2020年02月18日

小さな恋のメロディー

私たちの年代の人には、

大変懐かしい映画の題名です。

主題歌 Melody Fair をビージーズが歌ってました。

Who is the girl with the crying face

で始まる歌詞は、今でも結構覚えています。


小学校低学年といえど、

異性に対して好意を抱くというのは

ごく自然なことだと思っています。

うちの生徒さん方も例外ではありません。

ある女の子が、ある男の子に

好意を抱いているのに私たちは気づきました。


その男の子というのが、

とても几帳面なお子さんで、

短くなった鉛筆を、

最後まできっちり使おうとしていました。

数センチしかないような鉛筆を使って、

一生懸命勉強している姿を見て、

その子に好意を持っているらしい女の子が、

こう声をかけてきました。

「鉛筆短いね。私、長い鉛筆たくさん持ってるから1本あげようか。」


その女の子は、男の子が、

鉛筆を持っていないと思ったのでしょう。

ところが、男の子が答えます。

「いいや、鉛筆は僕もたくさん持ってるんだよ。ほら。」

と言って筆箱の中から長い鉛筆を取り出して見せていました。

すると、女の子は少し考えてから、こう言いました。

「わかった。〇〇君、ケチなんだね。」

この様子を見ていた家内は

思わず吹き出しそうになったそうです。

小さいお子さんって、素直でかわいいですね。


  

Posted by ひげの塾長 at 20:37Comments(1)学習塾情報

2020年02月17日

苦手なことの方が教えるのが上手いということもある。

私はもともと理系の人間で、

数学や理科は得意でしたが、

社会は大の苦手でした。

特に地理はちんぷんかんぷん。

今でもあまり好きな分野ではありません。


ところが、教員をしているとき、

教育委員会の学校訪問があり、

誰も社会の研究授業をする人がいなかったので、

仕方なく私がすることになりました。

おまけに苦手な地理の分野です。


しかし、苦手だからこそ生徒の気持ちがよくわかるという利点もあります。

ふたを開ければ、指導主事の先生方から絶賛される

授業になってしまいました(笑)

また以前もちょっと紹介しましたが、

絵画指導で、明示図書の学習雑誌に連載をしていたことがあります。

私の指導した絵が、すごい賞をとりまくって、

ちょっとその分野では、有名になってしまったことがあります。


息子が大学に通っているとき、私の原稿が載った雑誌を

息子の友達が見つけて、結構な騒動になったと聞いています。

私の名前が博樹、息子は博士、

おまけに原稿の住所が熊本の天草市ということでばれたみたいです。


ところが、私はあまり絵がうまくありません。

どちらかというとへたくそです。

私は自分では絵は描けませんでしたが、

絵の指導法を一所懸命勉強しました。

おかげで私の指導する子供には、

上手に絵を描かせることができるようになりました。


何が言いたいかというと、

私は高校の時、英語の勉強をあまりまじめにしていなくて、

はっきり言って英語はあまり得意ではありません。

しかし、英語の指導法については、

それなりに勉強しています。

その勉強したことを生かして作ったのか、

写真のCD教材です。

これで塾生全員英語の評定5を狙います。

TM学習センターの新学期は、

いよいよ3月スタートします。


  

