2019年03月18日

合格しました。

先日よりお知らせしておりましたが、

本日、発表があり、

娘の医師国家試験の合格が確定しました。


娘は小さいころより東大を志し、

2年浪人しましたが、

どうも御縁がなく、

防衛医科大学へと進学しました。


しかしながら、8000人以上の受験者数の中で、

わずか7,8名と言う正規合格を果たし、

志を持って防衛医科大学校に進学しました。

学生でありながら、国家公務員であるという

厳しい環境の中で、

6年の学生生活を全うし、

今春、国家試験に合格し、

海上自衛隊の医官として着任いたしました。


昨今厳しい国際状況の中、

国の防衛を担う自衛隊隊員の皆様を、

健康面から支えるべく、

これから勤務に付きますが、

私たちが暮らす日本という素晴らしい国の、

防衛を担う一員として、

職務を全うしてほしいと思います。


「努力して手に入るものなら、何でも手に入れる自信がある。」

というのが口癖でありました娘が、

本当に努力の末、掴んだ地位であります。

親として、精一杯応援し、支えていきたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 23:00Comments(2)つぶやき&ぼやき

2019年03月14日

公立後期の結果が出ました。

昨日、公立後期の結果が発表されました。

当センターでは、全員合格とはいきませんでした。

市外の熊本高校を受験した生徒が残念ながら合格できませんでした。

しかし、県外の有名私立の特待に合格しているので、

そちらで頑張ってくれると思います。


自分の子供の経験からも言えるのですが、

合格しなかったという事は、

合格しないほうが良かったという場合が多いようです。

うちの子供たちも、

高校、大学と、思うように行きませんでしたが、

結果、どちらも良い方向に進んでいます。

要は、行った学校で頑張れば良いという事です。


実は、自分の子供のことで書きたいことがあるんですが、

事情があって、来週の月曜日まで書けません。

来週の月曜日をお楽しみに。  

Posted by ひげの塾長 at 19:28Comments(0)受験情報

2019年02月26日

継続努力するという事

現在、大学生の娘は、

4年前からボイストレーニングに通っています。

私たちの年代なら、知らない人はいない、

小坂明子さん(「あなた」で有名)が主催されるボイストレーニング学校の東京校です。


娘は今春大学を卒業して、このボイストレーニング校も卒業になります。

今回3回目の最後の発表会を、例年通り家内と二人で聞きに行ってきました。

今回は、東京校と大阪校の合同発表会ライブで、

4時間の長丁場のライブでした。

初心者の方から、プロを目指す方、すでにプロとして活躍しておられる方など、

色々な人がその発表会ライブで歌を披露されていました。

30組くらい歌われる中で、最後から5番目くらいに、

娘の番がやってきました。


歌を習い始めたころの娘は、声も不安定で、

自信なさげに小さな声で歌っていたのが、

今回は、堂々とミュージカル風の歌を歌いあげていました。


ひとつのことを長く継続・努力することができれば、

こんなにも人は進歩するものだと思い知らされました。

娘の担当の先生は、元劇団四季の方で、

本物のプロの歌い手さんです。

その指導力には、素晴らしいものがありました。


「長く継続指導する」

これが今後のTM学習センターの課題でもあります。

小坂さんのボイストレーニング校に負けないように、

幼稚園、小学校のころからの徹底した指導により、

学習のプロを育てたいと思っています。



  

Posted by ひげの塾長 at 20:50Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年02月21日

幸運を運ぶ問題集

多分10年ほど前に購入した問題集です。



A5サイズの小さいそして薄い、持ち運び用の問題集です。

主要5教科あり、以前は全教科そろえていて、

必要な生徒には貸し出していました。


数年前から、理科・社会以外はあまり使わなくなり、

数学はこれ1冊しか残っていません。

何故これが1冊だけ残っているかと言うと、

この問題集を使った生徒が、

かなりの確率で難しいと思われていた志望校に合格しています。


今年使う前に最後に使ったのは、たしか4,5年前です。

当時某私立高校のS特待を狙っていた生徒がいましたが、

合格の確率はあまり高くなく、

特に数学が苦手だったので、

最後の数週間で、この問題集を1冊仕上げさせました。

すると、大方の予想を裏切り、

その私立のS特待に合格してしまったのです。

そういえば、この問題集、

これまでに何人か貸し出していますが、

多分全員志望校に合格しています。


それを今年、2人の生徒に貸して、

その二人ともが、

難しいと思われていた第一志望校に、

合格してしまいました。


これはひょっとしたら、

幸運を運ぶ、ラッキー問題集なのではないかと、

ちょっと本気で思っています。

来年度から、

ちょっと危ないかも。

と思える生徒に、

貸し出してみようかと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 21:50Comments(0)勉強法

2019年02月19日

教材購入会員募集!

