2019年03月18日

合格しました。

先日よりお知らせしておりましたが、

本日、発表があり、

娘の医師国家試験の合格が確定しました。


娘は小さいころより東大を志し、

2年浪人しましたが、

どうも御縁がなく、

防衛医科大学へと進学しました。


しかしながら、8000人以上の受験者数の中で、

わずか7,8名と言う正規合格を果たし、

志を持って防衛医科大学校に進学しました。

学生でありながら、国家公務員であるという

厳しい環境の中で、

6年の学生生活を全うし、

今春、国家試験に合格し、

海上自衛隊の医官として着任いたしました。


昨今厳しい国際状況の中、

国の防衛を担う自衛隊隊員の皆様を、

健康面から支えるべく、

これから勤務に付きますが、

私たちが暮らす日本という素晴らしい国の、

防衛を担う一員として、

職務を全うしてほしいと思います。


「努力して手に入るものなら、何でも手に入れる自信がある。」

というのが口癖でありました娘が、

本当に努力の末、掴んだ地位であります。

親として、精一杯応援し、支えていきたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 23:00Comments(2)つぶやき&ぼやき

2019年02月26日

継続努力するという事

現在、大学生の娘は、

4年前からボイストレーニングに通っています。

私たちの年代なら、知らない人はいない、

小坂明子さん(「あなた」で有名)が主催されるボイストレーニング学校の東京校です。


娘は今春大学を卒業して、このボイストレーニング校も卒業になります。

今回3回目の最後の発表会を、例年通り家内と二人で聞きに行ってきました。

今回は、東京校と大阪校の合同発表会ライブで、

4時間の長丁場のライブでした。

初心者の方から、プロを目指す方、すでにプロとして活躍しておられる方など、

色々な人がその発表会ライブで歌を披露されていました。

30組くらい歌われる中で、最後から5番目くらいに、

娘の番がやってきました。


歌を習い始めたころの娘は、声も不安定で、

自信なさげに小さな声で歌っていたのが、

今回は、堂々とミュージカル風の歌を歌いあげていました。


ひとつのことを長く継続・努力することができれば、

こんなにも人は進歩するものだと思い知らされました。

娘の担当の先生は、元劇団四季の方で、

本物のプロの歌い手さんです。

その指導力には、素晴らしいものがありました。


「長く継続指導する」

これが今後のTM学習センターの課題でもあります。

小坂さんのボイストレーニング校に負けないように、

幼稚園、小学校のころからの徹底した指導により、

学習のプロを育てたいと思っています。



  

Posted by ひげの塾長 at 20:50Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年02月12日

プロとアマの違い

先日、カフェレストランばってんさんで、

元「猫」の内山さん、石山さんのユニットのライブがありました。

僕がやっているフォークデュオ「ざ・からいも」が、

OA(オープニング・アクト、いわゆる前座)を務めさせていただきました。


程よい緊張の中、3曲ほど歌わせていただきました。

その話は、別の機会に譲るとして、

ライブのあとに、内山さん方にうかがった話が、

とても印象的でした。


50年以上プロのミュージシャンとしてやって来れた秘訣を伺ったところ、

歌の上手い下手、楽器の上手い下手は、あんまり関係ない。

最終的には、自己アピールがうまいやつがプロとして生き残っていける。

と言うことでした。


「楽器が上手いやつなんて、掃いて捨てるほどいるんだよ。」

「それがスタジオミュージシャンとして、またアーティストとして、

やって行けるやつは、声が大きいやつなんだよ。」

「自分のことを、とことんアピールできるやつが、

結局は残っていくんだよね。」

今もベーシストとして、

日本の音楽シーンで活躍されている人の、

含蓄のあるお言葉でした。


じゃあ、塾に置き換えて考えてみるとどうでしょう。

頭のいいやつ、教えて上手いやつはたくさんいる。

でも、長く塾を潰さずに続けていくためには、

自分の塾のいいところを、アピールし続けていくこと。

一つ所にとどまらず、常に新しいことを提案し続けていくこと。

これが大切なのだと、改めて思いました。


TM学習センター、来年度で22年目になります。

おかげさまで、たくさんの生徒さんに来ていただいています。

このことに甘えず、常に生徒さんの学力向上のために、

努力を続け、新しい形を模索し続けて行こうと、

改めて思いました。

TM学習センター、まだまだ、ますます、頑張ります。



  