Posted by ひげの塾長 at 21:44Comments(0)学習塾情報

2020年02月14日

お笑いの芸人さんが、いろいろな才能を発揮する理由についての学習指導者の観点からの考察

なにやら長ったらしいタイトルになりましたが、

昔から、もともとお笑いの芸人さんには、

のちに俳優になったり芸術家になったり、

作家になったり政治家になったりと、

いろいろな才能を発揮する人が多いように思います。

記憶にあたらしいところでは、ビートたけしさんや鶴太郎さん、

ちょっと前では、いかり屋長介さん谷啓さんなどなど、

枚挙に暇がありません。

同じ芸能人である歌手の人たちを比べると、

意外な才能を発揮させる人の多さは、比べるべくもありません。


何故、お笑い芸人の人達は、いろんな才能の花を咲かすのか。

その疑問について、学習指導者の立場から考察しますと、

ひとえに、文章の暗唱ではないかと推測します。

漫才、落語、コント、などなど基本はすべてセリフを暗記します。

毎日毎日、膨大な量の文章を暗記しています。

おそらく一般の俳優さんに比べても、

セリフの暗記量はかなり多いように思います。

そしてこのセリフの暗記が、お笑いの枠にとどまらず、

様々な分野で、いろいろな才能を発揮させる大きな要因になっていると

これまで、たくさんの生徒に学習指導をしてきた観点から、

そう推測ができます。


もし、なんとなく勉強が苦手だなあと思っている人がいたら、

是非、暗唱に挑戦していただきたいと思います。

興味があるものでもいいのですが、

できれば名文と呼ばれる古典の文章や、

名作と呼ばれている文学の一節などを暗唱してもらえれば、

より効果があるのではないかと思われます。


ちなみにうちの塾で、小学校のうちに百人一首を全首覚えてしまった生徒が、

これまでに数人いますが、

例外なく、みな難関国立大学に進学しています。


今TM学習センターでは、希望する生徒さんには、

百人一首の暗唱に挑戦してもらっていますが、

すでに覚えてしまった生徒さんも何人かいるようです。

将来がとても楽しみです。

<百人一首の達成票の一部>




  

Posted by ひげの塾長 at 20:33Comments(0)つぶやき&ぼやき

2020年02月11日

もう一度。何故中学生の募集をやめたかについて

小学校の教師を辞めて塾をはじめて丸22年がたとうとしています。

これだけ長いことやってきたからこそ、

私どもにできることとできないことが分かってきました。

私どもが得意とするのは、

勉強する意欲のある子供に勉強のやり方を教えて、

その子の持っている能力を極限まで伸ばすということです。


ですから、勉強する意欲に乏しいお子さんにつきましては、

なかなか伸ばしてあげることは、あまり得意ではありません。

今までには中学校3年生で、受験を間近に控え、

切羽詰まっておいでになるお子さんもいらっしゃいました。

こういうお子さんは、意外とぎりぎりに追い込まれていますので、

必死で勉強して成績が激上がりする場合もよくありました。

しかし、保護者の方に急き立てられて、

いやいやながらおいでになるお子さんもいらっしゃいます。

そういうお子さんは、残念ながらなかなか成績はあがりません。


一番多いパターンは、

中学校に入ったので、それをきっかけに

入塾されるお子さんです。

入塾理由は様々ですが、

はっきり言って、意欲があるお子さんが半分、

半分は、なんとなく入ってこられます。

難しいのは、最初は意欲があったのに、

途中で意欲をなくしてしまうお子さんもいれば、

最初はいやいや通っているうちに、

だんだんやる気になって頑張るお子さんも結構います。

最近、大逆転で難関校に合格した生徒さんなんかも、

入塾当初は、さっぱりやる気がなく、

1時間ちょっとで帰ってしまうようなお子さんでした。

それがいつのまにか、塾で一番やる気を出し、

どんどん成績を上げて、入塾当初は考えもしなかった

難関校に進学しました。今もとても頑張っていて、

その学校でも上位に上がってきています。


このように、中学からお預かりするお子さんは、

指導するのがとても難しい実態があります。

ところが、小学生、特に低学年からお預かりすることができれば、

焦らず指導することによって、

たいていのお子さんの場合、

やる気が出る時期まで待つことができるのです。

数か月、または数年、

その子のやる気が出てくるのを待って、

勉強のやり方を教えると、

周りが驚くほどの実力を身に付けてしまうことが少なくありません。

まあ、中には待っても待ってもなかなかやる気が出てこないお子さんも

まれにはいますが、

それでも長年かけて身に付けてきた学習の習慣は、

受験に必要な最低限度の勉強は、

続けることができるようにはなっています。

一番良い例がうちの息子で、

はっきり言って、高校を卒業するまでなかなかやる気が出ませんでしたが、

いざ、目標が定まり、勉強をしようと思ったときに、

基本的な学力は身についていましたので、

何とか難関国立大学に合格することができました。


以上の理由から、どうしても小学校のうちから勉強を指導したいということで、

中学校の募集はしないということになった次第です。


今年は6年生が10名以上在籍してくれています。

その大半が、そのままうちの塾に残ってくれます。

中には中学受験をして合格をしたにもかかわらず、

それをけって残ってくれる生徒もいます。

そういうお子さんも、ここ数年増えてきたように思います。


今年度は息子に中学生を任せていますが、

来年度からまた私が担当する予定です。

6年生の中にも、もう中学校の勉強を始めているお子さんもいます。

すごいお子さんは、すでに中学校の勉強の大半の予習が終わり、

多分、今受験しても、

天草の高校なら、どこでも合格するくらいの力はついている人もいます。


TM学習センターでは、来年度より新年度を3月にスタートします。

あと半月。

一気にスタートダッシュをするべく、私も気合入りまくりです。




  