先日から何度もお知らせしている通り、

TM学習センターでは、平成31年度から、

中学生の募集を中止いたします。

そのかわりと言っては何ですが、

センターで使用しているデータベース教材の購入会員(中学生)を募集します。

教科別、難易度別、または教科書の範囲指定など、

自由に設定して問題を出すことができます。

なかなか自分に合った問題集が見つからない、

定期テスト対策で、学校から配布された問題集以外に何か欲しい。

などなど、市販の問題集では実現できない、

1人1人の要望に応じた問題集が作成できます。


会員登録は、3月いっぱいは無料です。(4月から¥1,000いただきます。)

費用は、問題用紙A4サイズ1ページ¥10(解答解説は無料)

例えば、定期テスト対策の問題集、5教科各20ページの問題集を作成して、

わずか¥1,000でできます。

今学期はすでに定期テストは終了してしまいましたが、

今年度の復習や、来年度当初の学力テスト対策に、

自分のレベルにあった問題集を作ってみませんか?

後刻LINEにて、無料お試しクーポンを発行します。

是非それをご利用下さい。

LINE登録はこちらから
友だち追加


なお教材は、センターにおいでいただき、

いろいろご要望をお聞きしながら作成します。

来塾いただくのは、

生徒さん本人でも、保護者の方でも構いません。

来塾可能日時は、

毎週月曜日、午後6時から10時までのあいだです。


<課題実物>

  

Posted by ひげの塾長 at 17:09Comments(0)学習塾情報

2019年02月14日

LINE登録について

LINEで情報を発信します。

登録はこちらから ↓



友達追加はこちらから ↓

友だち追加

※近々重要なお知らせがあります。

  

Posted by ひげの塾長 at 16:14Comments(0)学習塾情報

2019年02月12日

プロとアマの違い

先日、カフェレストランばってんさんで、

元「猫」の内山さん、石山さんのユニットのライブがありました。

僕がやっているフォークデュオ「ざ・からいも」が、

OA(オープニング・アクト、いわゆる前座)を務めさせていただきました。


程よい緊張の中、3曲ほど歌わせていただきました。

その話は、別の機会に譲るとして、

ライブのあとに、内山さん方にうかがった話が、

とても印象的でした。


50年以上プロのミュージシャンとしてやって来れた秘訣を伺ったところ、

歌の上手い下手、楽器の上手い下手は、あんまり関係ない。

最終的には、自己アピールがうまいやつがプロとして生き残っていける。

と言うことでした。


「楽器が上手いやつなんて、掃いて捨てるほどいるんだよ。」

「それがスタジオミュージシャンとして、またアーティストとして、

やって行けるやつは、声が大きいやつなんだよ。」

「自分のことを、とことんアピールできるやつが、

結局は残っていくんだよね。」

今もベーシストとして、

日本の音楽シーンで活躍されている人の、

含蓄のあるお言葉でした。


じゃあ、塾に置き換えて考えてみるとどうでしょう。

頭のいいやつ、教えて上手いやつはたくさんいる。

でも、長く塾を潰さずに続けていくためには、

自分の塾のいいところを、アピールし続けていくこと。

一つ所にとどまらず、常に新しいことを提案し続けていくこと。

これが大切なのだと、改めて思いました。


TM学習センター、来年度で22年目になります。

おかげさまで、たくさんの生徒さんに来ていただいています。

このことに甘えず、常に生徒さんの学力向上のために、

努力を続け、新しい形を模索し続けて行こうと、

改めて思いました。

TM学習センター、まだまだ、ますます、頑張ります。



  

Posted by ひげの塾長 at 21:23Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年02月07日

