2018年06月13日

一芸に秀でた人は

私はいわゆる器用貧乏で、勉強もそこそこ、

高校までは、運動も結構やってたし、

水泳は、25メートルなら水泳部にも負けなかったし、

楽器もやれば絵も描くし、書道も段を持っているし、

レジンもやればキャンドルも作るって具合で、

趣味も多岐にわたり、まあ人生を謳歌しています。

あっ、植物を育てるのも好きだし、

金魚もメダカも飼ってます(笑)

小学校の教員をしている時は、

指導できない教科はなく、

学校でも重宝されていました。

1人で何でも教えなければならない小学校の教員は、

まさに天職と言っても良いほどでした。


しかし、何でもできるってことは、

何にもできないってことでもあり、

実際なに一つとっても、一流と言えるものはなく、

なんでもそこそこって感じです。


それに対してうちの家内は、

小学校の4年生から吹奏楽一筋、

クラリネット1本で、かなりのところまで上りつめています。

もったいないことに、今ではほとんど吹きませんが、

本人に言わせると、

「もう十分吹いた。」

だそうです。

私などは、大してうまくないギターを今でもこそこそ弾いています。


何が言いたいかというと、

何でもそこそこやってきた私と、

1つのことを極めた家内とでは、

今やっている仕事に対しても全くその通りで、

私は、幼児から中学生までの全教科指導できますが、

20年やっても知名度もそこそこ、

未だに「TM学習センターでどこにあるんですか?」

って聞かれる始末です。

それに対して家内は、小学生の担当として、

中学受験のスペシャリストになりつつあります。

受験算数って、学校で算数を教えている小学校の先生でも、

そう簡単に解けるものではありませんが、

すでに家内は、かなりのレベルまで達しています。

一昨年は、ほぼ一人で指導した生徒を超有名私立中学に合格させ、

その生徒は今中学校でもトップクラスの成績を修めています。

また、家内が指導している小学生は、

奈良文庫の模試を受ければ、

偏差値の平均が軽く70を超え、

対象学年4学年のうち2学年で県1位をとるなど、

枚挙にいとまがありません。

さらに勉強が苦手な生徒の指導にも定評があり、

学校の算数の授業が分からないと言ってきた生徒さんなども、

ものの数週間で学校に追いつき、

3か月もたつ頃には、1学年先の勉強をしているような生徒も少なくありません。


一応何でも出来る私と、

これと決めたことに一直線に進む家内と、

結構名コンビだと我ながら思っています。

TM学習センターは、

これからも夫婦二人三脚でやっていきますので、

皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。  

Posted by ひげの塾長 at 20:29Comments(0)学習塾情報

2018年06月07日

ホ・オポノポノ

以前何かに、最近全く紙媒体のものを読まなくなったと書きました。

たまに本は買うのですが、

大抵は最初の2,3ページで眠くなり、

いつしか忘れられて本棚の片隅に。


そんな私が、久しぶりに一気に読んだ本がこれです。

「みんなが幸せになる ホ・オポノポノ」(イハレアカラ・ヒューレン インタビュー櫻庭雅文)

要約すると、

人間のすべての苦悩、悲しみ、災難などは、

地球が誕生してから現在までの人類共有の記憶が原因で、

それが各個人の中に存在していて、

いつも湧き出してきて人々に影響を与えている。

それを日々クリアしていくことで、

神聖なるインスピレーションがわき、幸せになっていく。

クリアするには、

「ありがとう、ごめんなさい、許してください、あいしています」

の4つの言葉を心の中で繰り返すだけ。

といういたってシンプルなものです。

そんな馬鹿なと思う人が多いでしょう。

私も最初は眉に唾付けて読んでいましたが、

騙されたと思って、そのクリーニング法をやってみると、

まあ、驚くことに過去の記憶の中で、

思い出すたびに切なくなる記憶があったのですが、

どうやらそれが綺麗にクリアされたみたいなのです。

ほとんどお金もかからないし、

内容にも納得することが多いので、

これからもやってみようと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 21:29Comments(0)人生論的なもの