Posted by ひげの塾長 at 21:44Comments(0)つぶやき&ぼやき

2020年01月14日

TM学習センターシニア教室開講のお知らせ

TM学習センターでは、2020年4月に、

シニアを対象としたシニア学習教室の開講を予定しています。

現在、アマビズさんに相談をしながらその準備を進めています。

もともと私が塾名に「TM学習センター」と名付けたのは、

将来RKK学園のようなカルチャーセンターをやりたいと考えてのことでした。

その夢を、開業23年目でやっと実現させようとしています。


コンセプトは、「だれでも生徒だれでも先生」です。

現在、いろんな習い事がたくさん存在しています。

この天草にも、ヨガやダンス、ウクレレ、ギターなど、

新しい教室が結構増えてきています。

それでもなかなか敷居をまたぐ決心するまでには、

かなり高いハードルがあるようです。

そんな方に、まずはTM学習センターが開催する、

単発の講座に参加していただき、

最初のハードルを越えていただければと思っています。


また中には、自分のこれまで身に着けてきた技術や技能など、

人に教えてみたいと思っている方も少なくないかと思われます。

私自身もせっかく取った資格を生かしたいと常々思っていました。

そんな方々に、気軽に教室を開いていただける環境を準備したいと思っています。


現在、アマビズさんにご相談し、参加申し込みができるHPを計画中です。

それができましたら、またここでご案内いたします。

とりあえずプレ講座として、

私が教師時代に取り組んでいて、

子供にも大人気だった、

「絵手紙風絵画教室」を来月中に開きたいと考えています。

もし興味があられる方は、私のブログか

フェイスブックページhttps://www.facebook.com/tmstudycenter/

紹介させていただくつもりですのでご覧ください。



※天草シニア教室(仮称)の概要
<内容>
・脳力トレーニングや大人の算数教室等の学習活動
・音楽、工芸、創作などの芸術活動
・ヨガ、リンパケアなどの健康活動 etc
<参加対象>
・何かやりたいけど、なんとなく敷居が高い。気軽に始められるものはないかと思っているシニアの方。
・今まで身に着けた技術や技能を、人に教えてみたいけど、教室を開くにはハードルが高いなあと思っている方。

気軽に教わりたい、教えたい方のためのカルチャーセンターを目指しています。  

Posted by ひげの塾長 at 20:57Comments(0)学習塾情報

2020年01月07日

本年もよろしくお願いします。

昨年末、親父が亡くなったので新年のあいさつは控えます。

ともあれ、新しい年が始まったので新年の抱負などを書いてみます。

昨年は、中学生の募集を中止するという思い切った策をとりましたが、

これまでの講師3人制から2人制に移行するにあたっては、

指導の質を維持するのに、

ちょうどよい人数になったと思っています。

ただ、今年度は息子が手伝ってくれていますので、

私はかなり楽をさせてもらいました。


さて、来年度からの豊富ですが、

1つは、中学受験に力を入れていきたいと思っています。

中学受験コースを新設し、受験に特化した指導をしていきます。

もちろん受験をしない人も、地元中学進学を念頭に入れ、

中学校で大活躍ができるよう力を付けます。


また残ってくれた中学生には、

基礎基本をしっかり身につけさせつつ、

志望校に合格できるように、

効果的な学習方法を指導したいと思っています。


そしてもう一つ、

私のライフワークにしたいと思っている

「シニア教室」を実現させたいです。

脳活性化トレーニングをはじめ、健康維持管理ケアや

絵手紙などの美術活動、

ギター、ウクレレ、オカリナなどの音楽活動などなど、

シニアの方が生きがいをもって生活するための

お手伝いができればと思っています。


近々「シニア教室」をプレオープンします。

このブログやfacebook等でお知らせしますので、

ご期待ください。



  

