2018年10月18日

英語の発音

私たちの受験のころは、

英語の発音はあまり問題ではなく、

英文が読めて、書ければ、

大学入試まで全く困りませんでした。


私の場合も、英語の発音は全くでたらめでしたが、

外国人とは話す機会もほとんどなく、

全く不自由は感じませんでした。


インターネットが普及してからも、

英語は読めれば問題はなく、

余計に発音など気にする必要はなくなってきました。

それを言い訳にするわけではありませんが、

私の場合、英語の発音は全くダメで、

今、幼児と小学生に英語を教えていますが、

耳に入れている英語は、

CDに録音されたネイティブの英語で、

私の英語は、できるだけ耳に入れないようにしています。


そんな私が、唯一英語の発音を褒められる場面があります。

それはカラオケで英語の歌を歌うときです。

何故、カラオケの時だけ英語の発音が褒められるかと言うと、

それは、覚えたときに、文字はほとんど見ず、

意味などほとんど考えずに、

レコードやテープ(ふる)を何度も聞いて、

それをまねして歌う練習をしていたからです。


私はビートルズの歌をよく歌いますが、

覚えた当時が中学校の1,2年生のころで、

単語などまだあんまり知らないころで、

反対にそれが良かったみたいで、

今でも良く歌いますが、

意味はほとんどわからないまま歌うことが多いです。


そして今頃になって文字を見て、

「へーこの歌は、こんな意味だったんだ。」と

改めて思うことが多いです。


英語の発音を良くするには、

最初は文字を意識せずに、

聞こえたままを真似して発音することが大切で、

私の塾がやっているLepton子ども英語教室は、

CDに録音されたネイティブの英語を、

聞こえたまま、まねをして発音します。

ですから、あまり単語を知らない低学年ほど、

覚えた英語の発音が、ネイティブに近い発音になっているようです。


余談ですが、まだ若いころ(40年ほど前)

先輩に連れて行っていただいたスナックで、

外国から来られていたお姉さんに、

「たなかさーん、えいごじょうずねー。」

と言われて喜んで歌ってのを、

時々思い出します(笑)  

Posted by ひげの塾長 at 20:54Comments(0)学習塾情報

2018年10月17日

県外難関私立中高一貫校訪問

先日、うちの家内が、生徒を伴って

福岡の久留米附設を訪問しました。

現在、中学校の窓口になってくださっている先生は、

うちの娘が高校生のときの担任の先生です。

娘の時は、女子は高校からしか入れませんでしたが、

現在は、中学校から受験できるようです。


訪問した生徒は、

校舎内や実際の授業風景などを見せていただいて、

また、担当の先生から、

受験に関する注意点などをお聞きして、

今まで以上にやる気を出したみたいです。


今後、長崎の青雲、佐賀の弘学館を訪問予定ですが、

そこには私も一緒に行く予定です。


中学校から親元を離れてでも、

将来のために思いっきり勉強したい。

と言う人には、県外の難関中高一貫校は

ひとつの選択肢です。




ちなみに、前回のブログの理科の問題の答えは、

440gです。正解されましたか?
  

Posted by ひげの塾長 at 21:09Comments(0)学習塾情報

2018年10月15日

理科の特別授業

中学受験で、もっとも大変なのは算数ですが、

実はそれ以上に難しいのが理科です。

特に、天秤、ばね、滑車のところなどは、

中学校の知識をもってしても歯が立ちません。


今日は5年生の生徒といっしょに

天秤のところを勉強しました。

中学校の理科は、

公式の通りに手順に従って解いていけば、

大抵の問題は解けますが、

中学受験の理科は、

発想の転換をしないと、

解けない問題が多いように思います。


では、今日やった問題、

解いてみてください。

答えは、次回に発表します。


<問題>
長さが100cmで太さが均等でない棒があります。

左端を床に付けて、

右から20cmのところをばねばかりで測ると300g

右端を床に付けて、

左から20cmのところで測ると250gでした。

この棒の重さは、何グラムでしょうか?


