があって、そのためには努力は惜しまない。

という人のための塾です。

そういう人とともに汗を流しながら、

受験という目標に向かって必死で頑張ろうと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 19:49Comments(0)つぶやき&ぼやき

2017年01月30日

最近ブログ更新してないですねー。

って保護者の方に言われてしまいました。

結構読んでくださっている方が多いようです。


入塾される方の中にも、

うちの塾のことをブログで知ったとおっしゃる方が増えてきました。


今は気が向いた時にしか書いていませんが、

せめて今年から、

週に1回は更新したいと思います。


さて、大方の中学受験が終わり、

高校の私立の受験が始まりました。

すでに私立の奨学生に続々合格者が出ています。


次はいよいよ公立高校です。

今年は久しぶりに熊本高校を受験する生徒もいます。

その生徒もやっとエンジンがかかってきて、

3学期の学力テストでは学年1位をとったと報告がありました。


これから最後の追い込みです。

頑張るのは生徒ですが、

精いっぱいの指導で、応援をしたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 19:18Comments(0)学習塾情報

2017年01月27日

素直が一番

先刻生徒が勉強している様子を見て回っていたら、

ある生徒が理科の問題を解いていました。

物理分野のところでしたが、その生徒は私が教えたやり方で解いていました。

こういう生徒は伸びます。


以前何度教えても学校で習ったやり方でやろうとする生徒がいました。

3年生に上がった時の成績はその生徒と同じくらいでしたが、

今回の3学期の実力テストでは、明らかに差がつきました。


学年がちょっと違いますので比べるのに無理はありますが、

やっぱり素直に助言を聞く生徒の方が成績は上がるようです。


仕事もそうですが、指導してもらう人の教えに素直にしたがう者の方が

何にしても上達は速いのではないでしょうか?

まあたくさんの人に指導してもらう場合は、

誰の言うことに従った方が良いか見極める力も必要ですね。  

Posted by ひげの塾長 at 21:46Comments(0)勉強法学習塾情報

2017年01月18日

それが何?学歴がそんなに大切か?

TM学習センターでは、
フェイスブックで塾のフェイスブックページを作っています。
塾でやっていることやその成果などを載せています。
当然塾のPRが目的です。

そこに今年の生徒の受験結果を載せたら、
表題のようなコメントが書き込まれました。

「それが何?」

「学歴がそんなに大切か?」

どこから突っ込めばよいかわからないほど突っ込みどころ満載です(笑)

当然学歴がすべてだなどと私も思っていません。
ただ、私の仕事は塾生に学力・学歴を付けることが目的であり、
そのためにお金を払って保護者の方がお子様を通わせてくださっています。

ですから生徒の合格は私どもの仕事の成果であります。
フェイスブックページは企業の宣伝をするものです。
そのもっとも顕著な成果を広告ページに載せることがどうしていけないのでしょう?

学歴という言葉に異常な拒否反応を覚える方もいらっしゃいます。
そういう方は、塾のページなど見なければよいと思います。
出来るだけ高い学力・学歴を付けることを願っているところに、
そのノウハウを提供するのが学習塾の仕事であります。
仕事とは、他の人にできないこと、またやってほしいことを、
他の人のかわりにやって報酬を頂くものです。

はっきり言いますが、塾の仕事は、
生徒さんにできるだけ高い学力をつけ、
出来るだけ高い学歴を手に入れていただくことです。

ライザップのCMを見て、
筋肉が何?痩せることがそんなに大切なの?
って誰も文句は言いませんよね。

以上  

Posted by ひげの塾長 at 21:10Comments(0)学習塾情報

2017年01月13日

中高一貫校

今年2名の中学受験生を指導しました。
頑張った甲斐があって、
2名とも私立の中高一貫校に合格いたしました。

天草には私立中学自体がなく、
中高一貫校といってもピンとこない人が多いでしょう。

ところが全国的にみると、数多くの中間一貫校があり、
東大などの超難関校に合格しているのは、
その出身者がかなりの割合を占めています。

うちの子供は二人とも中高一貫校に高校から入学しました。
中学は地元の公立中学に通いました。
その子供たちが言うには、
中高一貫校に高校から入る生徒は馬力がある。
だけど本物の実力を持っているのは、
中学校から入っている生徒たちだ。
だそうです。

中高一貫校の特徴はもちろん高校入試がない点です。
ですからほとんどの学校で中学3年生より高校の内容を先取り学習しています。
大学受験を考えるととても有利な勉強をしていると言えます。

もし本人の意思もあって経済的にも許されるのであれば、
中高一貫校を目指されるのも、
子供たちの大きな夢をかなえるためには
良い方法の一つであるように思います。  

Posted by ひげの塾長 at 18:49Comments(0)受験情報

2017年01月12日

中学の準備

年も明け、今年度もあと2か月半を残すのみとなりました。
新学期より中学生になられる方をお持ちの保護者の方は、
さぞかし不安に思われているのではないでしょうか?