Posted by ひげの塾長 at 21:23Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年02月05日

理想の教育・・・ラスト

理想の教育、その1その2で、

私が思っている理想的な展開を書いてきました。

実際は、このような展開になった生徒さんは、

過去に1人いただけです。

実際は、勉強が苦手で、

それを克服するためにおいでになる生徒さんもいらっしゃいます。

中には、学校の勉強がわからなくなった。

と言っておいでになる生徒さんも少なくありません。

うちはこういった生徒さんは・・・・大歓迎です。


学校教育の最大の弱点は、

多人数に一斉に指導しなければならないことです。

そのため算数などの理解を必要とする教科では、

どうしても理解させられないまま、

授業を進めなければならないことも多々あります。


ここだけの話ですが、

教科書を作るときに、

小学校では1割、中学校では3割の生徒には、

理解させられないという事を前提にして作られているのだと、

実際に教科書作りにかかわって来られた先生に

直接伺ったことがあります。


私も15年小学校の教諭をやりましたが、

授業だけで算数の内容を

クラス全員に理解させることは不可能でした。

ただ、私はちょっと工夫をして、

教員をやめるちょっと前くらいには、

何とかクラス全員に理解させることが可能になっていました。

この話はまた別な機会にするとしまして、

超多忙な小学校の先生には、

なかなか授業で理解できなかった生徒に対して、

個別指導の時間を確保するのは困難です。


そこでTM学習センターの出番です。

うちの塾は一斉指導の授業は原則やりません。

1人1人にあった課題を個別に取り組ませます。

学校の勉強のわからなくなったところに

さかのぼって勉強させますので、

コツコツやっていけば必ず追いつき、

学校の授業もわかるようになります。


以前、学校の算数が全く分からなくなったと言って

小学校3年生の時に入塾してきた生徒さんがいましたが、

入塾して3か月ですっかり遅れを取り戻し、

中学校に上がるころには、成績も上位に入るようになり、

最近大学を卒業しましたが、

立派な薬剤師になったと聞いています。


このようにTM学習センターでは、

1人1人の能力に応じた指導を心掛けております。

勉強が苦手な子は、

少しでも勉強が楽しくなって得意な分野が増えるように、

勉強が得意な子は、

ますます得意になるように、

誠意をもって指導しております。


来年度からは、ますます理想に近づくような教室にしていきます。

勉強が得意な人も苦手な人も、

ただ一つ、勉強を頑張る意欲のある生徒さんの問い合わせを、

心よりお待ちしています。  

Posted by ひげの塾長 at 20:07Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年02月04日