英語学習の革命

今年度から、Lepton子ども英語教室を導入し、

現在15名のお子さんに英語を指導しています。

1年間指導してみて思ったことは、

英語って、指導法次第で、

すごい効果をあげることができる。

という事です。


Lepton子ども英語教室では、

少しずつステップアップして、

ネイティブの英語を何度も繰り返し聞き、

まねて発音し、それを書き写し練習する。

この一連の流れで学習を進めます。

すると子供たちの英語力がめきめきついてくるのが、

よく分かります。


そこでふとひらめいたのが、

この英語学習法を、中学生の英語指導にも

取り入れてみたら、ということです。

中学校3年間に学習する内容を、

学校の進度に合わせて、

少しずつ学習するより、

大まかに通して勉強し、

それを少しずつ難度をあげ、

繰り返し、10回ほど学習すれば、

すごい成果が出るのではないかと思います。


そこで来年度の中学生には、

私が今考えている勉強法で、

英語の勉強に取り組んでもらおうと思っています。

そして、その成果を見るために、

前学年の3学期の英語の実力テストと、

新学年の2学期最初の実力テストの偏差値を、

比べてみたいと思っています。

結果は、その時このブログでご報告します。


今日はその学習のために必要なものを、

あるお店に見に行ってきました。

そして、3月末に購入するように予約してきました。


ひょっとしたら、突然英語がペラペラになる中学生が、

天草に出現するかもしれません。

乞うご期待!!  

Posted by ひげの塾長 at 21:28Comments(0)勉強法

2019年02月05日

理想の教育・・・ラスト

理想の教育、その1その2で、

私が思っている理想的な展開を書いてきました。

実際は、このような展開になった生徒さんは、

過去に1人いただけです。

実際は、勉強が苦手で、

それを克服するためにおいでになる生徒さんもいらっしゃいます。

中には、学校の勉強がわからなくなった。

と言っておいでになる生徒さんも少なくありません。

うちはこういった生徒さんは・・・・大歓迎です。


学校教育の最大の弱点は、

多人数に一斉に指導しなければならないことです。

そのため算数などの理解を必要とする教科では、

どうしても理解させられないまま、

授業を進めなければならないことも多々あります。


ここだけの話ですが、

教科書を作るときに、

小学校では1割、中学校では3割の生徒には、

理解させられないという事を前提にして作られているのだと、

実際に教科書作りにかかわって来られた先生に

直接伺ったことがあります。


私も15年小学校の教諭をやりましたが、

授業だけで算数の内容を

クラス全員に理解させることは不可能でした。

ただ、私はちょっと工夫をして、

教員をやめるちょっと前くらいには、

何とかクラス全員に理解させることが可能になっていました。

この話はまた別な機会にするとしまして、

超多忙な小学校の先生には、

なかなか授業で理解できなかった生徒に対して、

個別指導の時間を確保するのは困難です。


そこでTM学習センターの出番です。

うちの塾は一斉指導の授業は原則やりません。

1人1人にあった課題を個別に取り組ませます。

学校の勉強のわからなくなったところに

さかのぼって勉強させますので、

コツコツやっていけば必ず追いつき、

学校の授業もわかるようになります。


以前、学校の算数が全く分からなくなったと言って

小学校3年生の時に入塾してきた生徒さんがいましたが、

入塾して3か月ですっかり遅れを取り戻し、

中学校に上がるころには、成績も上位に入るようになり、

最近大学を卒業しましたが、

立派な薬剤師になったと聞いています。


このようにTM学習センターでは、

1人1人の能力に応じた指導を心掛けております。

勉強が苦手な子は、

少しでも勉強が楽しくなって得意な分野が増えるように、

勉強が得意な子は、

ますます得意になるように、

誠意をもって指導しております。


来年度からは、ますます理想に近づくような教室にしていきます。

勉強が得意な人も苦手な人も、

ただ一つ、勉強を頑張る意欲のある生徒さんの問い合わせを、

心よりお待ちしています。  

Posted by ひげの塾長 at 20:07Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年02月04日