どうしても答えが知りたい方は、

tmtanaka1959@gmail.comまで、メールをください。

ちなみにその5年生の子は、1つヒントをあげたら解けました。


  

Posted by ひげの塾長 at 21:11Comments(0)受験情報

2018年10月11日

のび太君

のび太君と言っても、あのドラえもんに出てくる少年とは違います。

私が言うのび太君とは、

びっくりするほど成績が伸びた生徒のことです。

今、私が指導している生徒に、

入塾した時は偏差値50代前半だった生徒が、

約1年半で偏差値70前後まで伸びてきた生徒がいます。

よほど付きっきりで勉強を教えたと思われるでしょうが、

そうではなく、直接勉強を教えたのはほとんどなく、

勉強のほとんどはその生徒が自力でやっています。


それなら塾に行かなくても自宅でやっても良かったんじゃない?

と思われるでしょう。

でもそこが違うんです。

塾の役割は、勉強を教えることだけではありません。

今、何をすべきか判断してあげること。

実は、これが最も大切で最も難しい事なのです。


例えば病気をして病院に行き、薬をもらったら治ったとします。

その薬は、普通に薬局で売っているような薬だったとします。

それなら最初から病院なんかには行かないで、

薬局に行って自分で薬を買えばよかったと思うかもしれません。

でも、その薬を飲むことをお医者さんが判断しなければ、

自分で勝手に適当な薬を飲んでいたのでは、

治る病気も治りません。


これと同じように、

塾の仕事で最も大切なのは、

その生徒に、今何をどれくらいするべきなのかを判断することと、

ドンナ状況にも対応できるだけの教材を準備することです。


しかしながら、

どんなに優れた教材を準備しても、

どんなに適切な計画を立ててあげても、

それに従ってくれなければ効果はありません。


まるでお医者さんの言う事を全く聞かずに、

病状を悪化させるようなもんですからね。  

Posted by ひげの塾長 at 21:19Comments(0)勉強法

2018年10月08日

終わりよければ・・・

月日の経つのは早いもので、

今年もあと2か月と3分の2を残すのみ。

私立中学、高校受験で、早いところは年末に行われます。

あと2か月ちょっとしかありません。

ついこないだ、今年度になったばかりだと思っていたのに、

月日の経つのが早すぎて、

焦りさえ感じる今日この頃です。


読んだ本によると、時間と言うのは人間の錯覚で、

本当は時間は存在せず、

過去も現在も未来も、

同時に存在しているそうです。


まあそう考えると、タイムスリップや予言や、

そういった時間に関する不思議なことも

説明ができるいうものですが、

私の固い頭では、それ以上のことは理解できません。

ただ、一つだけ私が信じているものは、

現在次第で、過去はどうにでもなるという事です。

例えば、いじめられ虐げられた過去があるとします。

しかしそれに負けず、それをばねにして努力し、

成功を掴んだとしたら、

その苦しい過去は、現在の幸せにつながる

貴重な体験だったことになり、

ひとつの価値を持ちます。


反対に過去のつらい体験を、

恨んだり諦めたりして、

その後の人生が非常につらいものだとしたら、

過去のつらい体験は、現在の不幸を作った元凶にもなります。


つまり現在次第で、過去は良くもなるし悪くもなるのです。

終わりよければすべてよし、

そうなるように心掛けたいと思っています。

  

Posted by ひげの塾長 at 21:09Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年10月04日

相手が自分をどう思っているか知りたいとき

昔、何かの本で読んで、

試してみたら意外と当たったものに、

相手に自分の指を1本握ってもらって、

その指で相手が自分に持っている感情を知る方法がありました。


ちなみに、

小指・・・・恋愛感情
薬指・・・・好意
中指・・・・なんとも思っていない
人差し指・・・・嫌悪感
親指・・・・尊敬

だそうです。

気になる人にちょっと試してみてください。


でも、ここで言いたいのはそのこと自体ではなく、

感情の変化についてです。

見てみますと、小指から親指にかけて順番に、

好きだという感情が少なくなっていきます。

ただ、嫌悪感の向こうに尊敬があるというのが、

非情に面白いと思います。

つまり尊敬と言う感情は、嫌悪感の外側、

一種の恐れの感情が尊敬につながっていると思われます。


よく生徒も保護者の方も、私が怖いとおっしゃる方が多いです。

私の仕事をしているところだけを見ての感想だと思います。

私的な部分を見ていただければ、

意外とお茶目でひょうきんものなのですが・・・・


私は自分の仕事に対して、

誠意をもってやっているので、

後ろめたさと言ったものがありません。

そういう態度が、怖いという評価になっているのかもしれません。

ただ、怖いという感情は、

尊敬につながっていると信じて、

日夜頑張っています。

まあ、自分で自分を慰めていると言った感じですかね(笑)  