理想の教育・・・その2

お子さんが、勉強したいというようになったら、

その時が、いよいよ本格的な勉強のスタートになります。

いつも言っていますが、勉強は強制してやらせても、

身に付かないばかりか、

最悪勉強が嫌いになってしまって、

いざ本格的に勉強しなければならなくなったときに、

ほとんど手につかない状況になってしまいます。


TM学習センターでは、原則トイレに一人で行くことができれば、

あとは、本人の意思次第で受け入れています。

はっきり言って、その時の学力はあまり関係ありません。

完全に個別で、本人のペースで学習を進めますので、

全く心配いりません。


勉強は、本人の実力より、

ほんのちょっと難しい程度が一番面白く、

強制されなくてもどんどん勉強していきます。

実際、小学校低学年までに入塾した生徒さんたちは、

自分でどんどん勉強を進め、

早い生徒で2年生、遅い生徒でも5年生までには。

小学校の国語と算数の勉強は終了させています。

そしてその後、中学受験をする生徒さんは、

受験勉強と中学の先取り勉強を並行して行い、

受験しない生徒さんも、

受験用の問題もしながら、

本格的に中学に入ってからの勉強を始めます。


小学生は普通週2日1回2時間の勉強ですが、

中には週に5日、1回4~6時間も勉強している生徒さんもいます。

こんなに勉強していても、

みんな塾に来るときは、にこにこしてやってきて、

楽しそうに勉強しています。

信じられないかもしれませんが、

ほんとにみんな楽しそうです。

反対に楽しくなければ、

週に5日も長時間勉強してはいられません。

自分の意思で自分のレベルにあった問題に取り組むので

続いているのだと思います。


私どもの塾で目標としているのは、

小学校のあいだに中学校の一通りの勉強を予習し、

中学受験をして難関中高一貫校に進学するか、

中学までうちで徹底して勉強し、

県内外の難関高校に進学することです。


来年度から私は、Lepton子ども英語教室と、

中学生の学習を担当します。

中学生には、私の塾で、

ある程度学習の仕方を学んだ生徒でなければ、

出来ない学習に取り組ませる予定です。

本年度の塾長クラブで立証できましたが、

勉強は、自分ですすめる自立学習が、

一番成績をあげます。

来年度からは、私がこれまで構想に構想を重ね考えた、

最大限の効果が発揮できる勉強法で、

勉強を進める予定です。

また難関中学を受験する生徒には、

必要に応じて私の個別指導も行う予定です。


教員をしている同級生は、来年度がラストイヤーです。

私もそういう年齢でありますが、

気持ちはまだまだ若いつもりです。

是非お子さんの未来を切り開く、

お手伝いをさせていただければと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 19:48Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年01月29日

理想の教育・・・その1

何度も言ってますが、

学歴がすべてではないという考えは変わりません。

学歴など関係なく、

腕に職を持ち、立派に社会で活躍している人はたくさんいます。


しかしながら、やりがいのある仕事についたり、

満足のいく収入を得たいと思うならば、

出来るだけ高い学歴があった方が、

有利であることに間違いはありません。


そこで現時点で、この天草で、

最高の学歴を身に付けるにはどうすればよいか、

私の経験をふまえた意見を書いてみます。


まず、スタートは生まれたときに始まります。

子どもが生まれたら、

出来るだけたくさん、お母さんが話しかけます。

もちろん本の読み聞かせなんかも効果的です。

お母さんが、赤ちゃんにたくさん話しかけて、

その後子どもが高い学力を身に付けたという話は

枚挙に暇がありません。


次に演技でも良いから、

子どもの前では夫婦仲良くします。

夫婦の不仲は、子供の精神の不安定を招き、

学力向上の妨げになりやすいです。


上記の2つに気を付けながらお子さんに愛情をたっぷり注ぎ、

そして子供がいろいろなものに興味を示すようになったら、

いよいよ勉強のスタートです。

最初にすることは文字を覚えることです。

ひらがなカタカナより先に漢字を教えます。

特に花や木、虫などの象形文字は、見た目も覚えやすく、

学習のとっかかりには最適です。

ちなみにうちの子供たちには、

公文の漢字カードなどを使いました。

また、家にあるもの全部に、

その名前を漢字で書いたカードを張り付けました。

「時計」「冷蔵庫」「棚」「窓」などなど家じゅうにカードを張り付けました。

すると子供は、モノには名前があり、

それは文字であらわすことができるということを理解します。

文字に興味が出てきたらしめたものです。

公文のカードシリーズなどで、

動物の名前、乗り物の名前などを、

ゲーム感覚で覚えさせていきます。


並行して、数の概念も身に付けさせます。

いろんなものの数を一緒に数えることからスタートします。

おやつの数も、数えてから食べるという習慣をつけると良いでしょう。


こうやって3歳くらいまでに、

簡単な絵本などが読めるようになり、

簡単な文章なども書けるようになり、

数も100くらいまで数えられるようになり、

簡単な足し算引き算が出来るようになったら、

いよいようちの出番です。

TM学習センターにお預けください。

日本のトップクラスの高校、大学に進学できるまでの学力を

身に付けさせます。


大きな話をするようですが、

これまで20年間の卒業生の中には、

医学系では、

国公立の医学部に3名、

私立の医学部に2名、

国公立の歯学部に1名、

私立の歯学部に3名、

私立の獣医学部に1名

国公立の薬学部に1名、

私立の薬学部に2名合格しています。

また、京都大学に1名、

九州大学、熊本大学や山口大学などの

国公立大学に何人も進学するなど、

輝かしい実績をあげています。


天草からでも十分に難関高校、大学に進学できます。

是非、私どものTM学習センターをご利用ください。



ああ、結局は塾のPRになってしまいました。

理想の教育・・・その2では、

TM学習センターでは、どのような学習指導をするのか、

詳しく書いてみたいと思います。


<学習風景>

  

