2018年11月08日

新学年に上がるまでに何をするべきか・・・小学1~5年

小学1年生から5年生までは、

その学年で勉強した内容を、しっかり定着させることが必要です。


国語では、教科書に出てくる漢字を、

すべて読み書きできるようにします。

また言葉も、わからない言葉があったら辞書で調べておきます。

さらに教科書の全文をすらすら読めるように読み込みます。

これを自分でやるのは、よほど意志が強くないとできません。

出来れば親御さんが協力して、確認してあげると良いでしょう。

また、教科書準拠の問題集も市販されていますので、

それを利用して復習するのも良いでしょう。


算数も、教科書に出てくる問題をすべてできるようにしておきます。

特に計算は確実に速くできるように訓練することが大切です。

学校で配布される計算の学習などを利用するのがベストです。

算数は、3年、5年が鬼門です。

前学年より格段に内容が難しくなります。

この学年は特に復習を頑張りましょう。


その他の教科は、特に復習する必要はありませんが、

理科や社会に興味が持てるように、

関連した本などを読むことをおすすめします。

学習漫画なども利用すると、流れがわかって良いかもしれません。


最後に、英語はまずネイティブの正しい発音を耳に入れるのが大切です。

市販のCD教材などを利用して、

正しい発音をたくさん聴くようにしたいものです。


もちろんこれを全部家庭でやるのは大変です。

そういう時は、塾を頼ってください。

TM学習センターでは、あらゆるレベルのお子さんに対応できるように、

色々な教材を準備して、お待ちしています。  

Posted by ひげの塾長 at 20:04Comments(0)勉強法