2015年12月14日

算数は難しい・・・3の解説

結構、算数の問題を楽しんでいただいている方がたくさんいらっしゃって、うれしい限りです。さっそく前回の問題の解説をします。

まず割る数が3ケタで、3段目の数の100の位が1なので、割る数の100の位が1であることがわかります。さらに7段目が534で余りが0になっているので6段目も534、一桁の数をかけて、1□□が534になるためには、3か4をかけたはず。しかし534は4では割り切れないので、3ということで、割る数が534÷3で178となります。

あとはわかるところを埋めていけばばっちりです。

明日は図形の問題を出してみたいと思っています。


ところで、昨日は相棒の知人のお誘いで、山鹿八千代座で歌ってまいりました。江戸の昔から続く由緒ある芝居小屋で歌う機会はめったにないことで、舞台の上では悠久の時に重いをはせ、しばし空想の世界に浸っておりました。思ったより小さい舞台でしたが、とても趣のある場所でした。良い思い出になりました。  

Posted by ひげの塾長 at 19:22Comments(0)つぶやき&ぼやき