Posted by ひげの塾長 at 21:35Comments(0)つぶやき&ぼやき

2019年01月09日

夢は公言しないほうが良い。

最近読んだネットの記事に、

かなえたい夢は公言せず、

心に秘めておいた方が良いというものがありました。

昔から不言実行と言うことわざがありますが、

あまり口数が多いのは良くなさそうです。


人の思いというものは、思いのほかエネルギーがあるようで、

最近それが量子力学と言う分野で証明されつつあります。

もし、自分の夢を公言して、

それを知った数多くの他人が、

もし嫉妬の念を持ったとしたら、

それが夢の実現を邪魔するという事になるのだそうです。


ですから、ほんとにかなえたい夢は心ひそかに秘密にしておき、

影で実現のための努力をするのが、

夢実現のためには良さそうです。


私はこのブログで、将来の夢をいろいろ語っていますが、

今、一番かなえたい夢は、書かないでおきます。

もし実現したら、

その時発表します(笑)  

Posted by ひげの塾長 at 21:06Comments(1)つぶやき&ぼやき

2018年10月08日

終わりよければ・・・

月日の経つのは早いもので、

今年もあと2か月と3分の2を残すのみ。

私立中学、高校受験で、早いところは年末に行われます。

あと2か月ちょっとしかありません。

ついこないだ、今年度になったばかりだと思っていたのに、

月日の経つのが早すぎて、

焦りさえ感じる今日この頃です。


読んだ本によると、時間と言うのは人間の錯覚で、

本当は時間は存在せず、

過去も現在も未来も、

同時に存在しているそうです。


まあそう考えると、タイムスリップや予言や、

そういった時間に関する不思議なことも

説明ができるいうものですが、

私の固い頭では、それ以上のことは理解できません。

ただ、一つだけ私が信じているものは、

現在次第で、過去はどうにでもなるという事です。

例えば、いじめられ虐げられた過去があるとします。

しかしそれに負けず、それをばねにして努力し、

成功を掴んだとしたら、

その苦しい過去は、現在の幸せにつながる

貴重な体験だったことになり、

ひとつの価値を持ちます。


反対に過去のつらい体験を、

恨んだり諦めたりして、

その後の人生が非常につらいものだとしたら、

過去のつらい体験は、現在の不幸を作った元凶にもなります。


つまり現在次第で、過去は良くもなるし悪くもなるのです。

終わりよければすべてよし、

そうなるように心掛けたいと思っています。

  

Posted by ひげの塾長 at 21:09Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年10月04日

相手が自分をどう思っているか知りたいとき

昔、何かの本で読んで、

試してみたら意外と当たったものに、

相手に自分の指を1本握ってもらって、

その指で相手が自分に持っている感情を知る方法がありました。


ちなみに、

小指・・・・恋愛感情
薬指・・・・好意
中指・・・・なんとも思っていない
人差し指・・・・嫌悪感
親指・・・・尊敬

だそうです。

気になる人にちょっと試してみてください。


でも、ここで言いたいのはそのこと自体ではなく、

感情の変化についてです。

見てみますと、小指から親指にかけて順番に、

好きだという感情が少なくなっていきます。

ただ、嫌悪感の向こうに尊敬があるというのが、

非情に面白いと思います。

つまり尊敬と言う感情は、嫌悪感の外側、

一種の恐れの感情が尊敬につながっていると思われます。


よく生徒も保護者の方も、私が怖いとおっしゃる方が多いです。

私の仕事をしているところだけを見ての感想だと思います。

私的な部分を見ていただければ、

意外とお茶目でひょうきんものなのですが・・・・


私は自分の仕事に対して、

誠意をもってやっているので、

後ろめたさと言ったものがありません。

そういう態度が、怖いという評価になっているのかもしれません。

ただ、怖いという感情は、

尊敬につながっていると信じて、

日夜頑張っています。

まあ、自分で自分を慰めていると言った感じですかね(笑)  