Posted by ひげの塾長 at 20:36Comments(1)つぶやき&ぼやき

2018年10月02日

高校学校説明会

10月は、主に熊本市内の私立高校の学校説明会に出かけています。

センターでは、恵子講師が担当していますが、

来年度独立予定の林講師も、

今年は一緒に出席しています。


話を聞きますと、

数年前に、若手が台頭してちょっと雰囲気が変わって活気が出てきたなと、

思っていた高校が、また若手が引っ込み、以前の状態に戻っていたとのこと。

若手の改革がうまく行かなかったのかなあと思います。

期待していただけにちょっとがっかりです。


かと思うと、これまでスポーツでは実績があった高校が、

学力面にも力を入れだし、

結構な成果を出し始めているところもあったそうで、

雰囲気が明るく活気があったそうです。


この学校説明会に出席していると、

大きな変化はありませんが、

その時々の勢いのある高校、

反対に勢いがなくなってきた高校などが、

なんとなく雰囲気で分かります。

センターでは、その時々で、

出来るだけ勢いのある高校をおすすめしています。

卒業生の進路を見てみますと、

その時の勢いのある高校に進んだ生徒が、

やっぱりそれなりのところに進学しているようです。


明日もある高校の説明会に行ってきます。

人気のある高校で、天草くんだりの弱小塾など、

ほとんど相手にしてくれませんでしたが、

問い合わせを続けて3年目で、

やっと学校説明会への案内がありました。

かと思うと、他県ですが、県ナンバーワン私立高校の校長先生が、

わざわざうちを訪ねておいでになることもあります。

塾も長くやっていると、いろいろあります(笑)  

Posted by ひげの塾長 at 19:26Comments(0)受験情報

2018年09月27日

60の手習い

今、鍵盤ハーモニカのレッスンを受けています。

今月で3か月目になります。

これまでに、「情熱大陸」「見上げてごらん夜空の星を」「テネシーワルツ」

の3曲のレッスンを受けました。


一応仕上がった曲もありますが、

まだまだ完成には程遠い曲もあります。

最近は、禁断の両手弾きにも挑戦させられて、

四苦八苦しています。

なにせ鍵盤を裏から左手で弾くという経験は、

この60年の人生の中で初めてのことですから。


人にものを教えだして、やがて40年になります。

それに対して、人からものを教わるという経験は、

20代、小学校の教師をしていたころ、

ピアノを習いに行ったのを最後に、

つい最近になるまでありませんでした。


それが2年ほど前から最近まで、

ヨガの個人レッスンを受けていました。

ヨガと言うより、リハビリに近いストレッチ運動でしたが、

自分の子供くらいの年齢の先生に、教えていただいていました。


とてもいい先生で、とても良くしていただいていたのですが、

先生のお仕事の関係で、ヨガの指導をやめられることになり、

残念ながら、終わってしまいました。


そして3か月前、フェイスブックで募集されていた鍵盤ハーモニカ教室に、

7月から通いだしました。

習い事をするというのは、学ぶ楽しさもあり、

練習していない後ろめたさを引きずりながらレッスンに通うという、

スリルを味わうこともできます(笑)


今習っている先生も、

自分の娘と同年代の先生で、

とても優しく、教えて下さっています。

教えていただきながら、

「なるほどね。教えてもらう方は、こんなことを言われるとうれしいのね。」

とか、自分の仕事の参考になることもしばしば。

いつもとは違う立場で、指導者としての在り方なども勉強しています。


今日も英語教室で、幼稚園のお子さんに、

まるで僕が鍵盤ハーモニカ教室で褒めていただくように、

笑顔で優しく、ちょっとオーバーに褒めてみました。

いつもはあんまり笑わない子が、

今日はにこっと笑ってくれました。


人生いくつになっても勉強勉強。

ちなみに12月16日(日)に、

鍵盤ハーモニカの発表会があるそうです。

今から緊張してきました(笑)



  

Posted by ひげの塾長 at 19:16Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年09月25日

