2015年11月30日

あと100日

熊本県の公立高校受験まで、あとちょうど100日となりました。

ここで受験に有益な情報をいくつか。

1 ラストスパートは理科・社会
※受験まで残り少なくなってきたら、理科・社会を重点的に勉強します。それは英・数・国は得点力を上げるのに時間がかかりますが、理科・社会は比較的短期間に得点力を上げることができます。ですから志望校にギリギリがちょっと厳しいという人は、英・数・国はできることを見直す程度にして、学習時間の8~9割を、理科・社会にあてましょう。

2 数学・理科は苦手な問題は捨てよう。
※苦手な教科、特に数学や理科の問題では、苦手な分野に力を入れて勉強するより、得意な分野を確実に解けるようにしたほうが得点率が上がります。例えば数学の証明問題が苦手な人は、思い切って証明問題は捨てて、その他の分野に力を入れましょう。最後の100日で苦手な分野をできるようにするのは労力の割には効果がありません。

上記2点の方法で、これまでかなり厳しい志望校にたくさんの生徒を合格させてきました。受験は3割がた情報と技術です。とにかく合格しなければその先はありません。割り切って合格するための勉強に切り替えましょう。

最後に、問題集は自分の感覚で難しいものを選ぶより、易しめのものを何度も繰り返してやったほうが得点力が付きます。最後の仕上げには、よく書店においてある5教科問題集を3,4種類やってください。実践力がついてきます。  

Posted by ひげの塾長 at 17:25Comments(0)受験情報

2015年11月29日

ラジオで歌ってきました。

今日は、RKKラジオの柿木珈琲店に出て、
ライブで歌わせていただきました。

天草のPRをいっぱいしてきましたよ。
プロデューサーの江越さんから、
「いつもおもしろいねー。」
と言っていただけました。

還暦まであと4年、
まだまだがんばりますよー。
http://blog.rkk.jp/kc/


  

Posted by ひげの塾長 at 21:35Comments(0)つぶやき&ぼやき

2015年11月27日

子供の詩・・・3

子供の詩シリーズの最後です。

これは小学校の教師としての最後の学校で、
5年生を受け持ったときのことです。

国語の時間に表現の学習をしていて、
こんな課題を出しました。

「悲しいという言葉を使わないで、悲しみを表現しなさい。」

これに対して、

「一人ぼっちの部屋でご飯を食べました。」

みたいな文章が多かった中、
こんな詩を書いた子供がいました。

「紫色の折り紙で、鶴を一羽折りました。」

これを読んだとき、鳥肌が立ちました。
5年生で、これほどの表現力があるとは。

日頃そう目立つ子供でもなく、
成績が特別良かった子供ではありませんでした。
この時、子供の持つ未知の力をひしひしと感じたことを覚えています。

  

Posted by ひげの塾長 at 18:15Comments(0)つぶやき&ぼやき

2015年11月26日

子供の詩・・・2

初任から5年目に2つ目の学校に移動になりました。
そこでも2年生を担任しました。

どうもピアノが弾けるということで、
当時は低学年の担任が多かったように思います。

そのクラスでも、毎日日記を書かせました。
その学校は1クラス40人近くいたので、
返事を書くのが大変だった記憶があります。

その時こんな日記を書いた子供がいました。

おかあさんが、「きょうはあめ、ひゃくぱせんとよ。」といいました。そうしたら、ほんとにひゃくぱせんとのあめがふってきました。」

その子にとって100%は確率ではなく、
雨の量だったようです。

のぼやん、元気にしてるかなあ?  

Posted by ひげの塾長 at 18:54Comments(0)つぶやき&ぼやき

2015年11月25日

子供の詩・・・1

今日は小学校の教師をしている時の話です。

初任の学校で教員3年目に2年生を担任しました。1クラス10人のクラスでした。子供たちの表現力を伸ばそうと、子供たちに毎日日記を書いてもらっていました。10人ですから、一人一人に毎日返事を書いていました。

ある子供がこんな日記を書いてきました。

かさのさしかたをわすれたこと 
きょうかさのさしかたをわすれたので、いえまでぬれてかえりました。


この子は、新しい傘を買ってもらったらしく、その日は雨が降ってないにもかかわらず、学校に傘を持ってきていました。はからずも下校時に雨が降り始めたので、ほかの子は学校に備え付けの傘を借りて帰りましたが、その子は大喜びで「かさもってきとるよー。」といって元気よく外に駈け出して行きました。

そしてその次の日の日記が上の文章です。新しい傘はジャンプ傘ではありませんでした。その子はそれまでジャンプ傘しか使ったことがなく、そうでない傘の開き方を知らなかったのです。傘をもったまま家まで濡れて帰ったのだそうです。

なんとも微笑ましい話でしょう?