理想の教育・・・その2

お子さんが、勉強したいというようになったら、

その時が、いよいよ本格的な勉強のスタートになります。

いつも言っていますが、勉強は強制してやらせても、

身に付かないばかりか、

最悪勉強が嫌いになってしまって、

いざ本格的に勉強しなければならなくなったときに、

ほとんど手につかない状況になってしまいます。


TM学習センターでは、原則トイレに一人で行くことができれば、

あとは、本人の意思次第で受け入れています。

はっきり言って、その時の学力はあまり関係ありません。

完全に個別で、本人のペースで学習を進めますので、

全く心配いりません。


勉強は、本人の実力より、

ほんのちょっと難しい程度が一番面白く、

強制されなくてもどんどん勉強していきます。

実際、小学校低学年までに入塾した生徒さんたちは、

自分でどんどん勉強を進め、

早い生徒で2年生、遅い生徒でも5年生までには。

小学校の国語と算数の勉強は終了させています。

そしてその後、中学受験をする生徒さんは、

受験勉強と中学の先取り勉強を並行して行い、

受験しない生徒さんも、

受験用の問題もしながら、

本格的に中学に入ってからの勉強を始めます。


小学生は普通週2日1回2時間の勉強ですが、

中には週に5日、1回4~6時間も勉強している生徒さんもいます。

こんなに勉強していても、

みんな塾に来るときは、にこにこしてやってきて、

楽しそうに勉強しています。

信じられないかもしれませんが、

ほんとにみんな楽しそうです。

反対に楽しくなければ、

週に5日も長時間勉強してはいられません。

自分の意思で自分のレベルにあった問題に取り組むので

続いているのだと思います。


私どもの塾で目標としているのは、

小学校のあいだに中学校の一通りの勉強を予習し、

中学受験をして難関中高一貫校に進学するか、

中学までうちで徹底して勉強し、

県内外の難関高校に進学することです。


来年度から私は、Lepton子ども英語教室と、

中学生の学習を担当します。

中学生には、私の塾で、

ある程度学習の仕方を学んだ生徒でなければ、

出来ない学習に取り組ませる予定です。

本年度の塾長クラブで立証できましたが、

勉強は、自分ですすめる自立学習が、

一番成績をあげます。

来年度からは、私がこれまで構想に構想を重ね考えた、

最大限の効果が発揮できる勉強法で、

勉強を進める予定です。

また難関中学を受験する生徒には、

必要に応じて私の個別指導も行う予定です。


教員をしている同級生は、来年度がラストイヤーです。

私もそういう年齢でありますが、

気持ちはまだまだ若いつもりです。

是非お子さんの未来を切り開く、

お手伝いをさせていただければと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 19:48Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年01月29日