Posted by ひげの塾長 at 20:37Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年12月02日

小学校に上がる前、3ヶ月でしておくこと

早いもので、もう12月になってしまいました。

現在幼稚園、保育園の年長さんも、

あと4か月もすれば、立派な小学生です。

初めてのお子さんを小学校にあげられる保護者の方は、

不安でいっぱいなのではないかと推測します。


ご存知の方も多いと思いますが、

私は塾を始める前は、小学校の教師をやっておりました。

その時の経験を踏まえて、

小学校に上がる前には、何を勉強しておけばよいか、

お話したいと思います。


まずは何はともあれ、ある程度の文字が読めたほうが良いということです。

学校では、全く始めて文字を習うことを前提とはしておりますが、

実際は、幼稚園や保育園、またはご家庭などで、

ひらがなカタカナくらいは読めるように指導してあるお子さんがほとんどです。

ですから、文字が全く読めない状況で小学校に上がりますと、

ほかの生徒に後れを取った感じになります。

カナ文字は当然、自分の名前と簡単な漢字の読み書きくらいは、

できたほうが良いと思います。

おすすめの教材は、くもんの文字カードです。

ひらがなカタカナはもちろん、

漢字のシリーズもいくつか出ていたと思います。

これを使ってゲームのような感じで、

保護者の方と一緒に勉強されると、

良好な親子関係の構築にも役立ちます。


つぎはやっぱり計算です。

100くらいまで数えることと、

一桁の足し算くらいは、できたほうがよいでしょう。

また、あとで繰り上がり・繰り下がりの計算をするときに必要になる、

10の補数を言えるようになっておきましょう。

「あといくつで10になるでしょう。」

という問題で、お子さんとの会話の中に入れると、

自然に計算力がついてきます。

おすすめの教具は、100玉そろばんです。

普通のそろばんではなく、

10個ずつ10列になっているそろばんです。

5つずつ色を違えてあります。

玉をはじきながら、数を数えますと、

数量を視覚的に把握できるようになります。


最後にとっておきの方法ですが、

テレビのあるリビングなどに、地図帳や植物図鑑など、

何か気になるものが出てきたときに、

すぐに調べることができるものを置いておきましょう。

将来的に、理科や社会の成績を左右するのは、

その教科に対する興味関心です。

今は、スマホなど手軽に調べられるものがありますが、

経験上、子供にとっては紙媒体のほうが良いように思います。


そして、もし忙しくて、なかなか子供の勉強を、

見てあげる時間がないとおっしゃrふところは、

是非TM学習センターにお問い合わさえください。

幼稚園の人や小学校低学年の人も、

たくさんおいで頂いています。

良かったら、お仲間にお入りになりませんか?

怖い怖いと評判の私ですが、

最近はイラストのように、

たいていはニコニコしてますよ。


  

Posted by ひげの塾長 at 19:39Comments(0)勉強法

2019年10月22日

意外と知られていない最も効果的な勉強法

私が中学受験生を担当するとき、

一番最後にやる勉強法が、

「勉強したところをほかの人に説明させる」勉強法です。

私が聞き役になって、

前の日に勉強した内容を説明させます。

これが学力を定着させるのには、

最も効果的な勉強法になります。


小さなお子さんの場合も、

何かを学んだら、

それをすぐお母さんに説明させる

という勉強方法をやっていると、

そのうち、架空の人に向かって説明できるようになり、

結果一人で勉強しても学習内容の定着率が高くなります。


今日も中学受験生に、

昨日学習した算数の内容を

私に説明してもらっています。

昨日泣きながら勉強したところを、

今日は流暢に説明しています。

受験まであと少し、

最後の追い込みです。


  

