2017年11月10日

英語教育はこう変わる!

『英単語:小学校で 600~700 語,中学校で 1,600~1,800 語』
中学校学習指導要領解説 外国語編
平成 29 年7月
文部科学省
「指導する語数については,これまでの実績や諸 外国における外国語教育の状況などを参考に,実際のコミュニケーションにおい て必要な語彙を中心に,小学校で 600~700 語程度,中学校で 1,600~1,800 語程 度,高等学校で 1,800~2,500 語程度」

※知人のFBより

現在中学校で学ぶべき英単語数は1200程度だそうです。一挙に5割増しとなります。

今でさえ中学生は英単語を覚えられず苦労している生徒が多いのに、どうなることやら先が危ぶまれます。

小学校でも600~700もあるのですから、おそらく学校の授業だけでは十分な単語力を身に付けるのは、難しいのではないかと思われます。

英語が苦手だという生徒のほとんどは、単語の意味を覚えていない生徒です。単語は興味を持てば意外とスムーズに覚えられますが、興味がないと苦痛でしかありません。

そこでおすすめの勉強法です。

現在はCD付きの英単語本がたくさん発行されています。この中には単語や例文など英語がいろいろな形で収録されています。

このCDをPCに取り込み、iTunesで編集して、単語の練習をするためだけのプレイリストを作り、毎日聞くと良いでしょう。

英単語は慣れです。まずは耳からなれることが英語が得意になる第一歩です。

  

Posted by ひげの塾長 at 17:35Comments(0)受験情報

2017年10月26日

全国高校入試問題「過去問クラブ」受講生募集

高校入試の仕上げの時期になってきました。

入試対策でまとめの教材として一番良いのは過去問です。

TM学習センターでは、最新のものから過去10年前のものまで、

全都道府県の高校入試過去問のほとんど(一部未公開)をそろえています。

塾に行ってない人、またはほかの塾に行ってる人も、

TM学習センターの「過去問クラブ」に参加しませんか?

郵便による通信指導です。


沖縄からスタートして、週に1都道府県の問題を課題として郵送します。

クラブ生は、それぞれの家庭で実施し、

解答を返信用封筒に入れて返送します。

センターで採点し、解答と次の週の課題を同封して発送します。

入試まで、18週、西日本の府県の問題は制覇できます。

第1回課題発送はは11月6日(月)です。

受講料は、郵送料込の¥18,000(1回¥1,000)

詳細をお聞きになりたい方はメールでお問い合わせください。

tmtanaka1959@gmail.com

写真は今年度の熊本県数学の問題です。





  

Posted by ひげの塾長 at 21:10Comments(0)受験情報

2017年10月17日

教えたーーーーーーーーい!!

先々週から、週に3,4日、家内が代表して熊本市内まで出かけて私立中学・高校の学校説明会に参加しています。

そこで色々な情報を聞いてくるのですが、学校の成績がそこそこならば、全部の費用が無料で行けて、学校を上げて受験指導をしてくれる高校があるんです。

あーーーーーー。教えたーーーーーーい!!

近いうちに塾生向けの受験説明会を開きます。一般の参加も歓迎しますので是非おいで下さい。こことFBでお知らせします。

※写真は本文内容とは無関係です。

  

Posted by ひげの塾長 at 18:50Comments(0)受験情報

2017年10月09日

英語が変わる

現在、熊本市内の私立高校で行われている学校説明会に参加していますが、

そこで話題の中心は、もっぱら英語の話題です。

センター試験の廃止に伴い、英語の受験システムが大きく変わるそうです。

入試の時に直接英語のテストをするのではなく、それまでに英検やTOEICの受験実績が

英語の成績としてカウントされるそうです。

英検やTOEICでは、これまでのように読み書きだけではなく、聞いたり話したりする能力も求められます。

つまり、読む、書く、聞く、話すの4項目の力を付ける必要があるのです。

そのために考案された英語教育のシステムが、Leptonという英語学習システムです。


TM学習センターでは、天草では唯一の取り扱い塾として、来年度早々に開講する準備を進めています。

全国ではすでに400か所以上の塾や予備校で採用されており、

熊本市内では早稲田スクールや英進館が採用、または採用を予定しています。

これまでの英語塾、英会話スクールでは身に付けることが難しかった4項目同時習得が可能となるLepton

是非経験されてみてください。来年3月にプレオープンを予定しています。

お楽しみに!!