これは子供たちの日記の中で特に面白いものを集めて作った文集に収めてあります。時々眺めては当時のことを思い出し、一人ほくそえんでいます。

明日は、次の学校に行った時の話です。
  

Posted by ひげの塾長 at 18:51Comments(0)つぶやき&ぼやき

2015年11月24日

勉強に積極的で能力の高い子供のお母さん

小学校の教師を15年、塾講師を18年やってます。その間いろんな生徒に出会いました。彼らを見ていて気が付いたことがいくつかあります。その1つに「勉強に積極的で能力の高いお子さんのお母さんにはおしゃべりが多い」というのがあります。

以前も書きましたが、学力の基本は語彙力です。多くの言葉を知っている子供は、知識の吸収率が非常に高いです。多分おしゃべりのお母さんは自分の子供にもいっぱいいっぱい話しかけるのでしょうね。それで自然と語彙力が高くなるのでしょう。

こんな話があります。あるお母さんは生まれて間もない子供に、毎日毎日帰りの遅いお父さんへの愚痴をその子供に延々と聞かせていたそうです。ただ恨みがましいものでなく、あえて明るくユーモアたっぷりに愚痴を話していたそうです。その結果、その子供は、年齢の割にはたくさんの言葉を知っていて、勉強もとってもよくできるようになり東大に進学したのだそうです。

今もし小さいお子さんがいらっしゃる方は、できるだけ明るい話題をたくさんお子さんに話してあげてください。

話題提供(笑)
  

Posted by ひげの塾長 at 18:43Comments(0)幼児教育

2015年11月23日

ケーブルテレビの謎の歌手

ケーブルテレビのCMのバックとかいろんなところで流れているImopadという謎のグループの歌について、番組の中で「いったいどんな人が歌っているの?」という質問があったとか。

何を隠そう、それは私がやっているフォークデュオ「ざ・からいも」のことなんです。imopadというのは、自分たちが自主的に作っている2枚目のCDの名前で、ipadのガレージバンドというアプリで編集したのでそういう名前にしました。

僕たちのFBFの人がケーブルテレビに持ち込んでくれたそうで、きちんと名前を言わずCDだけ渡したみたいで、正しいグループ名が伝わっていなかったようです。

今年の6月くらいから使ってもらっているみたいですが、これまでに流れた曲は「駅がない」「僕らの天草高校」「グッバイ東京」「君のいる空といつものあの道と」など結構な数使ってもらっています。

ついでにお知らせですが、来週の日曜日(29日)の正午ごろから、RKKラジオ「柿木珈琲店」の「趣味趣味ミュージック」というコーナーで歌わせていただくことになっています。歌うのは2曲「駅がない」と新曲の「ざ・あまくさ」という曲です。「ざ・あまくさ」は本来は「じ・あまくさ」とするべきですが、なんとなくしっくりこないので「ざ・あまくさ」にしました。

僕たちのグループは結成39年、長いのだけが取り柄のフォークデュオグループです。あと4年後の還暦にどこぞでコンサートを開くのを目標に細々とやっています。今度のラジオ、ケーブルテレビ、よかったら聞いてみてください。

  

Posted by ひげの塾長 at 18:25Comments(2)つぶやき&ぼやき

2015年11月21日

久しぶりに

家内が東京に行ってしまった(息子のところ)ので、
久しぶりにつまみを作りました。

真空お櫃で、セロリの簡単漬け物。
味付けは塩と鶏ガラスープと大麻オイルです。
なかなか美味しいものが出来ました。

ちなみに「大麻オイル」は
とても体に良いそうです。
  

Posted by ひげの塾長 at 20:55Comments(0)つぶやき&ぼやき

2015年11月20日

今さらですが

2回にわたって、成績がかなり悪い生徒さんの勉強の仕方について書きました。市販されている書籍にしても、ネット上の情報にしても、勉強法というとある程度の成績以上の生徒を対象に書かれています。成績不振で本当に困っている生徒さんを対象に書かれているものは、皆無といっていいほどです。ですから私の知りうる限りの知識で、本当に成績が悪くて困っているという人を対象に書き進めてみようと思っています。