2018年06月04日

数学の演奏会

昨日、丸尾焼の展示室で、新進気鋭の数学者、

森田真生先生のお話を聞かせていただきました。

私は、もともと日曜日は、

1日中昼寝をしているような状況で、

特に昼ご飯を食べてからの時間は、

ほとんど寝て過ごしています。

なので昨日は、お話はとっても興味深く、おもしろいものだったのですが、

心とは裏腹に、まぶたが自然と閉じてしまって、

隣にいた家内から、つつかれる始末でした。

先生の目の前の一番前の席で、

張り切って聞こうと思っていただけに、

先生にも申し訳なく、とても恥ずかしい思いをしました。


もうろうとする意識の中でも心にしっかり刻み付けられた内容は、

表現はちょっと違うかもしれませんが、

全体から個ではなく、個を少しずつ拡大して行って、全体につなげる。

みたいなことを言われていました。

数学は、真理を追究するための手段の一つだみたいなことも、

おっしゃっていたような気がします。

もし違ってたら、ごめんなさい。

  

Posted by ひげの塾長 at 20:38Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年05月31日

中学校でのテストの種類とその結果のとらえ方

中学校のテストの結果に、

一喜一憂される保護者の方が、今の昔も少なくありません。

親御さんにしてみれば、お子さんの成績が気になるのは、

至極当然だとは思いますが、

受験の観点からは、どのような見方をすればよいかについて、

少し書いてみたいと思います。


ます、学年最初の行われる学力テストに関しては、

ほぼ無視して良いと思われます。

このテストは成績にはまったく関係しません。

テスト自体もマークシートですので、

それほど正確に学力は反映されません。

参考程度に考えていただければよいかと思います。


次に定期テストです。

1学期と3学期は1回、2学期には2回行われます。

これは、前回の定期テストから現在までに学習したごく短い範囲のテストで、

5教科の中間テストと7~8教科の期末テストがあります。

これは通知表や指導要録と言ったものの成績を出す資料となります。

このテストは熊本県では内申点として受験に反映しますので、

特に公立高校を第一志望にしている生徒さんには、

一応気を付けて欲しいテストになります。


最後が実力テスト(中3は共通テストを含む)です。

このテストは、中学に入学してからそれまでに学んだ、

5教科すべての内容がテスト範囲に含まれます。

ですから、現在の自分の力を知り、

志望校を決めるためには、もっとも重要なテストになります。

ただしこのテストは成績には関係ないので、高校進学を希望しない人にとっては、

あまり意味のないテストでもあります。


受験に対して、最も気にしなければならないテストは、

実力テスト系のテストで、

このテストの順位などの変遷を見ていくと、

学力の上がり下がりがわかります。


一番誤解しやすいのが、定期テストの結果です。

とても範囲が狭いので、

得意不得意があったり、山が当たったりはずれたりで、

実力以上の結果になったり、

また実力が出なかったりすることが少なくありません。


ですから、テストの結果を気にするのは、実力テストだけで大丈夫です。

その他のテストは、参考程度に見ていただければよいかと思います。

さらに大手の学習塾や予備校などが行っている模擬テストなどは、

志望校の合格判定率なども出ますので、

志望校に迷っている人などは、

受験してみるのもいいかと思いますが、

しかしこれも準備不足で受験すると、

へたに自信を失ったりしますので、

充分時期を考えて受験されることをおすすめします。  

Posted by ひげの塾長 at 21:30Comments(0)受験情報

2018年05月29日

定期テストの成績を上げる秘策

7,8年ほど前、