Posted by ひげの塾長 at 20:37Comments(0)勉強法

2019年10月17日

若返りの秘訣

最近、なんとなく頭がさえてきたような感じがしています。

学習に関してもそうですが、

いろんなものを思い出す速さが速くなりました。

例えば、家内とテレビを見てて、

「この女優さん、どっかで見ましたよね。」

と言われて、

以前なら、

「だよねえ。どっかで見たんだけどなあ。」

なんて答えることが多かったのですが、

最近は、意外とすんなり思い出します。


考えられる理由はただ一つ。

毎週、超難関中学の過去問を自分で解いてみていることだと思います。

中学受験の問題、特に算数や理科は、

高校受験のそれとは違い、

方程式に当てはめて解くのではなく、

パズルを解くように考えなえればならない問題がほとんどです。

毎週毎週、1年分ずつの問題を、

生徒に教える前に解いていますが、

多分これが頭の若返りに役に立っているのだと思われます。


そこで、以前から考えています、

「大人の学習教室」をやりたいと考えています。

最近、なんか頭がすっきりしない、

記憶力が衰えてきたなど、

脳の衰えが気になる方は、

是非参加していただきたいと思っています。

具体的な内容はまだ決めていませんが、

頭をひねるような問題や、

簡単な計算や音読などで、

思考力の衰えを防ぐ活動をしたいと思っています。

とりあえず始めてみたいと思っていますが、

こんなことをやってほしいとか、

こんな授業を受けてみたいなど、

ご希望をお聞かせいただきたいのです。

tmtanaka1959@gmail.com まで

メールをいただけるとありがたいです。

余談ですが、頭だけでなく顔の表情も

少し若返ってきたように感じています。

あくまでも私がそう思っているだけで、

誰も

「最近若くなったね。」

とは言ってくれてません(笑)


構想を練って、来春4月くらいに始められたらなと思っています。

















  

Posted by ひげの塾長 at 21:35Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年10月15日

髪を切ってきた女の子

塾生の女の子が、ある日髪を切ってきました。

背中の中ほどまで伸ばしていた髪を、

バッサリ切ってきました。

かなりのショートヘアーになりました。


私はその理由を聞いて、愕然としました。

その子は、ある日テレビで、

とても厳しい状況の中で生きている人の話を見て、

とても悲しい気持ちになったそうです。

そして自分に何かできることはないか、

真剣に考えたそうです。

まだ小学生の自分には、

ボランティアに出かける時間も手段もないし、

寄付するほどのお金も持っていない。

それでも何かできないかと一生懸命考え、

「そうだ、髪を伸ばして、病気で髪を失った人たちのために、

それを寄付しよう。」

と決心をしたのだそうです。

その子がうちの塾に来た時には、

すでに結構な長さの髪をしていましたから、

かなり小さいときに、その決心をしたのだということが想像できます。


先日、寄付できる十分な長さになった髪の毛を、

すっぱり切って、

最初に思った通りに、

そういう団体に寄付をしてきたのだそうです。


うちは学習塾ですから、

生徒に勉強を教えるのが仕事ですが、

私はその子に、もっと大切なことを学んだ気がします。

そんな小さいときから、

そういう心境になることができるお子さんが育ったご家庭は、

さぞ温かいご家庭であるのだろうと想像できます。


勉強ができることは、

子供たちにとって、とても大切なことだと思っています。

それは将来の幸せを、自分の手でつかみ取るための

力になると思うからです。

しかしながら、人間として最も大切な、

他人を思いやる気持ちを持ったこの生徒さんは、

きっと幸せな人生をおくるのだろうなと、

確信に似た気持ちを持ちました。

※写真と本文は関係ありません。

  

Posted by ひげの塾長 at 21:28Comments(1)学習塾情報

2019年10月03日

カントリーソング

大学生の時に、フォークソング研究会に入ってました。

大学2年生のとき1年間だけ、ブルーグラスバンドに所属していました。

その時、いろんなカントリーの歌を歌っていました。


カントリーの曲のすべてがそうではありませんが、

とてもシンプルな構成になっていて、

古い曲の大半は、スリーコードで弾けます。

カーペンターズで有名なジャンバラヤという曲などは、

たった2つのコードで弾けてしまいます。


この頃持病のせいで、指の動きが悪くなり、

ギターが満足に弾けなくなりました。

そこでいろいろ探した挙句に見つけたものが、

コードハープという楽器です。

ボタンを1つ押さえるだけでコードが弾けてしまう画期的な楽器です。

結構古い楽器で、昔のカントリーの動画を見ると時々登場します。

この楽器、もともとカントリーでよく使われていただけあって、

スリーコードで歌える曲にぴったりです。


最近、またライブの虫がうずうずしてきています。

もうちょっとコードハープで弾けるレパートリーを増やして、

どこぞに歌いに出かけようと思っています。


  