具体的な点数でいうと、100点満点で0点~20点くらいの成績の生徒さんが、40~60点くらいとれるところを狙っています。まずここまで学力を上げると、あとは本人の意思次第でもっと上に上がることも可能です。

前回前々回で、国語の勉強法について書きました。まずは慌てずこれにじっくり取り組んでほしいと思っています。中3にはちょっと遅いかもしれませんが、中2以下であればまだ十分間に合います。

  

Posted by ひげの塾長 at 18:32Comments(0)勉強法

2015年11月19日

最下位からの脱出・・・2

最下位からの脱出・・・1で書きました漢字と語句の勉強がだいたいできたら、次の段階に進みます。次は国語の文法と古文です。なぜ?思われる方も多いでしょう。しかし漢字が読めて文法、古文の基礎ができると、定期テストも実力テストも国語の点数が取れるようになってきます。

国語の好成績が続くと国語に自信が出てきます。そして「自分も勉強すればできるかも」と思えるようになってきます。こうなるとしめたものです。勉強に対する意欲がわいてきます。国語はすべての学習の基礎なので、一番最初に取り組むべき教科です。

以下に紹介するのは、市販されている問題集です。この問題集には、「解説」「要点の確認テスト」「基礎力テスト」「実践力テスト」「予想問題」が入っていますが、この中の実践力テストと予想問題はとりあえずしないでおきます。それ以外の基本問題をコンビニなどでコピーして繰り返しやってください。繰り返しやって全部満点とれるまでやると、国語が面白いようにわかってきます。


  

Posted by ひげの塾長 at 19:07Comments(0)勉強法

2015年11月18日

最下位からの脱出・・・1

決して勉強しないわけでなく、
自分なりに一所懸命勉強している。
なのに学校の成績がかなり悪い。
こんなお子さん、いらっしゃいますよね。

学校の学習は履修することが目的になっていますので、
決められたカリキュラムをこなさなければなりません。
ですから、たとえ授業の内容を理解していない生徒がいても、
個別に指導する時間はないし、
おいていかざるを得ないのが実情です。

知人の元教師という人の話ですが、
自分の担任のクラスの勉強の遅れた生徒に、
放課後個別指導をしたらその生徒たちの成績が上がったそうです。
そうすると褒められるどころか、ワンマンプレーをするなと、
同僚の先生たちから突き上げを食らったそうです。

つまり学校では勉強が遅れてしまったら、
よほど力があり周りを気にしない先生が担当でないと、
その時点で勉強はアウトです。

成績が極端に悪い生徒の特長は、
まず教科書の漢字がかなりの割合で読めません。
言葉の意味もよくわかっていません。
ですから、まずはここからやっていきます。
とりあえず中学校で習う漢字が読めて、
主な言葉の意味を理解する必要があります。

以下のような市販の問題集を購入し、
コンビニなどで1ページにつき5,6枚コピーして、
完全に覚えてしまうまで徹底的にやってみます。
その間はその他の教科の勉強はちょっとお休みします。



この本を1冊完璧に覚えてしまう頃、
「あれ?なんだか勉強が少しわかるようになってきたぞ。」
という感覚を覚えるはずです。
こうなったらしめたもの、次の段階に進みます。

<つづく>  

Posted by ひげの塾長 at 21:09Comments(0)勉強法

2015年11月17日

お詫び

ちょっとショックな出来事があり、
ブログを書けませんでした。

もう大丈夫です。
何とか立ち直りました。

また、今日から頑張ります。


明日からは、「最下位からの脱出」というテーマで
成績が全体の下位5%に入る人たちの勉強法について書いてみます。

市販のどんなにやさしい問題集でも、
下位5%の人には難しすぎます。

では各教科、どんな勉強をすればいいか、
教材を提示しながら書いてみたいと思います。

多分、どこにも書いてないし、
学校の先生も知らない方法です。
お楽しみに。

  

Posted by ひげの塾長 at 18:38Comments(0)その他