学校の成績が最初200人中10番くらいだったのが、

だんだん落ちてきて50番になってしまったといって、

中学2年生の生徒が入ってきました。


もちろんもともと頭の良い生徒で、

勉強の仕方さえ分かれば、元に戻ることは十分可能でしたので、

ある定期テスト対策の秘策を彼にもやらせてみました。

決して難しい事ではありませんが、

非情に面倒で地道な勉強が必要な内容です。


その方法とは、学校でもらう副教材(ワーク的なもの)の

試験の範囲分を、4部コピーしてやるだけです。

もともとの教材と合わせて、同じところを5回やることになります。

自分の本をコピーして自分でやることは著作権の問題も大丈夫だと思われます。


勉強は同じ問題を出来るまで覚えるまで繰り返してやるというのが、

もっとも効率的な勉強法でもあります。

まして5回もやれば、定期テスト対策としては十分です。

しかして、彼はどうなったかというと、

50番から一気に2番まで上がり、

その調子でよい成績をキープし、熊本県でも有数の高校に進学し、

そして誰もが知っている有名な国立大学に現役で合格していきました。

彼の話では、最初にやった勉強方法がとても役に立ったそうです。

誰もがやってうまく行く方法ではありませんが、

参考にしていただければ幸いです。  

Posted by ひげの塾長 at 21:32Comments(0)勉強法

2018年05月28日

天才を創る

私がいつも読んでいるブログにこんな記事がありました。

周りから天才と呼ばれ、現在東大関係の研究員をしているという人の話。

この人が小さいころ、物心がつくとすぐにお父さん、お母さんに、

「あれはなに?」

「それはどうして?」

と何かにつけ質問をしていたそうです。

それに対してその子の親御さんは、

わかる事は答え、わからないことは調べてくれて、

どんなことにも丁寧に答えてくれていたそうです。

その子は、自分で文字が読めるようになったら、

疑問に思う事はすぐに調べたり聞いたりして、知識を増やしていったと言います。


天才と呼ばれる人たちに小さいころの話を聞くと、

多かれ少なかれ、この人と同じような幼少期をおくっているそうです。


ちなみにうちの場合も、子供に質問をされたら、

どんな小さなことでも、調べてでも答えていました。

当時はまだインターネットがそれほど普及しておらず、

結構苦労して調べたことをなんとなく覚えています。

家内が、お父さん(私)は、子供たちに質問をされると、

「負けんぞ!絶対答えてやる。」と言って、

必死で調べてましたねえ。

とよく言います。

それは間違っていなかったんだなあと

今日はつくづく思いました。


そのブログには、こんなことも書いてありました。

子供の質問に答えたことが、たとえ間違っていても問題はない。

親が一所懸命に答えてくれたという経験が、

親の愛情を感じられる貴重な経験になるのだそうです。

うちの子は、もう成人して、いろいろ尋ねることは少なくなりましたが、

今は、生徒さんたちにいろいろな質問を受ける立場になりました。

そして相変わらず、

「負けんぞ!絶対答えてやる。」といって、

今はキーボードをパチパチ叩いています。  

Posted by ひげの塾長 at 18:04Comments(0)勉強法子育て論

2018年05月23日

わかるという事

数学の問題があったとします。

結果的には、正解か不正解の2種類しかありません。

しかし、正解の中にも完全に理屈まで理解して正解しているのもあれば、

なんとなく以前解いたことがあってそれを覚えていたというのもあるでしょう。

また、なんかやってるううちに正解してしまったという場合もあるとおもいます。


不正解にも段階があります。

まったく意味さえ分からない。

意味は分かるけど解き方はわからない。

あとちょっとでわかりそうなんだけど。

わかったんだけど計算間違い(笑)