理想の教育・・・その1

何度も言ってますが、

学歴がすべてではないという考えは変わりません。

学歴など関係なく、

腕に職を持ち、立派に社会で活躍している人はたくさんいます。


しかしながら、やりがいのある仕事についたり、

満足のいく収入を得たいと思うならば、

出来るだけ高い学歴があった方が、

有利であることに間違いはありません。


そこで現時点で、この天草で、

最高の学歴を身に付けるにはどうすればよいか、

私の経験をふまえた意見を書いてみます。


まず、スタートは生まれたときに始まります。

子どもが生まれたら、

出来るだけたくさん、お母さんが話しかけます。

もちろん本の読み聞かせなんかも効果的です。

お母さんが、赤ちゃんにたくさん話しかけて、

その後子どもが高い学力を身に付けたという話は

枚挙に暇がありません。


次に演技でも良いから、

子どもの前では夫婦仲良くします。

夫婦の不仲は、子供の精神の不安定を招き、

学力向上の妨げになりやすいです。


上記の2つに気を付けながらお子さんに愛情をたっぷり注ぎ、

そして子供がいろいろなものに興味を示すようになったら、

いよいよ勉強のスタートです。

最初にすることは文字を覚えることです。

ひらがなカタカナより先に漢字を教えます。

特に花や木、虫などの象形文字は、見た目も覚えやすく、

学習のとっかかりには最適です。

ちなみにうちの子供たちには、

公文の漢字カードなどを使いました。

また、家にあるもの全部に、

その名前を漢字で書いたカードを張り付けました。

「時計」「冷蔵庫」「棚」「窓」などなど家じゅうにカードを張り付けました。

すると子供は、モノには名前があり、

それは文字であらわすことができるということを理解します。

文字に興味が出てきたらしめたものです。

公文のカードシリーズなどで、

動物の名前、乗り物の名前などを、

ゲーム感覚で覚えさせていきます。


並行して、数の概念も身に付けさせます。

いろんなものの数を一緒に数えることからスタートします。

おやつの数も、数えてから食べるという習慣をつけると良いでしょう。


こうやって3歳くらいまでに、

簡単な絵本などが読めるようになり、

簡単な文章なども書けるようになり、

数も100くらいまで数えられるようになり、

簡単な足し算引き算が出来るようになったら、

いよいようちの出番です。

TM学習センターにお預けください。

日本のトップクラスの高校、大学に進学できるまでの学力を

身に付けさせます。


大きな話をするようですが、

これまで20年間の卒業生の中には、

医学系では、

国公立の医学部に3名、

私立の医学部に2名、

国公立の歯学部に1名、

私立の歯学部に3名、

私立の獣医学部に1名

国公立の薬学部に1名、

私立の薬学部に2名合格しています。

また、京都大学に1名、

九州大学、熊本大学や山口大学などの

国公立大学に何人も進学するなど、

輝かしい実績をあげています。


天草からでも十分に難関高校、大学に進学できます。

是非、私どものTM学習センターをご利用ください。



ああ、結局は塾のPRになってしまいました。

理想の教育・・・その2では、

TM学習センターでは、どのような学習指導をするのか、

詳しく書いてみたいと思います。


<学習風景>

  

Posted by ひげの塾長 at 21:35Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年01月24日

TMアルファベット教室第2期生募集

昨年度、2か月にわたって実施しました、

TMアルファベット教室第2期生を募集します。

開講時期は、3~4月の2か月間です。

週に1回、1時間の内容で、

アルファベットの読み書き、フォニックス読みをマスターさせます。


第1期生は、7名おいでいただきました。

全員2ヶ月で、アルファベットの読み書きと、

フォニックスの読み方をマスターして修了しました。

中には、そのままLepton英語教室で勉強を続け、

幼稚園児でも、簡単な英単語の読み書きだけでなく、

日本文をローマ字に直して書けるまでになった生徒もいます。


参加費用は、月額¥4,000です。

募集学年は、幼稚園年中以上小学6年生までです。

2ヶ月の講座終了後に、Lepton英語教室に参加しても構いませんし、

そのままおやめになっても構いません。

ただ、Lepton英語教室に参加するには、

アルファベットをすらすら書けるか、

このTMアルファベット教室を修了した生徒さんに限らせていただく予定です。


定員は、座席数の関係で10名です。

2月に、新聞折り込み広告を出しますが、

このブログをお読みくださっている方には、

先行してご連絡いたします。

参加ご希望の方は、電話かメールでお申し込みください。

℡ 23-2696 e-mail tmtanaka1959@gmail.com


第1期生の感想は、

全員、とても楽しかった。もうちょっとやりたかった。

と言うものでした。

英語のとっかかりにとても大切な内容になっています。

沢山のご参加をお待ちしています。  

Posted by ひげの塾長 at 19:40Comments(0)学習塾情報

2019年01月17日

成績が上がらないはずがない

この写真は、小学校2年生から6年生までの生徒さん6名です。

みんなでワイワイとお弁当を食べています。

フリーコースの生徒さんは、毎日お弁当持参で勉強しています。




現在、TM学習センターのフリーコース生は、

小学生、中学生合わせて15名ほどいます。

週5日(月~金)時間無制限で勉強しています。

だいたい皆さん、毎日3~6時間勉強しています。

学校でも勉強して、その後塾で長時間勉強するのですから、

1日の大半を勉強に費やしていることになります。


学校での勉強は、

授業を受けるという受け身の勉強が大半ですが、

TM学習センターでの勉強は、

自分がやろうと思わなければ進まない、

能動的な学習であります。

この自分で進んでやる勉強を、

小学生のうちから毎日やっていると、

勉強することが習慣化され、

中学、高校になっても、

勉強することが苦にならないようです。

実際、うちの塾に長くいた生徒さんたちからは、

高校での学習が苦にならなかったという話を、

沢山聞いています。


この写真に写っている生徒さん方の10年後は、

どれほど輝かしいものであるかは、

想像に難くありません。


昔、私はうちの子供にこんな言葉を書いてあげました。

「勉強と思うな仕事と思え、給料は20年後だ。」

上の子供は今春大学を卒業予定で、就職が内定しています。

そうなると、就職して1年目に私の収入を超えます。

3歳頃から、一所懸命勉強してきたことが、

報われようとしています。

お小遣い、くれんかなあ(笑)
  

