2019年06月25日

息子に褒められて

息子は、東京学芸大学を今春卒業し、

現在、高校教師を目指して勉強中です。

専門教科は英語で、

今、来月の採用試験に向けて英語の勉強を必死てやっています。


その息子が、

「お父さんの本棚にあるその問題集貸してください。」

と言ってきました。

その本は以前英語の指導に役に立つかもと思って

買ったものですが、ちょっと中学生には難しすぎて、

放置していた本でした。

家内の話によると、

息子がこう言っていたそうです。

「お父さんが何故あの問題集を持っていたのか、不思議だ。」

「あれは英語がわかった人でないと使わないものだ。」

「お父さんの参考書・問題集を選ぶセンスはすごい。」


まあ、お世辞も半分あると思いますが、

褒められると素直にうれしいものです。


今、中学生4名に試験的に英語の指導を開始しました。

私のアイデアで、息子に作らせた教材を使っています。

1年かけて、指導法と教材を完成させる予定です。

出来上がれば画期的な中学生対象の英語指導法になるはずです。

来年4月から、TM中学英語教室は正式スタートします。  

Posted by ひげの塾長 at 20:38Comments(2)つぶやき&ぼやき