突然の訪問

もう7,8年前に卒業した生徒が、

突然遊びに来ました。

今、某幼稚園で先生をしている女の子です。


「最近元気がないので、元気をもらいに来ました。」

と言って、突然やってきました。


彼女は、中学2年生の時に、うちの塾に転塾してきて、

もっともうちの塾になじんだ生徒の1人になりました。


しばらくいろいろ話をして、

小一時間ほどいたと思ったら、

「すっかり元気になりました。ありがとうございました。」

と言って、笑顔で帰って行きました。


何でもここに来ると、頑張って勉強していた時のことを思い出して、

自分に自信が蘇ってくるのだそうです。


帰るときは、「また来ますねー。」

と言って、とびきりの笑顔でした。

「またいつでもおいでねー。」

と言った私の声は、多分聞いてなかったでしょう。

言い終わった時には、すでに姿はありませんでしたから。  

Posted by ひげの塾長 at 19:29Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年09月24日

継続は力なり

3月からスタートしたLepton子ども英語教室ですが、

9人でスタートして、現在15名の生徒さんにおいでいただいています。

Leptonは、英語を勉強するのにはとても良い教材なのですが、

とっかかりのアルファベットを勉強するには、

多少学習量が足りません。

全く初めて英語を勉強する幼稚園児が、

アルファベット教材を終わった時点で、

ほとんどアルファベットを覚えていないという事態に

なってしまいました。


そこで、Leptonの教材を一旦停止し、

センター独自のアルファベット教材を作成し、

別にアルファベット教室という時間を設けて、

アルファベット教材は終わったけれど、まだ習得不十分な生徒と、

もう一度最初から英語を勉強しなおしたいという

6名の生徒に指導することにしました。


アルファベットとその読み方であるフォニックスを、

繰り返し何度も復唱し、

なぞり書き → 写し書き → 覚え書き を

繰り返し繰り返し何度も書いて、覚えさせました。

もちろん飽きずに勉強できるような工夫をこらし、

他のコースの生徒が、こそっと見に来るような楽しい教室になりました。


すると週に1回、約2か月の勉強で、

全員がアルファベットとフォニックスを空で言えるようになり、

またアルファベットを何も見ずに書けるようになりました。

よって9月いっぱいでこのアルファベット教室は終了し、

また皆さんLeptonの教材に戻って、英語の勉強を続けてもらいます。


今後、英語を初めて勉強したいというお子さんには、

このアルファベット教室で行った勉強を最初にやってもらって、

アルファベットとフォニックスを完璧にできるようになってから、

Leptonの学習に取り組んでもらえればと思っています。


また、生徒さんの中には、

ほかに英会話教室に通っているわけでもなく、

TM学習センターだけで英語の勉強をしているにも関わらず、

まだ5年生なのに、中2程度の英文はすらすら暗唱できるようになり、

日英翻訳機で確認しても、正しい発音で英語を話せるようになっています。

この生徒さんは、Leptonで勉強する前、

あいキャンという英語教材で1年勉強をしただけです。

通算2年の英語の勉強で、かなりの力を身に付けました。


他の生徒さんも、とてもきれいな発音で、

またしっかり英文を書くこともでき、

読む、書く、聞く、話すの4技能が、

しっかり身についてきています。


何事も継続は力なり、

コツコツ続けることが上達の近道のようです。

https://higeteatea.wixsite.com/tmstudycenter/properties  

Posted by ひげの塾長 at 19:56Comments(0)学習塾情報

2018年09月19日

全国模試結果

今年から、TM学習センターの小学生部では、

希望者に全国版の模擬テストを受験してもらっています。

本日その結果が返って来ました。


全体の偏差値平均は、55くらいですが、

中には、すごい成果を出している生徒もいます。

5年生のある子は、平均の偏差値は67ですが、

算数では偏差値71、

全国で3000人程度が受験して、その中で8位でした。

3000人と言っても、それは中学受験を考えている

生徒が受験する模試ですから、

すごい結果と言わざるを得ません。

その生徒は、私の受験算数教室に参加して2年目、

日々コツコツ努力して、最近力を付けてきたなあと思っていたら、

やっぱりねって感じです。


他にも、幼稚園児ながら小学校1年生の模試に挑戦し、

偏差値60を超え、約1000人中、130位をとったスーパー幼稚園児もいます。

もちろん中にはあまり成績が振るわなかった生徒もいますが、

今度の模試を機会に、勉強にやる気を出してくれると信じています。


