2013年12月18日

失敗しない子育て・・・2

今から22年前、32歳の時家内と結婚しました。
婚約して間もなく、ありがたいことに子供ができました。

私は、結婚してもお互い敬語で話そうと提案しました。
もちろん子供にも親に対して敬語を使わせるようにしました。
それは、子供に正しい言葉遣いを学ばせるとともに、
上下関係のしっかりした家庭を作りたかったからです。

私は西洋諸国のように親子、兄弟が対等で、
一見平等に見えるような家族関係より、
日本古来の年功序列、
上下関係のしっかりした家庭の方が、
子供を芯のしっかりした人間に育てるには、
大切ではないかと考えていました。
もちろん今でもその考えに変わりはありません。

そして結婚してから、、
私自身について次のことを決心しました。
「子供に後ろ指を指されるようなことは決してしない。」
ということです。

はっきり言って、夫婦仲が悪くなるのも、
子供が非行に走るのも、
原因の中で一番多いのは、父親の品行の悪さです。
それまでのに嫌というほど見聞きしてきました。

私は子供を育てるにあたって、
自分の行いを正しく律することを決意しました。
人として間違ったことは絶対にしないと。

よく家内に言います。
「僕はモテないんじゃない。」
「浮気はしないと決めているだけだからね。」
家内は、何も言わずニヤっと笑います。
多分信じていないのでしょう。
証明することができないのが残念です。

そして、実際に子供ができたとき、
こう話しました。
「子供は、授かりものじゃない。神様からの預かりものなんだ。」
「だから、世の中の役に立つように、立派に育てて社会に送り出さなければならない。」
と。もちろんこんな綺麗な標準語ではなく、立派な天草弁を駆使して言いました。

具体的に言うと、親の考えを押し付けることなく、
子供の個性を尊重して育てようということです。
ですから子供が小さい時から今に至るまで
大切なことを決めるときには、
一応意見は言いますが、最終決定は子供自身にさせています。

こんなことを言うと、えらく堅苦しい家庭のように思われるでしょうか、
実際はどこのどの家庭よりも明るく、話題の耐えない明るい家庭です。
そして、親子の間で揉め事は無く、子は親を敬い、親は子を慈しむ関係が
今もずっと続いています。

次回、子供が小さい時に実際どんな躾や教育をしていったかについて
書いてみたいと思います。  

Posted by ひげの塾長 at 19:40Comments(2)子育て論

2013年12月12日

失敗しない子育て・・・1

自分の子供が、絶対に非行に走らない自信がありますか?

自分の子供と一生仲良くできる自信がありますか?

自分の子供が立派な社会人になる自信がありますか?

私はあります。

それは、そうなるように育てたからです。

では、どうやって育てたかということを、これから詳しく書いてみたいと思います。
難しいことではありませんが、継続することは大変かもしれません。
そして、これは私の場合であるので、誰にでも当てはまることではないかもしれません。
しかしながら、これから子育てをされるところには、
それなりに参考になると思います。

では、ます「配偶者の選び方」からです。

私は配偶者を決める要素として、
絶対にこれだけはと決めていたことがありました。
それは、「私が尊敬できる人である」ということです。
その時の感情だけで相手を決めても、
決して長続きはしないであろうと思っていました。

テレビなどで、仲の良い夫婦と言われている人たちからは、
お互いに相手を尊敬しているという話をよく聞きました。
お互いに尊敬の念を持っていれば、
多少の困難はあっても、
協力して夫婦生活を続けていけるのではないかと思っていました。

私の短所は継続努力が苦手なことです。
できれば自分の持っている能力の範囲内で、
無難に生きていければ良いと思っていました。
ですから、もし結婚するなら、
何でもいいので努力して何かを成し遂げた人がいいなと思っていました。
その点、家内はすごい努力をして自力で高校・大学を出た人で、
のほほんと親のすねをかじって大学で遊んでばかりいた私から見れば、
十分尊敬に値する人でした。

もう一つありました。それは一緒にいて疲れない人でした。
家内とは出会った時から、何やらずっと一緒に過ごしてきたような
感じをもっていました。
実際今では仕事も一緒なので1日中一緒にいますが、
夫婦仲はいたって良好です。

子育ては、夫婦で協力してやらなければ、
決してうまくいきません。
ですから、いつでも話し合い、協力しあえる相手でないと
うまくいくものもうまくいきません。

私の子育てが、これまでうまくいっている理由の半分は、
理想の配偶者に恵まれたことにあると思っています。

次回は、「子供が出来た時に私が決意したこと」です。  

Posted by ひげの塾長 at 17:40Comments(2)子育て論

2013年12月04日

私の夢

私の夢は、いつか自分で書いた本を出版することです。

どんな本でもいいので、一生のうちで1冊だけでもいいので、
本を出版してみたいと思っています。

昔教員していたころ、教育書の一部を任されたことはありますが、
まるまる1冊自分の本というものはありません。

時々いいことを思いつくのですが、いつの間にか忘れてしまいます。
気合を入れて書こうとすると、なかなか筆が進みません。

ですからこのブログにいろいろ思いついたことを書き留めておいて、
いつかそれをまとめて本にしようと思っています。

今考えているのは、子育てについての本です。
いろんなことに対して中途半端だった私が、
子育てだけは一生懸命飽きずにやっています。
そして結構うまくいったと思っています。
そのポイントなどを書き留めてみたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 18:18Comments(1)つぶやき&ぼやき