Posted by ひげの塾長 at 20:32Comments(0)学習塾情報

2019年01月09日

夢は公言しないほうが良い。

最近読んだネットの記事に、

かなえたい夢は公言せず、

心に秘めておいた方が良いというものがありました。

昔から不言実行と言うことわざがありますが、

あまり口数が多いのは良くなさそうです。


人の思いというものは、思いのほかエネルギーがあるようで、

最近それが量子力学と言う分野で証明されつつあります。

もし、自分の夢を公言して、

それを知った数多くの他人が、

もし嫉妬の念を持ったとしたら、

それが夢の実現を邪魔するという事になるのだそうです。


ですから、ほんとにかなえたい夢は心ひそかに秘密にしておき、

影で実現のための努力をするのが、

夢実現のためには良さそうです。


私はこのブログで、将来の夢をいろいろ語っていますが、

今、一番かなえたい夢は、書かないでおきます。

もし実現したら、

その時発表します(笑)  

Posted by ひげの塾長 at 21:06Comments(1)つぶやき&ぼやき

2019年01月07日

本年もよろしくお願いします。

※昨年、母が亡くなり、

新年のご挨拶は控えさせていただいております。


昨年末は、幸先よく中学、高校それぞれに合格第1号がでました。

今後、私立高校から始まり、国立中学、公立高校の受験が続きます。

全員が希望通りのところに進学できますように、

切に願っております。


さて、新年にあたって、今年やりたいことを書きます。

1つは、前々から申しておりました通り、

入塾を小学生までに制限し、

中学生までの長期にわたって、

しっかり学習のやり方を身に付けさせる塾に改革します。

もちろん中学受験にも積極的に対応します。

そして、天草から世界に羽ばたくような人材を

ばんばん育成出来たらと思っています。


そして、もう一つやりたいことがあります。

それはシニアの学習教室を始めることです。

勉強って、大人になってやると、、とても面白いです。

私自身が、生徒に教えるために、

中学受験の算数や理科を勉強しなおしていますが、

これが結構おもしろくて、はまってしまいそうです。


そこで、例えば、子供や孫の勉強を見てあげたい人とか、

脳の衰えを防止するために脳トレをやりたい人とか、

純粋に、英語や数学を勉強しなおしたい人などを対象に、

シニア学習教室を開きたいと思っています。

詳細はまだ決めていませんが、

週に1,2回、1回2時間程度の学習ができるような、

場を設けたいと思っています。

幼児から老人まで、

全世代対応型の学習スペースを目指します。

そして、

「三世代対抗難問算数大会、」なんかできたらいいなあ。

夢は広がります。  

Posted by ひげの塾長 at 20:47Comments(0)学習塾情報

2018年12月28日

仕事納め

今日は塾の仕事納めです。

冬休みとあって、早くから教室はいっぱいです。

また、卒業生が何人か勉強に来ていますので、

さらに活気があります。


仕事始めは、4日金曜からになります。

年が明けたら、いよいよ受験が本格的に始まります。

今年も全員希望通りに行きますように、

心から願っています。


みなさま、良いお年をお迎えください。  

Posted by ひげの塾長 at 19:51Comments(0)学習塾情報

2018年12月26日

ウソのようなホントの話

私どものような塾の学習形態は、

一般的には自立学習塾と言う風に呼ばれています。

一斉指導による授業形式ではなく、

さりとて少人数の個別指導でもない。

集団の個別指導とでも言うような形です。


具体的に言うと、

塾が準備した教材を、

生徒がそれぞれ個別に学習し、

分からないところを指導者に質問するというものです。


このような指導形態が生まれたきっかけを、

以前何かで読んだことがあります。

ある大手の学習塾で、

突然ある教科の担当の先生が辞めることになり、

別の講師が2つのクラスを、

同時に見なければならなくなりました。

当然授業はできないので、

両クラスに演習問題を与え、

教室を掛け持ちして、

分からないところだけ質問に応じる。

と言う形を、仕方なくとったそうです。


すると、しっかり授業を行っていた他の教科よりも、

成績アップが著しく、

そこでその塾は、一斉授業をやめ、