Posted by ひげの塾長 at 20:25Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年10月02日

中学生のコース

今年度から、中学生の新規入塾生をとっておりませんので、

中学生の生徒数は、例年の半分以下です。

現在12名の中学生がいます。

以前のように1学年10人以上いて、

バタバタしていたころに比べると、

ゆったりと落ち着いて勉強ができています。


これからも中学生は10人前後の人数で推移していくと思われますが、

少ないだけに、きめ細かな指導を心がけたいと思っています。

今年も熊本市の公立トップ校を狙う生徒や、

県外有名私立高校を受験する生徒もいます。

もちろん地元の天草高校や天草工業高校を受験する生徒もいます。

それぞれの希望が叶うように、スタッフ一同頑張ります。



今日の中学生部屋の様子です。

  

Posted by ひげの塾長 at 19:29Comments(0)学習塾情報

2019年10月01日

イラストが変わりました

これまで15年以上使い続けてきましたイラストを

この度新しくしました。

前回のイラストは、広告会社に書いてもらったものですが、

新しいイラストは、天草在住のイラストレーター

横田季幸さんに描いていただきました。


FBで公開したところ、

皆さんからとても似てると言われました。

また、いろんな方々に

人柄が出ているとおっしゃっていただきましたが、

確かに若いころに比べると、

最近丸くなったなあと、自分でも思います。


そんな私もあと2か月で還暦です。

同級生は、今年で定年退職ですが、

私はまだまだ働きます。

そして天草から世界に羽ばたく人材を

どんどん育てていきたいと思っています。


  

Posted by ひげの塾長 at 20:24Comments(1)学習塾情報

2019年09月03日

中学受験対策中

今年も3名の中学受験生がいます。

私と家内でその対策に一所懸命です。

日頃はほかの生徒さんもいるので、

家内は土曜日に中学受験生だけに、

無料勉強会を開いています。


私は超難関中学の過去問(算数と理科)を、

毎日必死で解いています。

私の役目は2つ。

1つは解答可能な問題の解答方法を教えること。

もう1つは、解答不可の問題を選別することです。

解答不可?

そうなんです。超難関中学の受験問題には、

解いてはいけない問題があるんです。

つまり、あまりに難しくて、その問題に時間を割くと、

他の問題が解けなくなってしまう問題があるのです。

多分学校は、そういう問題を選別する能力も

期待していると思われます。


だいたいそういう学校の合格最低点は、

6割を切ることが多いようです。

つまり、全体の4割は間違えてよいのです。

私がそういう学校の過去問に当たってみますと、

全体の2割程度は、

解けなくても良い、超難問になっているように感じます。

それを選別する能力も、

受験生には付けてあげなければなりません。


還暦講師、老体にムチ打って頑張ってます。


  