https://www.lepton.co.jp/  

Posted by ひげの塾長 at 21:27Comments(0)受験情報

2017年09月26日

受験算数について

自分の子供の学習指導について、ほぼ満足する結果が出ていますが、1つだけ後悔していることがあります。それは上の子には受験算数をさせなかったことです。

中学は地元の中学に行かせようと思っていたので、中学受験は考えておらず、4年生で小学校の内容が終了したら、引き続き中学校の内容に進ませました。下の子の時には、小学校の生徒を対象に算数特別コースを設置して受験算数を指導しました。

ですから高校に入ってから、上の子はほかの教科に比べて数学が苦手で、下の子は、他の教科に比べて数学が得意でした。

改めて受験算数を指導してみて、合点がいくのが、これは高校の数学の基本になっているものが多いということです。中学数学になれば、あまり考えなくても覚えている公式に当てはめたり決まった手順に沿って答えを導き出せばよいのでそう難しくはないのですが、高校の数学となるとその基本的な内容・仕組を理解していなければ、応用が効かなくなります。それゆえ受験算数に取り組んだ生徒は、高校になってからの数学の伸びが違うのではないかと推測します。

受験算数では、高校で習う等差数列が当たり前のように出てきますし、確率の問題も樹形図では解けないよな問題が出てきます。高校数学をやっていればすぐ解ける問題ですが、それを公式を使わないで解かなければならず、よほどその仕組がわかっていなければ解けないようになっています。これをやっておけば将来役に立つのは明白です。

自分も小学生の時、塾で受験算数に取り組んでいました。最近またその問題に取り組んでいますが、頭にちょうど油をさしたように動きが良くなるような気がします。

来年度から、受験算数教室を「初級コース」と「応用コース」に分け、授業と演習の指導を行います。各コース定員4名で、現在初級コースに1名、応用コースに2名の予約が入っています。

学年は問いませんが、一応小学校で習う算数の内容を終了している生徒さんが対象になります。興味があられるところは是非お問い合わせください。

  

Posted by ひげの塾長 at 20:04Comments(0)受験情報

2017年09月05日

将来、ラサール、久留米附設、青雲中学等受験希望の幼児募集します。

TM学習センターでは、昨年度、長崎青雲中学に合格者を出しました。

近々のテストでは、その生徒は学年で3位という成果を出してくれています。

また元塾生が、大手の模試で熊本県で1位をとりました。

また希望者が受験した奈良文庫模試では、約10名の受験生の偏差値の平均が70を超えています。


これらの実績から、県外有名私立中学への受験指導に対してある程度の自信が持てるようになりました。

しかしながら、1年やそこらの指導では、なかなか真の学力は身に付きません。

どうしても小さい時から、できれば幼稚園の時くらいから指導させていただければ、

かなりの実績があげられると確信しています。


現在、東大や京大を始め、超難関大学と言われるところに合格するのは大半が中高一貫校の生徒だと言われています。

それは高校受験をせずに6年をかけて大学受験のための勉強をするからです。

残念ながら熊本県内の中高一貫校は、公立を含め、大半が超難関大学を受験する実力までには至っていません。

最短の近道は、県外の有名な中高一貫校だと言わざるを得ません。


そこで、将来、鹿児島ラサール、福岡久留米附設、長崎青雲、佐賀弘学館などの県外有名私立中学の受験を希望するお子さんを募集いたします。

募集範囲は、幼稚園年少から小学校3年生まで、将来県外の中高一貫校の受験を希望するお子さんに限ります。

学歴がすべてではありませんが、夢をかなえる第一歩には、間違いなくなるはずです。

ご興味があられるところには、いつでもご説明させていただきますので是非お問い合わせください。  

Posted by ひげの塾長 at 19:18Comments(0)受験情報

2017年06月07日

受験算数について

来年、県外の超難関中学を受験する生徒がいるので、

その質問を受けているのですが、

流石に難関中学レベルの受験算数問題は、チョーが付くほど難しいですね。

中学入学以来、すっかり数学脳になってしまっているわが身にとって、

算数の難問は頭にこたえます。


しかしながら、これらの問題をやっているうちにあることに気が付きました。

これは高校数学の考え方にちかいということです。

中学数学は基本がわかっていれば、おおよその問題は解けますが、

高校数学では、基本がわかった上に想像力が必要で、

特に難関大学を受験するには、あと一歩の発想力が必要不可欠になります。

この力を受験算数では身に付けさせようとしているのだと感じました。


センターでは、受験しない人でも希望があれば受験算数を指導しています。

条件は、6年生の算数が終了していること。

現在、4年生以上7名が参加しています。

あとその予備軍(6年生まで終わったら参加したいと希望している人)が3名。

このごろは僕の縮みかけた脳が、悲鳴を上げています(笑)  