毎日コツコツ勉強していると、間違いは間違いだけどだんだんレベルが上がってきます。

そしてある一線を超えると、これまで間違っていた問題が、

嘘のように正解になってきます。


これまでたくさんの生徒を教えてきて、

この一線を超える瞬間をたくさん見てきました。

その時の生徒の顔は、

まるで悟りを開いた僧のように、

キラキラと目を輝かせます。


今年も今の段階で数名が、

その一線を超えようとしています。

非常に楽しみです。  

Posted by ひげの塾長 at 20:06Comments(0)勉強法

2018年05月22日

無料で医学部に行く方法

先日、熊本市内で慶誠高校の先生方と塾の先生方の情報交換会が行われました。

そこで、慶誠高校から熊大の医学部に行った生徒のことを聞いてきました。

何と出身は天草の有明で、当初は地元の公立高校希望だったらしいですが、

慶誠高校の進学条件などを聞いて、そちらに進学することにしたのだそうです。

そして地域の推薦枠を得て、熊大の医学部に進学し、学費はもちろん生活費も出してもらって、

大学生活を送っているそうです。


成績だけならば他にも優秀な生徒はいたそうなのですが、

当時の担当の先生が、天草出身であるという事、

また学校の強い推薦があったことで選ばれたのではないかとおっしゃってました。


普通の国立大学に地域推薦枠というのがあるというのは知りませんでした。

天草からは、ねらい目かもしれません。  

Posted by ひげの塾長 at 18:17Comments(0)受験情報学習塾情報

2018年05月16日

ディジュリドゥ健康法

先日熊本市内にて、ディジュリドゥ健康法の一般マイスターの資格を取りました。

これで教室を開くことと、教材等を会員価格で購入できます。

さとう式リンパケアの資格にしてもレジン細工の資格にしても、

このディジュリドゥ健康法の資格にしても、

もともとの目的は、塾の生徒のためです。

当時肩こりがひどい生徒が多くて、それをなんとかしたくて習いましたし、

生徒を喜ばせたくて、レジン細工も習いました。

そしてこのディジュリドゥ。

健康にいいのはもちろんですが、

いろいろ調べると、学習の効果を上げるのにも、

とっても役に立ちそうなのです。

興味がある方は、こちらをお読みください。

https://joyhealing.or.jp/wp-content/uploads/2017/06/201607_01.pdf

早速塾生で、希望者には楽器を取り寄せて吹かせてみたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 21:23Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年05月08日

部活動の代わりに塾

現在、小学生で3名、中学生で5名、

月曜から金曜まで、毎日塾に来て勉強している生徒がいます。

大抵1日に4,5時間勉強しています。

まるで部活動のような感覚です。


費用にしても、遠征の多い部活動に比べたらさほど差はないかと思います。

で、そういう生徒がこれまでどういう進路をたどったかというと、

かなりの割合で、難関高校、難関大学に進学しています。


いつも言っていますが、難関高校や大学に行くことが絶対に良いとは言いません。

けれど、より自分の夢をかなえる近道にはなっているように思います。


特に、小学校の早いうちから毎日塾にやってきて、4,5時間勉強している生徒は、

かなりの高い割合で超難関校に進学しています。

スポーツにしても音楽にしても、英語で言うとplayです。

つまり遊びです。

もちろんその延長上に立派な職業につながる場合がないではありませんが、

割合的にかなり低いものになります。


それに引き替え勉強はwork、仕事です。

貴重な学生時代を、遊んで暮らすか働いて過ごすかでは、

将来に大きな違いが出てくるのは必至です。


うちの娘が中学生の時に、こんな言葉を送りました。

「勉強と思うな、仕事と思え、給料は20年後だ。」

その娘ですが、今年度で学生を卒業します。

卒業と同時に、私よりはるかに高給取りになります。

うれしいようなさびしいような現実です。  

Posted by ひげの塾長 at 19:56Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年05月07日

ライブ放送はじめます。

ホント近頃は、OA機器の発達で、

一昔前までは、考えられないようなことが簡単にできるようになりました。

例えば、ネット配信にしても、映像のライブ中継などは、

相当な器材と人材が必要でしたが、

今はスマホ1台あれば、それが簡単にできます。


という事でTM学習センターでも、

勉強でお困りの皆様のお役にたてるような、

生きた情報をお届けできるような、

ライブ放送をやりたいと考えています。


まず第1回目は、中学生のおすすめの教材というテーマで、

やりたいと思っています。

放送日は、TM学習センターのFBページでお知らせします。

https://www.facebook.com/tmstudycenter/



もし、このライブ放送でやってほしいというテーマがあれば、

メールでお知らせください。

tmtanaka1959@gmail.com  

Posted by ひげの塾長 at 19:56Comments(0)学習塾情報

2018年04月26日

Lepton中学生部

今日は京都のLepton本部から職員の方が、

現在の指導状況などの視察においでになりました。

うちの英語教室は、ほかの塾に比べても決して引けを取っていないうえに、

独自の指導なども取り入れ、非情にレベルが高いと言っていただけました。


その時に伺った話では、もともとLepton子ども英語教室は、

小学生までを対象として作られたものですが、

最近では、学校の英語に躓いたり限界を感じている中学生の生徒さんが、

少しずつ増えてきているとこのことでした。


現在、TM学習センターでは新たに中学生の生徒を募集する予定はありませんが、

もし希望がありましたら、お問い合わせください。時間帯によっては、お受けできる場合もあります。

またLeptonには、別コースで、たくさんの書籍の中から、英語の書物を読むことができるものもあります。

読み上げ機能やチェックテストなども充実しており、大人の方の参加も増えてきているそうです。

このleadingコースも近い将来導入しようかと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 19:38Comments(0)学習塾情報