以前、熊本県内の模試を受験した時は、

塾の平均偏差値が70を超えましたが、

流石全国模試、レベルが違います。

今度は冬休みに受験します。

今後の活躍がとても楽しみです。  

Posted by ひげの塾長 at 16:33Comments(0)受験情報学習塾情報

2018年09月13日

エアコン

学習塾に欠かせないものの一つにエアコンがあります。

特に冷房は、生徒が密集する時間は、

冬が終わるとすぐに必要になる事さえあります。


暖房はそれほど問題はないのですが、

冷房は気を使います。

例えば、28度が快適な人、

25度が快適な人、

できれば20度が好ましい人、

中には冷房は嫌だという人もいます。


しかし教室は一つ。

どの温度かに設定しなければなりません。

そこで私はどの温度に設定しているかと言うと、

今は、20度に設定しています。

20度と言っても、生徒がいっぱいいるときは、

体感温度として、24~25度です。


それでは寒いという人もいます。

そう言う人には、上から1枚羽織るものを持ってこさせます。

寒いのは着るもので調整できますが、

暑いのはどうしようもできません。

出来るだけ不満が少なくなるように考慮していますが、

それでも不満がある人もいます。

しかし、生徒すべての要望を聞くというわけにもいかないのです。


あえて言うなら、政治にも当てはまると思います。

すべての人が満足する政策などあり得ません。

有明海では、開門賛成派と反対派に分かれて争いが続いていますが、

どちらを選択しても、反対の方には不満が残ります。


現在の状況を思うと、

自分の意見が取り入れられなかった人たちが、

不平不満を喚き散らし、

それをマスコミが取り上げ、

嬉々として政権批判をやってますが、

最近は特に悪意さえ感じて、

あまり気持ちの良いものではありません。


室温ひとつとっても、

すべての生徒が満足する設定はできません。

それでも、最大多数の人が満足するように、

工夫努力しているつもりです。


政治のことも、

そう言う観点から、

もう少し温かい目で見ても良いのになと思う今日この頃です。  

Posted by ひげの塾長 at 20:18Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年09月12日

学歴なんてと言うけれど

学歴なんて関係ない。

とおっしゃる方が、意外と多いことに驚かされます。

果たして、そうでしょうか?

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO15805150X20C17A4000000?channel=DF080720160380

このサイトを見る限り、

収入面に関して言えば、

学歴と収入は明らかな相関関係があると言わざるを得ません。

また世の中お金がすべてではありませんが、

世の中の問題の半数くらいは、

お金で解決できるものです。


私は、人生プラマイゼロという考えを信じています。

トータルすると、幸せと苦労は半々に、誰もに訪れると思っています。

ですから、人生の後半に幸せを持ってきたいならば、

子どものうち、若いうちには苦労をしておくことが大切です。

昔から、「若い時の苦労は、買ってでもせよ。」って言いますよね。

子どもの苦労の代表と言えば、勉強です。

小さいうちに勉強をしてしっかり苦労を経験すれば、

その後の人生は明るいと思っています。

そう信じて、自分の子供にはしっかり勉強させましたし、

塾に来ている生徒にも、

勉強の大切さを教えています。

ただ、辛い勉強がちょっとでも楽しくなるように、

様々な工夫もしています。

どんな工夫かって?

すいません。それは企業秘密です(笑)  

Posted by ひげの塾長 at 20:45Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年09月06日

幼児がいっぱい

今日幼稚園年長さんが1人入塾されました。

これで全部で6名、過去最高です。

幼稚園児と言っても、

中には小学校の高学年程度まで、

学習が進む子もいます。


以前も書きましたが、

学校の勉強が退屈で、授業の邪魔をすることはめったにありません。

というか、これまでに私の生徒にはそういう生徒はいません。

授業の邪魔をするのは、

授業があまり理解できない生徒が多いと、

経験上思います。


それよりも何よりも、

幼稚園児のうちに結構先まで勉強が進んでいた生徒は、

その後の勉強もスムーズに進み、

難関高校、大学に進むケースが、

多かったように記憶しています。


2年くらいまえに、幼稚園児が4,5名ほどいたことがありました。

この時、彼らを「コミンカーズ」と名付けました。

天草弁の「こみんか」「こまんか」(ちいさい)に由来しています。

さて、現在いる6名は何と呼びましょう?