今でいう自立学習のスタイルの指導に変更したところ、

生徒の成績が顕著に上がり始め、

業績がアップしたという話でした。


私どもの塾も、開業した時は、一斉授業の塾でしたが、

思うところあって、

2年目の終わり頃に、

自立学習塾に切り替えました。

すると当時中学生のクラスが、

それまでの授業による一斉指導の時より、

はるかに成績が上がり始めました。

中には、学年で10位以下から、

トップに上り詰める生徒まで出てきました。

その時に、自立学習に将来性を見出し、

現在まで少しずつマイナーチェンジしながら、

この指導法を継続しているわけです。


授業でなければ学力はつかないというのは幻想です。

これは教科書作りに携わるような有名な先生から聞いたのですが、

「教科書を作っているような私が授業したクラスと、

昨日今日、教師になったような新米の先生が授業したクラスと、

学力テストをやったら、あんまり変わらないんだよね。」

とおっしゃっていました。

もちろん授業によってその教科に興味を持ち、

将来的に学力がアップするという事はあるでしょう。

しかしながら、うまい授業をやったからと言って、

学力が付くとは限らないということは、

まぎれもない事実なのです。


私たちは、この指導法を究極にまで高め、

この地域の子供たちの学力向上に貢献したいと思っています。

そのための大改革を来年度から実施します。  

Posted by ひげの塾長 at 20:55Comments(0)勉強法

2018年12月25日

塾長クラブの快挙

昨日、長崎の名門校、青雲高校に、

塾長クラブで指導している生徒が見事合格を果たしました。

中1でうちに入塾してきたときは、

とても今回の結果は想像できない成績でしたが、

見る見るうちにみんなを追い越し、

3年生になった時には、

うちの塾で学年トップの成績になりました。


何故その生徒がここまで成績が上がったか。

それは一重に彼の努力のたまものであります。

私が提示した基礎学力を達成するための課題を、

唯一期日までに達成したのはその生徒だけです。

また最後の仕上げの全国高校入試問題集を、

全県達成したのも今のところその生徒だけです。


また2年生の時に、それまで指導を受けていた講師ではなく、

恐ろしくてみんな出来るだけ近づかないようにしている、

私の直接指導を希望し、

毎日私からぼろくそに言われながらも、

一所懸命勉強を続けた成果が、

この受験の結果となって現れたのだと思っています。


ところで、話題の塾長クラブではどんな勉強をするかと言うと、

私がたてた計画に沿って、

毎週火曜から木曜までの午後7時から10時まで、

3日9時間をひたすら演習問題に取り組むコースです。

このコースの生徒さんたちは、

解答・解説つきの問題を自力で解き、

解説を読んでもわからない問題だけ

質問に来るという学習形態です。

いつでも質問して良いという事になっていますが、

今回合格したその生徒を含め、

これまで9か月間、

数えるほどしか質問には来ず、

ほぼほぼ自力で勉強をしています。

そんなの自習と変わらないんじゃないかと

思われるかもしれませんが、

目標に向かって、どのレベルの問題をどの程度の量をするべきかを

判断するのが難しく、

それは長年の経験と情報の分析を必要としますので、

そこが私たちの出番という事になります。


このような勉強のスタイルで、

これまで勉強を進めてきた生徒さんたちですが、

全員少なくとも始めたころより成績は上がっていますし、

半数以上は劇的に成績が上がっています、

中には学校で、もうちょっとで1番になると言うところまで、

成績を上げた生徒もいるくらいです。


このように、授業を受けなけければ、

学力はつかないという考えは、

大きな間違いであって、

要は、真の学力をつけるには、

いかに適切な質と量の勉強を、

自分自身で行うかという事だと、

この1年、塾長クラブを指導してきて、

確信を持つことが出来ました。


来年度からは、TM学習センターの中学生部は、

大半が小学生の時から私の塾で、

学習の仕方を身に付けてきた生徒だけになります。

ですから、来年の4月からは、

中学生全員に対して、

塾長クラブ式で勉強を進めて行こうと思っています。

私の予想では、全員が、

自分の予想以上の成績をとることになると確信しています。


4月からの新生TM学習センターに、乞うご期待!!  