2018年04月24日

TM学習センターまでの行き方

TM学習センターは表通りに面していないため、

どこにあるかわからないという話をよく聞きます。

そこでドライブレコーダーの動画を乗せることにしました。

センターに御用の方は、是非参考になさってください。


https://www.youtube.com/watch?v=KFPbkO9ois4  

Posted by ひげの塾長 at 20:47Comments(0)学習塾情報

2018年04月11日

安心してください。履いてます。もとい、空いてます。

「まだ募集はなさってますでしょうか?」

とか

「中学○年生なんですけど、まだ空きはありますか?」

とかいうお問い合わせが結構あります。


確かに、何年か前、1度だけ満席になって、入塾をお断りしたことがありましたが、

それは1度だけのことで、なにやら噂が独り歩きしているようです。


現在、小学校、中学校とも入塾可能です。

とは言っても今年になってから結構な数入塾していただき、

感謝の気持ちで一杯です。


特に新小学4年生は、そのほとんどが中学受験を希望しているすごい学年です。

また新小学5年生は、模試の平均偏差値が70を超えそうです。

中学生も塾長クラブを筆頭にかなり頑張っています。

今年も期待できそうです。


  

Posted by ひげの塾長 at 21:54Comments(0)学習塾情報

2018年04月03日

中学生で入塾希望の方はお急ぎください

以前から宣言しております通り、

TM学習センターでは、中学生の募集を今年度8月いっぱいで終了いたします。

その後中学生は、それまでに在籍している生徒さんだけお預かりいたします。

ですので、中学生の方で入塾をお考えの方は、

8月までにお問い合わせください。

それ以後の入塾は、幼児及び小学生のみとなります。


別の話ですが、

最近入塾した、遠方から来ているある小学生は、

うちの塾をとても気に入ってくれて、

おうちの方にこういったそうです。

「ほかの人には、教えんでね。」

ちょっと困りますが、ありがたいことです。  

Posted by ひげの塾長 at 20:08Comments(0)学習塾情報

2018年03月29日

学校は学校、塾は塾。

学校を否定するつもりはありません。

私も元教師でしたし、その当時の生徒とは今でも交流があります。

一言で言うと、学校は総合教育の場。一人の人間を、総合的に育てるところです。

それに対して塾は、勉強をするところです。

勉強の仕方を、身に付ける場所なのです。


勉強は、一人でやるべきものと、

集団でしかできないものがあります。

例えば、体育や音楽は一人でやるより大勢でやった方がより効果的ですが、

算数などは、絶対に一人でやった方が効率的です。


よく学校の算数が分からなくなりましたと言っておいでになる生徒さんがいます。

そういう生徒さんでも、週2時間の指導で、

ものの3か月もあれば充分遅れを取り戻します。

そしてそのあとは、学校のはるか先を勉強するようになります。

学校は、集団で決まったカリキュラムで勉強するしかないので、

全く個人のペーストとはかけ離れてしまいます。

その点塾は、全く個人のペースで自由に進むことも戻ることもできるのです。


私の塾に、週に5日、1日3~6時間勉強する小学生がいます。

それも低学年や幼稚園のときから通ってきてくれています。

そういう生徒さんは、普通に小学校を卒業するころには、

中学校で勉強する全教科を一通り勉強してしまいます。

当然中学校に上がると、すごい成績を収めることができます。


人間を総合的に教育するには、学校は無くてはならない存在です。

しかしながら、自分のペースで勉強し、才能を開花させるには、

勉強に特化した塾を利用するのが得策です。

学校と塾の両方を知っている私が言うので、間違いないです。  

Posted by ひげの塾長 at 20:25Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年03月27日

教師を目指している人へ

つい先日までうちでアルバイトをしてくれていた人が、

4月より正式に学校に勤めることになりました。

その人が、

「ここでアルバイトをして、子供たちと接して、本当に勉強になりました。」

と言っていました。


うちに通ってくれている生徒さんたちは、

とても質の良いお子さんばかりですので、

最初に子どもと接するにはとても良い環境だったと思います。


そこでですが、教師を目指しているひとで、

うちでアルバイトをしたい人はいませんか?

今、Leptonという新しい子供英語教室を始めて、

思いのほかたくさんの生徒さんに来ていただいて、

私一人でてんてこ舞いしています。


水曜と金曜の午後4時から6時まで週4時間ですが、

私の助手をやっていただけないでしょうか?