Posted by ひげの塾長 at 20:36Comments(1)つぶやき&ぼやき

2018年09月27日

60の手習い

今、鍵盤ハーモニカのレッスンを受けています。

今月で3か月目になります。

これまでに、「情熱大陸」「見上げてごらん夜空の星を」「テネシーワルツ」

の3曲のレッスンを受けました。


一応仕上がった曲もありますが、

まだまだ完成には程遠い曲もあります。

最近は、禁断の両手弾きにも挑戦させられて、

四苦八苦しています。

なにせ鍵盤を裏から左手で弾くという経験は、

この60年の人生の中で初めてのことですから。


人にものを教えだして、やがて40年になります。

それに対して、人からものを教わるという経験は、

20代、小学校の教師をしていたころ、

ピアノを習いに行ったのを最後に、

つい最近になるまでありませんでした。


それが2年ほど前から最近まで、

ヨガの個人レッスンを受けていました。

ヨガと言うより、リハビリに近いストレッチ運動でしたが、

自分の子供くらいの年齢の先生に、教えていただいていました。


とてもいい先生で、とても良くしていただいていたのですが、

先生のお仕事の関係で、ヨガの指導をやめられることになり、

残念ながら、終わってしまいました。


そして3か月前、フェイスブックで募集されていた鍵盤ハーモニカ教室に、

7月から通いだしました。

習い事をするというのは、学ぶ楽しさもあり、

練習していない後ろめたさを引きずりながらレッスンに通うという、

スリルを味わうこともできます(笑)


今習っている先生も、

自分の娘と同年代の先生で、

とても優しく、教えて下さっています。

教えていただきながら、

「なるほどね。教えてもらう方は、こんなことを言われるとうれしいのね。」

とか、自分の仕事の参考になることもしばしば。

いつもとは違う立場で、指導者としての在り方なども勉強しています。


今日も英語教室で、幼稚園のお子さんに、

まるで僕が鍵盤ハーモニカ教室で褒めていただくように、

笑顔で優しく、ちょっとオーバーに褒めてみました。

いつもはあんまり笑わない子が、

今日はにこっと笑ってくれました。


人生いくつになっても勉強勉強。

ちなみに12月16日(日)に、

鍵盤ハーモニカの発表会があるそうです。

今から緊張してきました(笑)



  

Posted by ひげの塾長 at 19:16Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年09月25日

突然の訪問

もう7,8年前に卒業した生徒が、

突然遊びに来ました。

今、某幼稚園で先生をしている女の子です。


「最近元気がないので、元気をもらいに来ました。」

と言って、突然やってきました。


彼女は、中学2年生の時に、うちの塾に転塾してきて、

もっともうちの塾になじんだ生徒の1人になりました。


しばらくいろいろ話をして、

小一時間ほどいたと思ったら、

「すっかり元気になりました。ありがとうございました。」

と言って、笑顔で帰って行きました。


何でもここに来ると、頑張って勉強していた時のことを思い出して、

自分に自信が蘇ってくるのだそうです。


帰るときは、「また来ますねー。」

と言って、とびきりの笑顔でした。

「またいつでもおいでねー。」

と言った私の声は、多分聞いてなかったでしょう。

言い終わった時には、すでに姿はありませんでしたから。  

Posted by ひげの塾長 at 19:29Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年09月13日