  

Posted by ひげの塾長 at 20:44Comments(0)学習塾情報

2018年09月04日

御礼

8月29日、午後3時15分。

母が永眠いたしました。

15年前にパーキンソン病を発病し、

10年の入院生活でしたが、

ほとんど苦しむこともなく、

眠るように息を引き取りました。

通夜、葬儀にご参列下さいました皆様方、

その他、母が生前お世話になったすべての皆様方に、

改めて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。  

Posted by ひげの塾長 at 21:33Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年08月28日

今週いっぱいです

いよいよTM学習センターが中学生を募集するのは、

今週で最後になります。

何度も書きましたが、来年度からTM学習センターは、

幼児・小学生と、小学生のうちに入塾した中学生だけとなります。

(来年度から2年間に限り、中1・2で入塾した生徒も含みます。)

その理由はいくつかありますが、

もっとも大きな理由は、

その形態が、最も私がやりたい学習塾の形だからです。

私が最近まで使っていた教材を作っているある京都の個人塾さんが、

小学生と小学生のうちに入塾した中学生だけの塾を、

長年経営されています。

10年以上前に、京都に出向き見学させてもらった時から、

いつかは私の塾もそういう形にしたいなと思っていました。


小学生は、家内が担当し、

中学受験もできる小学生部を目指します。

私は、自分で自分の勉強が管理できる中学生を育て、

もっとも効率的で、将来役に立つ勉強法を指導したいと思っています。

そして夫婦二人で、

天草で最強の小学生・中学生を育てたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 20:50Comments(1)学習塾情報

2018年08月27日

思い込み

猛暑が続いています。

うちの教室も、夏休みは早い時間に生徒が集中するので、

2つあるメインの部屋は生徒で一杯になります。

一般電源で使用するエアコンとしては、

最上位の機種で最大出力にしてなんとか涼しくなる状況です。


メインの部屋の横に、私の机がある小さな部屋があり、

そこでは小学生の英語教室などが行われます。

ここにも1台エアコンがありますが、

今日はそのエアコンの効きが悪く、

なかなか涼しくなりません。

設定温度を、25度から22度に下げてみましたが、

それでもなかなか涼しくならず、

隣の部屋から吹いてくる涼しい風で、

辛うじて耐えられるくらいの温度になっていました。


以前、自宅のエアコンがなかなか効き目が悪く、

おかしいなあと思いながら使っていましたが、

昨年リフォームするときに、ガスが抜けていることが発覚し、

ガスを入れなおしたら、普通に効くようになりました。


今回もまたガスが漏れたのかなと思い、

明日にでも電気屋さんに連絡してみようと思っていました。

そして何気なく、エアコンのリモコンに目をやると、

そこには「暖房」の文字が。

てっきり冷房を押したものを思い込んで、

暖房のスイッチを押してしまっていたのでした。


思い込みとは恐ろしいもので、

冷房を押したと思い込んでいる私には、

まさか暖房を押してしまっていたとは、

想像すらできませんでした。

おかしいなと思った時点で、

ほんとに冷房を入れたのかどうか、確認すれば、

何の問題もなかったのでした。


子どもを指導するときも、

教えたはず、出来るはず、やってくれるはず、

と、自分の勝手な思い込みで指導をしてしまうことが多々あります。

今日の暖房事件(笑)を良い機会として、

思い込みで指導をしないように気を付けたいと思います。  

Posted by ひげの塾長 at 19:40Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年08月23日