中学校に入る前に是非やっておきたいことは、
次の3つだけです。

1 国語の教科書がすらすら読めること。
2 小学校で学習する計算を確実にできるようになっておくこと。
3 ローマ字をすらすら書けること。

これだけがしっかりできれば、とりあえず中学校にい入って困ることはありません。
そして勉強が得意な人は、中学校1年生の1学期に習う程度の内容は、
予習しておくとよいでしょう。

TM学習センターの6年生は、すでに中2までの勉強が終わった人(中3の途中)をはじめ、
ほとんどの人が中学校の勉強を始めています。

もし現在小学校6年生で、これまでの復習をしっかりしたい、
中学校の勉強を先取りしたいという人がいらっしゃいましたら、
是非お問い合わせください。
23-2696 tmtanaka1959@gmail.com
までお願いします。

  

Posted by ひげの塾長 at 16:47Comments(0)勉強法

2016年12月22日

おすすめの問題集

よく、「国語の力を付けるにはどんな問題集が良いのでしょう?」
という質問を受けます。

はっきり言って通常の国語の問題集参考書では、あまり国語の力は伸びません。
なぜなら課題を解くための方法が書いてないからです。
しかし知り合いの塾の先生に教えていただいたこの問題集は、
使い方によっては国語の力を伸ばす事ができます。
それは国語の問題を解く力を要約力を中心にして、
それを解く手順を学べるようになっているからです。

「成長する思考力」(学林社)という問題集で、
10級(小1相当)~1級(難関中学入試問題相当)まであり、
順を追って丁寧にやっていくと、しっかり国語の力がついていくこと請け合いです。
塾専用教材ではなく、一般の市販教材ですので、
だれでもネットなどで購入することができます。
(楽天でも購入できるみたいです。)

実は知り合いの全国的に有名な国語の先生に紹介したところ、
自分の指導にも役に立っていると言っていただいています。

この教材を、塾を開いて19年間使い続けていますが、
最近この教材の姉妹版として、文法と読解に特化した問題集が出されました。

写真の読解力特化のものは、12月に新発売になったもので、
もうすぐネットでも購入できるのではないかと思います。

小学生を対象として問題集ではありますが、
中学生で、国語の力、特に読解問題を解く力が不足している人は、
この問題集をやってみると良いかと思います。

  

Posted by ひげの塾長 at 16:28Comments(0)受験情報学習塾情報

2016年11月24日

習ってない漢字

生徒がよく「この漢字、もう習いましたか?」

って聞いてくる。

「どうして?」って聞くと、

「習ってない漢字を使うと、学校の先生が怒るから。」

だと。

なんとまあ、ケツの穴の小さい。

自分が教えていないことは認めないってことなのね。

でも、それなら音楽会の時に、ピアノの伴奏を生徒にさせるってどうなの?

あれって、学校では習ってないはず。

こうやって子供は漢字嫌い、勉強嫌いになっていくのだ。



ちなみに教員をしていたころ、

国語の教科書作りにも携わっておられた先生の勉強会に参加したことがある。

その先生曰く。

「漢字なんて、習ってないものもどんどん授業で使うんですよ。」

「そうすると子供は自然に漢字をたくさん覚えていくんですよ。」

こういうおおらかな先生が、今の学校には必要なのかも。  

Posted by ひげの塾長 at 19:12Comments(0)つぶやき&ぼやき

2016年11月18日

勉強は悪いこと?

よく塾で先取り学習なんかをやっていると、

学校より先を勉強すると、

学校の勉強が面白くなくなるだの、

他の生徒の勉強の邪魔になるなどという人がいます。

学校以外のところで勉強することは、

あまり良くないことだという風潮が、

少なからずあるように思います。


これに対してスポーツや音楽は、

学校でのそれよりはるか高度なものを学校の外でやっても、

褒められこそすれ、責められることはありません。


よく市役所に、

「○○選手、○○大会出場」だの、

学校の表通りにも、

「○○部、○年連続県大会優賞」だの、

音楽やスポーツの実績が誇らしげに飾られています。


これに対して、

「共通テストで平均が天草で1位になりました。」

とか、

「○○君、全国模試でベスト10に入る。」

などというものは、

学校にも市役所にも一切掲示されることはありません。


学生の本分は勉強です。

スポーツや音楽が大切でないとは言いませんが、

本来一番大切である勉学に対する評価が、

あまりにも低いような気がしているのは私だけでしょうか?


  

Posted by ひげの塾長 at 18:36Comments(0)つぶやき&ぼやき

2016年11月05日

早期教育について

一時期早期教育というのがはやった。

小学校に上がる前から学習を開始し、小学校ですでに高校の内容の勉強をしたりして、

多くの才能ある子供たちが、小さいうちにかなりの学力を身に付けていった。

その後どうなったか?