Posted by ひげの塾長 at 21:13Comments(0)受験情報

2019年07月29日

夏休みの勉強法

夏休みを境に、

急激に成績が上がる人がいます。

これは夏休みの性質を利用した勉強が上手くできた人です。

夏休みの性質、言うに及ばず学校が休みという事です。

つまり1日の全部の時間を、

自分の思うとおりに使う事が出来るという事です。


学校があるときは、6時間程度は授業です。

授業は、全く自分のレベルにあっていない場合もあり、

中には1時間、何をやっているのか、

全く意味が分からなかったという人もいるでしょう。

反対に、わかりきったことを、

やらなければならないこともあるでしょう。


決まったカリキュラムで、全く能力も学力も違う生徒30人前後を相手に、

授業として成立させるには、

致し方ないことだと思います。

ですから、学校が休みの長期休業時ほど、

自分に適した勉強が出来る期間はないと思います。

この期間を活用しない手はありません。

では具体的に何をやるかと言うと、

ズバリ復習です。

これまでに学校で学んだことを、

しっかり定着させることが大切です。

小学生ならば、算数に置いては、

それまでに習った計算や図形の問題など、

教科書を最初からやり直すとか、

教科書に準拠した問題集を、

分からない問題がなくなるまで、

徹底的にやるとかです。

国語に関しては、漢字の読み書きと、

それまでに学習した単元の文章を、

暗記するほど繰り返し音読するとか、

基礎基本を徹底的にやることをお薦めします。


中学生ならこれに加えて、

1学期に学習した英語の単元の文章を、

徹底的に音読することです。

読んだ本によると、

同じ文章を50回読めば、

英語の力がかなりアップするとありました。

また英単語集なども、

覚えようとせずに、

繰り返し読むだけでも、

かなりの英語力が付くのだそうです。

是非やってみてください。


結論、夏休みの間に、

これまでの復習をしっかりやり、

2学期からの学習に備えるということです。


ちなみにTM学習センターの中学受験生は、

夏休み期間中、

1日10時間以上の勉強を勧めています。

中には、午前中3時間、午後から塾にくるまでに3時間、

塾に来てから6時間、

何と1日12時間勉強を続けている生徒もいます。

夏休み明けには、すごい力が付いていることは間違いありません。

私も老骨にムチ打ち、

必死で勉強している生徒さんたちを応援しています。

あと1ヶ月、頑張ります。  

Posted by ひげの塾長 at 18:44Comments(0)勉強法

2019年07月10日

子育てを終えて

今春、二人の子供が同時に大学を卒業し、

一応の子育ては終了しました。

私は子供が生まれたときに、

最初の女の子の時は、

自分のお嫁さんにしたくなるよな子に育てようと決めました。

次に息子が生まれたときには、

自分の親友になれるように育てようと思いました。


あれから二十有余年。

それぞれに立派に成長してくれました。

上の子は現在研修医として、

超忙しい日々を送っています。

下の子は、家業を手伝いながら、

目指す高校教師に向かって、

しっかり努力をしているところです。


さて、娘の方は私がお嫁さんにしたくなるような子に育ったかと言うと、

はっきり言って、それ以上に育ってしまいました。


息子の方はどうかと言うと、

これでなかなか男気があり、

多分同学年くらいだったら、

良い友達になれるのではないかと思います。

ただ、息子はこんなことを言います。

「お父さんとは、気は合うけど趣味は合わないな。」

そう言って、私のバイクには絶対乗ろうとしません(笑)  

Posted by ひげの塾長 at 20:33Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年07月02日

大人の算数教室 in ZOOM

以前から、やりたいと思っていた

「大人の算数教室」を始めようと思っています。


以前募集した時は、参加希望がお一人だけで、

結局開催が出来なくなってしまいました。


そこでだれでも気軽に参加していただくために、

体験授業をネットを使ってやることにしました。

ZOOMというネットミーティングシステムを使用します。

まだZOOMに登録していない方は、

PCならここから( https://zoom.us/jp-jp/meetings.html )

登録してください。

スマホ、タブレットの人は、

ZOOMで検索して、ZOOM cloud meeting というアプリを

ダウンロードしてください。

登録は無料です。有料のグレイドアップもありますが、

普通に使うのであれば、無料版で十分です。

複数でネット会議が出来ますので、

質問や意見を言いながら授業に参加することができます。


数学になれた人にとって、

算数、特に中学受験算数はとてもよい頭の体操になります。

実施日時は、今度の金曜日7月5日の午後10時30分から、

30分程度の予定で行います。

参加希望の方は、ここから( https://www.facebook.com/events/494079301343845/ )

参加ボタンを押していただくか、

tmtanaka1959@gmail.com までメールでお申し込みください。

参加費は無料です。

最近どうも物忘れがひどいとか、

頭の回転が鈍ってきたような気がする方は、

是非ご参加ください。お待ちしています。  

Posted by ひげの塾長 at 21:07Comments(0)学習塾情報

2019年06月28日

黒電話

うちに初めて電話がついたのは、

私が小学校2年生の時、今から50年以上前のことでした。

当時は局番が1ケタで、本渡は市外局番が09692でした。

ですから、覚える数字は5ケタ。

最初の1ケタは、どこも同じでしたから、

下の4ケタを覚えればよかったのです。


まだプッシュホンが出る前だったので、

ダイヤルを回して電話をかけていました。

一番遠い0なんか、回して戻るまでに3秒ほどかかりました。

5つの数字を回し終えるのに、軽く10秒はかかったものでした。


今のように登録機能はなかったので、

電話機の横には書き込み式の電話帳があって、

学校や病院、良くかけるところの番号は、

電話帳に書き込んでいた記憶があります。

最近の子供は、うちに電話をかけるのに、

大抵お母さんの携帯にかけているようで、

うちの固定電話の子機からかけるときは、

長い11ケタの番号を器用に打ち込んでいました。


以前懐かしさのあまり、

オークションで黒電話を落札しました。

インテリアにしようと思っていたんですが、

電話機を替えるときにNTTの人に、

黒電話は使えないんですよね?