有名中高一貫校の先生から聞きました

うちの娘は、西日本で有数の中高一貫校に高校から入りました。

その時の縁で、今でもその学校の先生から色々なお話を聞かせていただいています。

その先生がおっしゃるには、こういう難関中高一貫校に入ってくる生徒には3種類いるそうです。

1つは、生まれつきの秀才、中にはホントにびっくりするくらいの天才もいます。

娘の同級生には、数学オリンピックで世界第2位、銀メダルを取った生徒もいました。

この生徒は、高校1年生の時に、すでに東大の数学の入試問題をすらすら解いていたそうです。

そしてそれほどがり勉というわけでもなく、

日頃の勉強は、それまでに学んだことを忘れないくらいの復習をする程度だったと聞いています。

ここまでではなくても、あまり勉強をしなくても東大に楽々合格するほどの生徒が、ある一定の割合存在するそうです。

こういう生徒の大半は、大手進学塾で受験テクニックを学び、入学してきます。

もともと高い学力があるので、さほど努力することなく合格できるそうです。


そして2つ目が、大手の学習塾で受験テクニックを学び、合格するためだけの勉強をしてきた生徒です。

その先生がおっしゃるには、このタイプの生徒の大半は、入学してから勉強について行けなくなることが多く、

受験の為だけの勉強しかしていないので、

基礎基本が抜けていて、入学してから苦労するそうです。


最後に、うちの娘のように、小さな個人塾で勉強して入学してくる生徒です。

人数的には全体の1割にも満たないそうですが、

入学した時は、それほど上位には入っていなくても、

基礎基本がしっかりできているので、

だんだんと成績が上がっていき、

知らないうちに上位に名を連ねるものが少なくないそうです。

うちの娘も多分に漏れず、入学した時の成績は決して上位ではありませんでしたが、

第1回の定期テストから卒業するまで、

成績上位者が載る名簿から落ちたことはなかったと記憶しています。

現在防衛医科大学の6年生で、6年に進学するときは学年トップの成績だったと、

同大学の教授から連絡をいただきました。


今うちの小学生にも、難関中高一貫校を目指している生徒が何人かいます。

今徹底的に基礎基本をたたき込んでいるところで、

受験直前になってから、過去問とか応用問題とかに取り組ませる予定です。


スポーツでも音楽でも一緒ですが、

基礎基本をやっていないものは伸びません。

かのイチローも、基礎基本の大切さに言及しています。

うちに通ってきてくれている生徒さんには、

小さな個人塾の特性を生かして、基礎基本をしっかり叩き込んで、

将来大きな花を咲かせてほしいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 20:04Comments(0)受験情報

2018年08月16日

脳を鍛えるシニア教室を始めます

ニュースでは、困っている人々のために全国を回っているというご老人の話でもちきりですね。

そのご老人の機転で、2歳の行方不明の男の子が救出されました。

ホッとするとともに、世の中には立派な人がいるものだと感心しました。

自分もそういうことをやってみたいという気持ちもないわけではありませんが、

なにせ人一倍体力がなく持病もちゆえ、体力を使う事はできません。

体力を使わず、社会貢献ができることがないか考えてみたら、

やはり、人に何かを教えることしかできません。

そこで前からやりたいと思っていた大人の算数教室をちょっと発展させ、

高齢の方の脳を鍛えるトレーニング教室をやろうかと思っています。

とりあえずは塾の生徒のおじいちゃん、おばあちゃんを対象に始めようと思っていますが、

このブログをお読みくださっている方、もしくはそのご家族で、

脳のトレーニング教室に興味がある方はお問い合わせください。

基本無料でやろうかと思っていますが、

特別に教材を取り寄せる場合は、実費でいただこうかと思っています。

やるとすれば、毎月第1、第3土曜日の午前中くらいにやろうかと考えています。

参加資格は、65歳以上でメールが受信できる方です。  

Posted by ひげの塾長 at 19:59Comments(0)学習塾情報

2018年08月09日

○○貯金

○○(本渡では老舗のお寿司屋さんの名前)貯金なるものを始めました。

何という事はない、お金をためて豪勢なランチをいただこうというものです。

うちは、月に2,3度、夜外食をします。

先週も新しくできた焼鳥屋さんに家内と二人で行ってきました。

外食はたいてい家内と出かけ、ほとんど家内が支払いをします。

まあもととなる会計は出所同じですから、

どっちが払うというわけでもないのですが、

私はお小遣い制で、月に決まった額のお小遣いをもらっているので、

それは夜の外食には使いません。


○○貯金は、私のお小遣いの中から少しずつお金をためて、

家内と豪華なランチをいただこうという趣旨の元行われています。

1万円札を崩したときとか、おつりに500円玉があった時とか、

はたまた買おうと思っていたものが予想よりも安く買えたときとか、

そういう時に1000円とか500円とかを専用の財布に貯めていきます。

そしてそれが10000円貯まったら、

豪華なランチに出かけることにしています。

これまでに2回行きました。

だいたい1か月おきくらいのペースです。


最近また、それが10000円貯まったので、

家内とランチに出かけました。

ちょっと豪華なセットメニューとノンアルコールビールなどもいただきました。

家内はとても申し訳ないと言いながら、

とても美味しそうに食べていました。

日頃色々と迷惑をかけているので、

せめてものお詫びの意味も込めています。


今回で2回目、前の時と同じ○○というお店に行きました。

支払いの時ちょっとドキドキしましたが、

なんとか500円程度のおつりがありました(笑)

その500円を早速○○貯金専用財布に入れ、

次回のランチを楽しみに、

またコツコツ貯めたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 19:45Comments(0)つぶやき&ぼやき