Posted by ひげの塾長 at 18:30Comments(0)受験情報

2017年06月02日

生徒ファースト

ちまたでは、○○ファーストなる言葉がよく聞かれます。

うちの塾は、もちろん生徒ファーストです。

一人一人の生徒さんにとってベストと思われる指導をさせていただいています。


例えば、うちの塾には1日コース、2日コース、3日コース、フリーコース(週に5日)がありますが、

その子にとって一番良いと思われるコースを選択してもらうように進めています。

必要もないのに毎日来るようなコースはおすすめしていません。

特にフリーコースは、塾長の許可がなければ選択することができません。

どんなにおうちの方が望まれても、生徒自身が望んでも、

毎日しっかり勉強できると私が判断しないと許可しないことにしています。

現在、中学生は1名、小学生に7名のフリーコースの生徒がいます。

小学生の方が多いのがちょっと不思議な気がしますが、

部活動が盛んな中学校では、なかなかフリーコースで勉強するのは難しく、

現在いる中学生1名は、部活動に参加していません。


また必要と判断したならば、別の塾も薦めています。

来年、超難関私立中学を受験する生徒がいますが、

まだまだ中学受験のノウハウが不足しているうちでは、

十分対応ができないと判断したので、

熊本の有名塾に週末通うことをすすめました。

週に5日うちの塾で勉強し、週末の2日、熊本の塾で勉強しています。

おかげでその塾でもトップの成績を収め、

志望校に合格する期待が十分もてるようになりました。


うちの塾はとにかく生徒ファースト、

塾にとっては利益にならないことでも、

その生徒さんのためになると思えば、迷わずやっています。

それが私と私と一緒にやってくれている家内の信条であります。  

Posted by ひげの塾長 at 18:25Comments(0)受験情報学習塾情報

2017年03月20日

中学受験について

ある保護者の方から、

中学受験について知りたいという方が多いという話を聞きました。

確かに、将来難関大学や医学部、薬学部と言った難関学部を目指すなら、

中高一貫校に進学するのも一つの手です。


ところがみなさん中学受験についてほとんどご存じないようです。

先日もとある中高一貫校を受験したいと相談がありましたが、

中学受験には、小学校で勉強する内容だけでは不十分で、

受験のための勉強が必要なこと、

それもできれば4年生から始めるのが一般的であることなどをお話したら、

とても驚かれていました。

小学校で習うことを知っていれば合格するものだと思っていたそうです。


もしご希望があれば、中学受験について、

何をいつごろから勉強をしたらよいか等について

お話しする機会を持ちたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 20:52Comments(0)受験情報

2017年03月08日

公立高校後期受験

今日と明日、熊本県立高校の後期受験が行われます。

今年度は、地元の高校を受験する生徒がほとんどで、

例年の傾向とは少し違っていました。

例年であれば、熊高、濟々黌を受験するよな生徒さんが、

ほとんど天草高校を受験します。

多分、そこで教師をしている僕の同級生が喜びます。  

Posted by ひげの塾長 at 18:29Comments(0)受験情報

2017年02月27日

中学生の勉強法講座をやります

日時 3月12日(日) 午前11時~1時間程度
場所 天草市民センター 第3会議室
内容 「中学生の勉強法」
参加費 無料

中学生になると小学校の時までとは勉強に対する取り組み方が変わってきます。
それはほとんどの生徒が高校受験を体験するからです。
ですから中学校での勉強の大半は、受験を目指して行われます。

そこで今回は中学校で行われる3種類のテストと
その結果の見方や対応の仕方などを詳しくお話ししたいと思います。
またそれぞれのテストに対応する勉強の仕方も合わせてお話しします。

例えば、成績を上げるための勉強の仕方と受験に合格する勉強の仕方は違います。
そのどちらも大切であり、いつどのような勉強をすればよいか、
知っているか知らないかとでは、
実際の受験に大きな差がついてしまいます。

一応対象は新中学1年生の保護者の方ですが、
その他の学年の保護者の方でも参加可能です。
資料などの準備がありますので、
参加ご希望の方は、メールか電話でお申し込みください。

https://www.facebook.com/events/614945168698698/
  

Posted by ひげの塾長 at 18:28Comments(0)受験情報学習塾情報

2017年01月13日

中高一貫校

今年2名の中学受験生を指導しました。
頑張った甲斐があって、
2名とも私立の中高一貫校に合格いたしました。

天草には私立中学自体がなく、
中高一貫校といってもピンとこない人が多いでしょう。

ところが全国的にみると、数多くの中間一貫校があり、
東大などの超難関校に合格しているのは、
その出身者がかなりの割合を占めています。

うちの子供は二人とも中高一貫校に高校から入学しました。
中学は地元の公立中学に通いました。
その子供たちが言うには、
中高一貫校に高校から入る生徒は馬力がある。
だけど本物の実力を持っているのは、
中学校から入っている生徒たちだ。
だそうです。