って尋ねたら、発信専用なら使えますよ。

とおっしゃったので、

教室に設置してもらいました。

たまに誰か珍しがってかけることもありましたが、

まあほとんど使われることはありませんでした。


ところが訳あって、固定電話の子機を私の部屋におくことになりました。

すると急にみんな教室に置いてある黒電話を使い始めました。

きっと私に声をかけるのが怖いのでしょう(笑)

最初はなかなかうまくかけられなかったんですが、

慣れるとだんだん上手にかけることができるようになりました。


今ではダイヤルを回すことが面白くなったみたいで、

お迎えの電話等、にこにこしながら黒電話を使っています。


電気を使わない黒電話は、

何やら停電の時でも使えるそうです。

しかし、ここ10年くらい、うちは停電にはなっていません。

停電時に黒電話が使えるか、

試してみたい私は、

30分ほど停電になってくれないかなあと思う今日この頃です。




  

Posted by ひげの塾長 at 20:41Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年06月25日

息子に褒められて

息子は、東京学芸大学を今春卒業し、

現在、高校教師を目指して勉強中です。

専門教科は英語で、

今、来月の採用試験に向けて英語の勉強を必死てやっています。


その息子が、

「お父さんの本棚にあるその問題集貸してください。」

と言ってきました。

その本は以前英語の指導に役に立つかもと思って

買ったものですが、ちょっと中学生には難しすぎて、

放置していた本でした。

家内の話によると、

息子がこう言っていたそうです。

「お父さんが何故あの問題集を持っていたのか、不思議だ。」

「あれは英語がわかった人でないと使わないものだ。」

「お父さんの参考書・問題集を選ぶセンスはすごい。」


まあ、お世辞も半分あると思いますが、

褒められると素直にうれしいものです。


今、中学生4名に試験的に英語の指導を開始しました。

私のアイデアで、息子に作らせた教材を使っています。

1年かけて、指導法と教材を完成させる予定です。

出来上がれば画期的な中学生対象の英語指導法になるはずです。

来年4月から、TM中学英語教室は正式スタートします。  

Posted by ひげの塾長 at 20:38Comments(2)つぶやき&ぼやき

2019年06月10日

高校と塾の情報交換会

昨夜、熊本市内の某高校の先生方との情報交換会に出席してきました。

こういう会には、県内4つの私立高校のに出席したことがあります。

表の目的は、先生方との懇親会ですが、

本当の目的は、実は別のところにあります。

1つは他の塾の先生方から、熊本市内の学校の様子を聞くこと、

そしてもう一つが、参加した学校の雰囲気を感じることです。

これまで10年以上こういう会に参加してきましたが、

実際に会って話をしてみなければ、わからないことが多々あります。


昨夜参加した学校は、これまではスポーツで有名な学校でしたが、

数年前に特進コースを設置し、

最近では、国公立大学への合格者も増えてきています。

少子高齢化の中、定員を上回る入学者が数年続いているようです。


私の横に座られた先生もおっしゃっていましたが、

とても雰囲気の良い学校で、職員間の仲も良く、

退学する生徒の割合も、他の私立高校と比べるとかなり低いという事でした。

私が見ていて感心したのは、

入りたての平の先生が、管理職の先生と冗談を言い合ったり、

事務職の方と教職の方が、

全く違和感なく楽しそうに会話をされていることは、

他の学校ではあまり見られない光景でした。


この学校、これから伸びるかもしれない。と思いました。

これまで20年以上熊本県内のいろんな学校を見てきましたが、

3年周期くらいで、勢いのある学校、なにか元気のない学校が、

入れ替わり立ち代わりしているように思います。

その時々の状況を見極め、進路相談があった時は、

その生徒にあった高校を提案できるように、

今後とも情報収集に励みたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 18:49Comments(0)受験情報