2018年10月23日

そんなに怖いか?

ある中学生、

今度のテストで飛躍的な躍進をしました。

どうやら学年で1,2位を争うほどになったみたいです。

これまでは10番前後の成績だったので、

本人もとても喜んでいます。


この生徒、一応私が担当しているのですが、

めったなことでは私には質問に来ません。

何か困った時には、

家内のところに質問に行っているみたいです。


昨日、彼はかなり難しい問題に取り組んでいて、

困ったので家内に質問に行ったそうです。

うちのデータベース教材は、

問題に難易度が付いていて、

3は基本、4,5は練習、6以上は応用問題で、

8が最高レベルです。

彼がやっていたのはレベル7、

難関校を受験する生徒が、

受験直前に取り組むレベルの問題です。


家内も、「即答できないので一旦預かるか、急ぐなら博樹先生(私)に聞いて来なさい。」

と言ったそうです。

すると彼は、

「自分で何とかします。」といって必死に取り組み、

しばらくして、「やったー。わかったー。」と

家内のところに報告にきたそうです。


学力をつけるには、

ぎりぎりまで自分で考えて、

出来るだけ自分の力で解答を導き出すのが一番です。

ですから、安易に先生に質問せずに、

自分でとにかくやってみようという姿勢が、

彼の学力を大いに伸ばしたと考えられます。

家内にはみんな質問しやすいらしく、

いつも生徒が群がっていますが、

私でなければ答えられない問題もあるので、

どうしてもわからない時は、私に質問するしかないのです。

聞きたい、でも怖い、でも聞きたい。

そう言う葛藤が生徒にはあるみたいです。


ちなみにうちの卒業生で、

国公立の医学部に行った生徒も、

京都大学に行った生徒も、

うちの塾にいたときには、

私には数えるほどしか質問に来ませんでした。

ぎりぎりまで自分で考え、

最後の手段で私に質問する。

そう言った生徒が、最も成績を上げているのは、

間違いのない事実です。

だからと言って遠慮せず、

いつでも質問に来なさい。

と言ってるんですが、

今日もまだ誰も質問にはきません(笑)


同じカテゴリー(学習塾情報)の記事画像
安心してください。履いてます。もとい、空いてます。
神村学園通信部を併設します
うれしい悲鳴
英語が変わる
Lepton研修
先行予約受付
同じカテゴリー(学習塾情報)の記事
 気長に待ちます (2018-11-13 17:47)
 新学年に上がるまでに何をするべきか・・・年長児その2 (2018-11-01 19:50)
 新学年に上がるまでに何をするべきか・・・年長児その1 (2018-10-31 21:35)
 英語の発音 (2018-10-18 20:54)
 県外難関私立中高一貫校訪問 (2018-10-17 21:09)
 継続は力なり (2018-09-24 19:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。