詳しい統計は出ていないが、聞くところによると、

だんだん普通の子供になっていって、

大学に入るころは、その他の子供たちと大差なくなっていたそうだ。

はっきり言って自分の意志ではなく、

人からやらされた学習では、そうなるのも当然のような気がする。


それならやっぱり、学校のカリキュラムに沿って勉強するのが一番良いのか?

私はそうは思わない。

子どもには一人一人特性・個性がある。

学習の進度も一律でよいはずがない。

その子供に適した教材を適した時期に、

本人の意思に沿って与えるのが一番良い。

そして勉強をするのは生徒本人だが、

ある程度の判断力が身につくまでは、

教材を選ぶのはプロの役目だ。


また勉強を始めるのに適した時期も、

子供一人一人によって違う。

知的好奇心が強く、知能もある程度高い子供は、

3歳からでも早いという事はない。

実際、そのようなお子さんが、

何人も幼稚園年中くらいからうちの塾に通っている。

そのお子さん達が、小学校中学年くらいになると、

すでに他の子供たちのはるか先を行っている。

さらに特筆すべきは、

勉強が嫌いではない、勉強することを苦にしない子供に育っている。


興味がある方は、是非私の塾を覗きに来てほしい。

まるで部活動でもやっているような、

子供たちの生き生きとした姿を見ることができるだろう。




  

Posted by ひげの塾長 at 18:15Comments(0)幼児教育

2016年11月04日

誰でもできる失敗しない子育て

下の子が昨年20歳になり、一応の進路も定まりつつあります。

私たち夫婦の子育ても終わりに近づき、

あとは下の息子が大学を卒業するまで、

今にも折れそうな脛をかじらせるだけとなりました。


振り返ってみれば、子供を育てている時が、

多分人生の中で一番幸せな時期なのだと、

今さらながら思うのであります。

子供たちはそれぞれに自分の夢に向かって、

その専門知識を学ぶべき大学に進み、今現在一生懸命勉強しています。

親子の中もすこぶる良く、帰省したら必ず一緒に飲みに出掛け。

行く先々のお店の方々にも、うらやましがられる状況です。


しかしながら世の中を見渡しますと、

親が子を虐待したり、反対に子供が親を殺したりと、

どうしてそんなことになってしまったのだろうかと、

首をかしげざるを得ません。


私にはひとつの自信があります。

それはわたしたち夫婦がやってきたような子育てをやってもらえば、

全部が全部うまくいくとは限りませんが、

少なくとも親子が仲良く、子供も非行に走ることなく、

それぞれに考えて自分の道を進んでくれるようになると思っています。


多少の困難は当然ありますが、

覚悟さえ決めてしまえば、

どなたにも実行できることばかりです。

例えば、浮気はしない(笑)


まず子供の精神が安定するために必要なのは、

両親が仲が良いという事です。

両親の仲が良いところのお子さんが非行に走ることは、

めったにないように思います。


他には、基本的に子供に強制はしないこと、

子どもの意思を第一に尊重することなどがあげられます。

書きはじめるときりがありませんので、

近いうちに塾のPRを兼ねて、

市民センターあたりで講座を開きたいと考えています。


  

Posted by ひげの塾長 at 19:31Comments(1)子育て論

2016年10月24日

学級が崩壊したら

天草でも、学校によっては学級が崩壊しているところがあるらしいですね。

小学校ならまだしも、中学校でそれも3年生でこういう事態になってしまったら、

受験に大きく影響してしまいかねません。


そんな時はどうすればよいか。

それは学校を頼らず、自分で勉強することです。


そもそも授業を受けないと学力は身につかないというのは錯覚です。

例えば、病気で学校を休んだ時に習ったことは身についていないかというと、

決してそうではありません。

無欠席の人が成績が良いかというとそうでもありません。


特別に能力の高い一部の生徒を除いて、

勉強ができる人とは、自分の勉強の仕方を身に付けている人で、

たとえ授業を受けていないところでも、自分で教科書を読んだり友達に聞いたりして、

必要な学力は身に付けることができます。


もし今現在、自分のクラスが学級崩壊していて、授業がまともに受けられないという人がいたら、

自分の学力は自力で身に付けるという覚悟を持った方が良いです。

この頃は無料で動画授業などが見られるサイトなどもあります。

ユーチューブで検索すれば、結構な量の動画がアップされています。


うちの塾でも、中学生用の授業動画を配信していますので、

もし興味がある人がいたらお問い合わせください。


なんにしても勉強したいのに勉強ができないという状況は避けなければなりません。

手を尽くして、受験に支障が出ないようにするべきだと思います。


この先生の授業は特におすすめです。

私も参考にさせていただいています。

https://www.youtube.com/watch?v=1wfepN-umRE  

Posted by ひげの塾長 at 18:45Comments(2)つぶやき&ぼやき