中高一貫校の特徴はもちろん高校入試がない点です。
ですからほとんどの学校で中学3年生より高校の内容を先取り学習しています。
大学受験を考えるととても有利な勉強をしていると言えます。

もし本人の意思もあって経済的にも許されるのであれば、
中高一貫校を目指されるのも、
子供たちの大きな夢をかなえるためには
良い方法の一つであるように思います。  

Posted by ひげの塾長 at 18:49Comments(0)受験情報

2016年12月22日

おすすめの問題集

よく、「国語の力を付けるにはどんな問題集が良いのでしょう?」
という質問を受けます。

はっきり言って通常の国語の問題集参考書では、あまり国語の力は伸びません。
なぜなら課題を解くための方法が書いてないからです。
しかし知り合いの塾の先生に教えていただいたこの問題集は、
使い方によっては国語の力を伸ばす事ができます。
それは国語の問題を解く力を要約力を中心にして、
それを解く手順を学べるようになっているからです。

「成長する思考力」(学林社)という問題集で、
10級(小1相当)~1級(難関中学入試問題相当)まであり、
順を追って丁寧にやっていくと、しっかり国語の力がついていくこと請け合いです。
塾専用教材ではなく、一般の市販教材ですので、
だれでもネットなどで購入することができます。
(楽天でも購入できるみたいです。)

実は知り合いの全国的に有名な国語の先生に紹介したところ、
自分の指導にも役に立っていると言っていただいています。

この教材を、塾を開いて19年間使い続けていますが、
最近この教材の姉妹版として、文法と読解に特化した問題集が出されました。

写真の読解力特化のものは、12月に新発売になったもので、
もうすぐネットでも購入できるのではないかと思います。

小学生を対象として問題集ではありますが、
中学生で、国語の力、特に読解問題を解く力が不足している人は、
この問題集をやってみると良いかと思います。

  

Posted by ひげの塾長 at 16:28Comments(0)受験情報学習塾情報

2016年09月30日

熊本私立高校事情・・・1

先週から熊本市内の私立高校を中心に、県内の一部公立高校、県外の私立高校などへ学校説明会に赴いています。

例年参加していますが、さして大きな変化はなく・・・・と思っていましたが、今年はかなりのびっくり情報が舞い込んできました。

とある進学校ですが、これまでの指導方針を一新し、かなり生徒よりの指導に変革がなされていました。

これなら熊本市の高校へ進学を希望している生徒にすすめてもいいかなという感じです。

今後の進路指導の参考にしたいと思っています。



最近、このブログを読んだという方からいろいろな教育相談のメールやお電話があります。

私の分かる範囲でお答えしておりますが、中には県外の人からのご相談などもあったりします。

少しでもお役に立てましたなら幸いです。  

Posted by ひげの塾長 at 19:33Comments(0)受験情報

2016年09月28日

映像授業の提供を始めます

TM学習センターでは、10月から映像授業の提供を始めます。

中学の5教科(国・数・英・理・社)全単元の授業が見られます。

1つの授業は約5分くらいで、全授業数は1000近くあります。

近く体験IDを公開します。それを見てご判断ください。

使用料は月額¥500です。希望の月数でお申込できます。


取り急ぎお知らせまで


  

Posted by ひげの塾長 at 21:18Comments(0)受験情報学習塾情報

2016年06月30日

夏期特別高校生講座を開きます

TM学習センターでは、通常は幼児から中学生までを指導させてもらっていますが、私の大学生の子供たちが帰省する夏休みに限って、依頼があった高校生には、短期間ですが指導させていただいています。

今年も依頼があったので高校生の指導を行いますが、もし勉強で困っている高校生がいらっしゃいましたら、一緒に指導させていただきます。

また短い期間ではありますが、難関国・私立大学、公立大学の医学部の受験を考えている方の指導もできますので、ご相談ください。
  

Posted by ひげの塾長 at 10:02Comments(0)受験情報学習塾情報

2016年04月07日

こんなお子さんはどこに進学すればいい?(8)

