2015年01月27日

詩の書き方

詩の書き方

学校でもたまに詩を書かされることがあります。これが、なかなか難しい。ここでは、出来栄えをあまり気にしなくて良いなら誰でも簡単に詩が書ける方法をお教えします。

1 まず縦3横3の9マスの表を白い紙に書きます。そしてその中央に書きたい詩の題を入れます。例えば「初恋」
2 その周りの8つのマスに題から連想する言葉を書きます。例えば、「レモン」「実らない」「春」「幼稚園」「キス」「デート」「甘い」「失恋」
3 題の周りの8つの言葉を文頭にして8行の詩を書きます。

※文頭が決まっているので、比較的楽に詩を書くことができます。言葉は臨機応変に違う言葉に変えても構いません。例えば「幼稚園」⇒「幼い日」など

作品例を書こうと思いましたが、流石に50すぎのじじいには「初恋」は書けませんでした(笑)
まあ、詩が書けずにウンウン唸るよりは、とりあえず書いてみて、少しずつ推敲していけば、それなりの詩にはなると思います。


P・S
初恋さんが、早速詩を書いてくださいました。
添付します。

レモンのひんやりした感触に似た
交わせし初めてのキス
あれは弥生三月春のはじめ
実らぬ甘く切ない物語
あゝあれが初恋、遠い思い出…
                    by初恋

うまいですねえ。こんなふうに自分でアレンジして自由に詩を書いてみてください。
                 

  

Posted by ひげの塾長 at 19:43Comments(2)勉強法

2015年01月22日

作文の書き方

作文の書き方

FBの投稿に、「子供がなかなか作文を書かない。」というのがありました。例えば低学年の頃は、たくさん面白い文章を書いていた子供が、学年が進むにつれ、だんだん作文を書けなくなるという話はよく聞く話です。なぜ書けなくなるか。それは書き方がわからなくなるからです。低学年の頃は何も気にせず思いつくまま文章が書ける場合が多いですが、高学年になると、上手に書きたい。書かなければならないという思いが強くなります。だからなかなか筆が進まないのです。

私の塾では中学生になると論文の書き方を指導します。この方法は、ある生徒が大学入試の小論文でも十分使えましたよといってくれた方法です。かれは超一流の私立大学に合格しました。その方法を若干変えて小学生にできるようにしたのが次の方法です。作文で悩まれているところは是非やってみてください。この方法は読書感想文などにも使えます。

<作文の書き方>
1 できるだけ短い文をつないで書く。点や丸(句読点)をたくさん使って書くといっても良いでしょう。
2 次の順番で書く
 ①結論
 ・僕は友達は大切だと思います。
 ②理由
 ・その理由は、友達は困っているとき助けてくれるからです。また友達がいると寂しくありません。
 ③例
 ・例えば、先週僕が財布を落として困っているとき、ともだちのA君が一緒に探してくれました。そして見つけてくれたのです。
 ④意見・まとめ
 ・だから僕はこれからも友達とは仲良くしていこうと思います。

いかがでしょう。もしこれが難しい場合は、次の文の型を使って書いてみてください。

①僕(わたし)は・・・・・・・・だと思います。
②その理由は、・・・・・・・・だからです。
③例えば・・・・・・・・です。
④だから、僕は・・・・・・・・・・・しようと思います。

これで原稿用紙1枚くらいにはなります。もっと長くしたい場合は、結論を複数にしたり、理由を複数にしたり、例をたくさん挙げるとかなり長い文章にもなります。

是非お試し下さい。
  

Posted by ひげの塾長 at 17:44Comments(0)勉強法