2018年03月29日

学校は学校、塾は塾。

学校を否定するつもりはありません。

私も元教師でしたし、その当時の生徒とは今でも交流があります。

一言で言うと、学校は総合教育の場。一人の人間を、総合的に育てるところです。

それに対して塾は、勉強をするところです。

勉強の仕方を、身に付ける場所なのです。


勉強は、一人でやるべきものと、

集団でしかできないものがあります。

例えば、体育や音楽は一人でやるより大勢でやった方がより効果的ですが、

算数などは、絶対に一人でやった方が効率的です。


よく学校の算数が分からなくなりましたと言っておいでになる生徒さんがいます。

そういう生徒さんでも、週2時間の指導で、

ものの3か月もあれば充分遅れを取り戻します。

そしてそのあとは、学校のはるか先を勉強するようになります。

学校は、集団で決まったカリキュラムで勉強するしかないので、

全く個人のペーストとはかけ離れてしまいます。

その点塾は、全く個人のペースで自由に進むことも戻ることもできるのです。


私の塾に、週に5日、1日3~6時間勉強する小学生がいます。

それも低学年や幼稚園のときから通ってきてくれています。

そういう生徒さんは、普通に小学校を卒業するころには、

中学校で勉強する全教科を一通り勉強してしまいます。

当然中学校に上がると、すごい成績を収めることができます。


人間を総合的に教育するには、学校は無くてはならない存在です。

しかしながら、自分のペースで勉強し、才能を開花させるには、

勉強に特化した塾を利用するのが得策です。

学校と塾の両方を知っている私が言うので、間違いないです。


同じカテゴリー(つぶやき&ぼやき)の記事画像
幸せを感じるとき
天草高校合同同窓会
部活動だと思って
チャレラン
木もれ日
夕焼け空が赤いのは
同じカテゴリー(つぶやき&ぼやき)の記事
 数学の演奏会 (2018-06-04 20:38)
 ディジュリドゥ健康法 (2018-05-16 21:23)
 部活動の代わりに塾 (2018-05-08 19:56)
 幸せを感じるとき (2018-03-17 14:11)
 子供は親を選んで生まれてくる (2017-12-25 21:00)
 ぎっくり腰 (2017-12-08 17:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。