Posted by ひげの塾長 at 20:10Comments(0)学習塾情報

2018年12月11日

名医は隠れたところにいる

数年前、ある手術をしました。

それから数か月後、

仰向けになると右腰の上のあたりに痛みが走るようになり、

横向きでしか寝ることができなくなりました。

それから整体など、

色んな所に治療に行きましたが、

なかなか良くなりませんでした。

それでもしばらくしたら、

いつの間にか良くなっていました。


それから1年とちょっと経ったある日、

出張でホテルに泊まった時、

夜中、前痛んだ場所に激痛が走り、

目が覚めました。

寝ても起きても痛みは治まらず、

家内に痛み止めや湿布薬などを買ってきてもらい、

対処しましたが、

結局朝まで痛みは治まらず、

それから数日は、

横になると痛みが走るので、

ソファーに座ったまま眠りました。

以前お世話になっていた理学療法士さんに見てもらったら、

筋膜が固くなっているとのこと。

施術してもらったら、少し楽になりましたが、

相変わらず痛みは消えず、

右向きに横になると何とか眠れるようになりましたが、

それでも時々激痛で目が覚めました。


その後大きな病院でみてもらいましたが、

内臓や骨には異常はなく、

多分筋膜が痛んでいるだろうと診断され、

特に治療法はないと言われました。

医療に詳しい知人から、

針治療を進められたので、

しばらく針治療にも通いました。

それでも痛みは取れません。


万策尽きてネットで「筋膜痛」を検索したら、

何やら新しい治療法があって、

その治療をしてくださるところが、

群馬県、隠岐の島、大分にあることがわかりました。

大分の病院なら5時間弱で行けそうでしたので、

予約をして先日行ってきました。


ビルの4階の一室にある、

とても小さな医院でしたが、

患者さんはたくさん来ているようでした。


痛みについての説明があり、

触診など15分くらいの診察のあと、

多分、治療自体は数分で終わったと思います。

「終わりましたよ。」

と言われたときには、

それまで痛かったのが、

嘘のように、痛みがなくなっていました。

その後、痛みがぶり返さないためのストレッチの指導があり、

治療は終了しました。

その治療法は、自由診療で、

まだ保険が効きませんでした。

なのに、初診料を入れても6000円ですみました。


死ぬほど悩んだ痛みをとってもらってこの金額には、

さすがに驚きました。

名医と言うのは、隠れたところにも存在するのだと、

改めて確信しました。


さて、これからが本題です(長い前振りでした。)

塾を病院に例えるなら、

大手の塾は、最新設備が揃った総合病院のようなものでしょう。

しかし、いくら大きな病院でも、

いくら最新の医療機器が揃っていても、

治らない病気があるのも事実です。

しかし、そんな病気を治してくれる、

小さな病院があったりもします。


私が目指しているのはそういう塾なのです。

私のやり方で伸ばすことができる生徒さんに集まってもらって、

他のところでは考えられないくらいの成果を出す。

それも短期間ではなく、

長期にわたって、ゆるぎない学力を身に付けさせる。

これが私の本当にやりたかったことなのです。


というわけで何度もお知らせしていますが、

来年度より、幼児・小学生のみ入塾を受けいれ、

最長中学3年生まで指導をさせていただく、

そう言う形態の塾になります。


私が今回出会ったお医者さんのように、

自分の得意とする専門分野で、

大きな成果を出したいと思っています。
  

Posted by ひげの塾長 at 21:38Comments(0)学習塾情報

2018年11月28日

だから、塾のことは内緒にしています。

そうおっしゃるところが、昔から多いように思います。

最近も、受験に関していろいろご相談に乗っていたあるところから、

「本当に良くしていただいて感謝しています。こんなに良くしていただいて、

だから、この塾に入っていることは、あんまり人には言わないようにしています。」

という言葉を聞きました。


結構昔からこういう傾向がありまして、

以前ある生徒さんの保護者さんが、入塾の手続きに来られた時、

自分のお子さんの同級生を見つけて、

「やっぱりここにいたのね。」

とおっしゃいました。

どこに行っているか、どれだけ聞いても教えてくれなかったそうで、

自分は、他の人からうわさを聞いてやってきました。

とおっしゃっていました。


本来なら、塾のことが気に入ってくださったのなら、

他の人にも宣伝してほしいのはやまやまですが、

私たち夫婦は、このような傾向をうれしいことだと受け止めています。

人に秘密にするくらい気に入っていただけたのだと、

反対に感謝しています。


でも、私たちもこの仕事で食べて行かねばなりません。

このことに喜んでばかりもいられないので、

私がせっせとブログやFBで、

塾のPRをやっています。

そう言う事ですので、PR過多のブログでもお許しください。  

Posted by ひげの塾長 at 20:20Comments(0)学習塾情報