共通テストで100点以下。

以前90点台で地元のトップ校に進んだ生徒もいますが、授業についていくのが困難でとても苦労したと言っています。

将来大学進学を目指すなら、推薦枠の多い私立高校の方が良いように思います。

また就職を目指す場合も私立か地元の実業系の高校が良いように思います。

70点取れれば、実業系の高校ならだいたい合格圏です。

第1回で70点取れなかった人は、第2回で70点は確保したいところです。

以前、第1回で40~60点台の生徒を、地元で人気の工業系の高校に何度も合格させています。

TM学習センターには、受験で70点取る秘策があります。

この話はまた後日。


これにて「こんなお子さんはどこに進学すればいい」シリーズは終わります。
  

Posted by ひげの塾長 at 17:21Comments(0)受験情報

2016年04月05日

こんなお子さんはどこに進学すればいい?(7)

共通テストで130点前後。

天草の高校なら、共通テストで120点取れればどこでも安全圏です。

ただこの成績でトップ校に進んでも、進学就職ともに非常に厳しい状況になりがちです。

ただ、熊本というところは面白い土地柄で、出身校を尋ねるときは大学ではなく高校が大切のようです。

天草に残って仕事をするなら、出身校で引っ張りこっぱりがあったりなかったりします。


あくまで私見ですが、このクラスの成績で、

大学進学を目指すなら熊本市内の私立高校。

公務員を目指すなら地元のトップ校。

地元や県外の企業に就職するなら、トップ校以外の高校。

大まかにこのような進路をおすすめします。


また将来自営業をやりたい、起業したいという希望を持っている人で大学進学を考えていない人は、

部活動やその高校独自の活動で選び、高校生活をエンジョイすることを考えてもいいかもしれません。


  

Posted by ひげの塾長 at 20:53Comments(0)受験情報

2016年03月31日

こんなお子さんはどこに進学すればいい?(6)

共通テスト160点前後。

このクラスの人もよく考えて志望校を選ばなければなりません。

これまでの私の塾の卒業生の例でいうと、地元のトップ校に進学した生徒より、2番手の工業系の高校に進学した生徒の方が、良い結果を出しています。

ある生徒は、高専に編入し、ある生徒は工業系の大学に進み、またある生徒は全国でも数名しか合格しない国家公務委員に合格したりしました。

これに対してトップ校に進んだ生徒は、国公立大学に進んだ生徒はいませんでした。

これは前回も書きましたが、進んだ学校の上位20%に入れるかどうかがかなり影響を及ぼしたと推測できます。

流石に地元のトップ校では、このクラスが上位20%に入るのはなかなか困難です。

またこのクラスで熊本市内の中堅私立高校に進んだ生徒で国立大学や有名私立大学に進んだ生徒もいます。

これもやはり上位20%に入れるところを選んだことが好結果につながったと思われます。


ここだけの話ですが、共通テストで160点も取れれば、授業料全額無料、寮費も無料、食費だけで行ける高校があります。いやありましたと言った方が良いかもしれません。

その高校は現在とても実績をあげつつあり、年々特待のレベルが上がってきています。来年度くらいまでなら、まだ何とか行けるかもしれません。

共通テストで160点を目指して、ここに挑戦してみるのも悪くない選択だと思います。



※公のブログなので、なかなか具体的な学校名は書きづらいものがあります。具体的な名前をお知りになりたい方は、メールをください。

  

Posted by ひげの塾長 at 19:12Comments(0)受験情報

2016年03月30日

こんなお子さんはどこに進学すればいい?(5)

ここでちょっと話題を変えます。

私のブログに関して、地元の高校で教員をしている同級生からメッセージが来ました。

「地元の子供は地元で育てよう。僕は頑張るよ。」

確かに彼は非常に熱心な先生で、飲んで私と教育論などを戦わせたこともあります。

しかしながら、こればかりは反論せずにおれません。

例えばこんな生徒がいました。

「今の時点では大学に進学したいけど、公務員になりたい気もする。」

そこで私は或る私立の学校を薦めました。

そこは、入学するときは普通クラスでも、2年に上がるときに希望があれば公務員クラスに変更できるのです。

その生徒は、特待生として特進クラスに入りましたが、2年に上がるとき希望して公務員クラスに入りました。

それでも特待生としての条件はそのままで通えています。

先日その生徒のお父さんと話をしましたが、今とても意欲的に学校に通っていて、その学校を薦めたことをとても感謝してくださいました。


もしその生徒が地元の高校に進んだ場合、はたしてそのような指導を受けることができたかと言えば疑問です。

私は自分の仕事に対して誠実でありたいと思っています。

そして私の塾の実績など考慮しないで、その生徒にとって一番良いと思われる学校を薦めています。

また薦めるだけで、本人が希望する学校があれば希望する学校に合格できるようにバックアップします。


ともあれ地元に彼のような熱心な教師がいてくれることは、大変心強く思っています。

ちなみに今年は彼の学校にたくさんの生徒が進学しました。

びしびし鍛えてほしいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 19:50Comments(0)受験情報