もちろん教師を目指している人でなくても、

子どもにものを教えることに興味がある人であれば、

応募可能です。


興味があられる方は、是非お問い合わせください。

都合の良い時に、面接をさせていただきます。  

Posted by ひげの塾長 at 18:29Comments(0)学習塾情報

2018年03月26日

神村学園通信部を併設します

TM学習センターでは、平成30年度より、

鹿児島の神村学園通信部を併設させていただくこととなりました。

神村学園通信部とは、通信指導により高校卒業の資格が取れるコースで、

自宅で勉強しながら、週に1~数回程度、協力校に登校して学習を進めるコースです。


TM学習センターでは、天草では初めてのケースとして、

開設させていただくこととなりました。

担当の方が、何度も天草をご訪問され、

いろいろな調査の結果、TM学習センターに白羽の矢がささり、

この度正式に契約の運びとなりました。


だいぶ前になりますが、フリースクールを併設していたことがありますが、

教育を通して、地域に貢献ができれば、

この上のない喜びであります。

詳細は、後日担当の方がおいでになってから、

詳しい話をお聞きすることになっています。


神村学園は、保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、専修学校、通信部と、

総勢2700名の生徒さんがおられるそうで、

社会の要請もあり、今後、通信部の充実を考えておられるとのことでした。

私どもでお力になれることがあれば、

ぜひ協力させていただこうと思っています。

  

Posted by ひげの塾長 at 19:52Comments(0)学習塾情報

2018年03月22日

くたくた

塾長クラブが始まってやがてひと月が経とうとしています。

火曜から木曜までの午後7時から10時まで、

週9時間を、一言もしゃべらず黙々と勉強しています。

10時に勉強が終わると、ふーとため息が聞こえ、

みんなくたくたになってるようです。

疲れた表情の中に、なにか達成感のようなものを感じているようで、

疲れている割には、充実感をにじませています。


今は計算や、英単語、漢字、理社の基本語句を徹底的に暗記していますが、

いよいよ来月あたりから、本格的な勉強が始まります。

20年前導入した当時、500万円もしたデータベース教材を駆使して、

徹底的に反復学習をさせる予定です。


私の予想通りになるならば、周りの人がびっくりするくらい、

成績が激上がりするはずです。

過去の最高、本渡中学140番から9番まで上がった、

伝説の生徒を超える生徒が出てくるかもしれません。

大いに期待しています。  

Posted by ひげの塾長 at 18:39Comments(0)学習塾情報

2018年03月17日

幸せを感じるとき

Lepton子ども英語教室を始めました。

現在、幼稚園年中児から5年生までを1人で見ています。

予想以上に生徒が集まって、てんてこ舞いの忙しさです。

しかしながら、子供たちが楽しそうに英語を勉強している姿を見ていると、

とても幸せな気分にもなります。


ある幼稚園の生徒のお母さんが、

「うちの子ひろき先生、好きなんですよ。」

とおっしゃってくださいました。

とってもおとなしいお子さんで、

あんまりしゃべったりはしないのですが、

英語をとても楽しそうに勉強しています。

今、A,B,C,D.E.Fまで勉強しました。

全く初めての英語ですので、まだよく覚えられません。

「これは?」

「・・・・」

「えーって言うんだよ。」

「ぇー」

「そうそう、じゃこれは?」

「びー!」

そうなんです、かれはBだけ、よく覚えていて、

Bの時だけ、大きな声で発音します。

私が「びーすきだねえ。」

というと、にこっと笑います。

こんな感じで、一週間があっという間に過ぎていきます。


昨日、これまでアルバイトをしてくれていた元生徒の女の子が、

4月からの就職の準備のためやめることになりました。

とってもいい子で、生徒からもとても慕われていて、

昨日は、たくさんの子が10時過ぎまで残って、

彼女との別れを惜しんでいました。


こんな仕事をしていなければ、おそらく出会う事のなかった子供たちと、

泣いたり、笑ったり、

とても楽しい体験をさせていただいています。

昨夜は、退職する講師の周りで、

楽しそうに記念写真をとったりしている生徒達を見ながら、

ホンワカ幸せな気持ちになりました。


  

Posted by ひげの塾長 at 14:11Comments(0)つぶやき&ぼやき