エアコン

学習塾に欠かせないものの一つにエアコンがあります。

特に冷房は、生徒が密集する時間は、

冬が終わるとすぐに必要になる事さえあります。


暖房はそれほど問題はないのですが、

冷房は気を使います。

例えば、28度が快適な人、

25度が快適な人、

できれば20度が好ましい人、

中には冷房は嫌だという人もいます。


しかし教室は一つ。

どの温度かに設定しなければなりません。

そこで私はどの温度に設定しているかと言うと、

今は、20度に設定しています。

20度と言っても、生徒がいっぱいいるときは、

体感温度として、24~25度です。


それでは寒いという人もいます。

そう言う人には、上から1枚羽織るものを持ってこさせます。

寒いのは着るもので調整できますが、

暑いのはどうしようもできません。

出来るだけ不満が少なくなるように考慮していますが、

それでも不満がある人もいます。

しかし、生徒すべての要望を聞くというわけにもいかないのです。


あえて言うなら、政治にも当てはまると思います。

すべての人が満足する政策などあり得ません。

有明海では、開門賛成派と反対派に分かれて争いが続いていますが、

どちらを選択しても、反対の方には不満が残ります。


現在の状況を思うと、

自分の意見が取り入れられなかった人たちが、

不平不満を喚き散らし、

それをマスコミが取り上げ、

嬉々として政権批判をやってますが、

最近は特に悪意さえ感じて、

あまり気持ちの良いものではありません。


室温ひとつとっても、

すべての生徒が満足する設定はできません。

それでも、最大多数の人が満足するように、

工夫努力しているつもりです。


政治のことも、

そう言う観点から、

もう少し温かい目で見ても良いのになと思う今日この頃です。  

Posted by ひげの塾長 at 20:18Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年09月12日

学歴なんてと言うけれど

学歴なんて関係ない。

とおっしゃる方が、意外と多いことに驚かされます。

果たして、そうでしょうか?

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO15805150X20C17A4000000?channel=DF080720160380

このサイトを見る限り、

収入面に関して言えば、

学歴と収入は明らかな相関関係があると言わざるを得ません。

また世の中お金がすべてではありませんが、

世の中の問題の半数くらいは、

お金で解決できるものです。


私は、人生プラマイゼロという考えを信じています。

トータルすると、幸せと苦労は半々に、誰もに訪れると思っています。

ですから、人生の後半に幸せを持ってきたいならば、

子どものうち、若いうちには苦労をしておくことが大切です。

昔から、「若い時の苦労は、買ってでもせよ。」って言いますよね。

子どもの苦労の代表と言えば、勉強です。

小さいうちに勉強をしてしっかり苦労を経験すれば、

その後の人生は明るいと思っています。

そう信じて、自分の子供にはしっかり勉強させましたし、

塾に来ている生徒にも、

勉強の大切さを教えています。

ただ、辛い勉強がちょっとでも楽しくなるように、

様々な工夫もしています。

どんな工夫かって?

すいません。それは企業秘密です(笑)  

Posted by ひげの塾長 at 20:45Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年09月04日

御礼

8月29日、午後3時15分。

母が永眠いたしました。

15年前にパーキンソン病を発病し、

10年の入院生活でしたが、

ほとんど苦しむこともなく、

眠るように息を引き取りました。

通夜、葬儀にご参列下さいました皆様方、

その他、母が生前お世話になったすべての皆様方に、

改めて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。  

Posted by ひげの塾長 at 21:33Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年08月27日

思い込み

猛暑が続いています。

うちの教室も、夏休みは早い時間に生徒が集中するので、

2つあるメインの部屋は生徒で一杯になります。

一般電源で使用するエアコンとしては、

最上位の機種で最大出力にしてなんとか涼しくなる状況です。


メインの部屋の横に、私の机がある小さな部屋があり、

そこでは小学生の英語教室などが行われます。

ここにも1台エアコンがありますが、

今日はそのエアコンの効きが悪く、

なかなか涼しくなりません。

設定温度を、25度から22度に下げてみましたが、

それでもなかなか涼しくならず、

隣の部屋から吹いてくる涼しい風で、

辛うじて耐えられるくらいの温度になっていました。


以前、自宅のエアコンがなかなか効き目が悪く、

おかしいなあと思いながら使っていましたが、

昨年リフォームするときに、ガスが抜けていることが発覚し、

ガスを入れなおしたら、普通に効くようになりました。


今回もまたガスが漏れたのかなと思い、

明日にでも電気屋さんに連絡してみようと思っていました。

そして何気なく、エアコンのリモコンに目をやると、

そこには「暖房」の文字が。

てっきり冷房を押したものを思い込んで、

暖房のスイッチを押してしまっていたのでした。


思い込みとは恐ろしいもので、

冷房を押したと思い込んでいる私には、

まさか暖房を押してしまっていたとは、

想像すらできませんでした。

おかしいなと思った時点で、

ほんとに冷房を入れたのかどうか、確認すれば、

何の問題もなかったのでした。


子どもを指導するときも、

教えたはず、出来るはず、やってくれるはず、

と、自分の勝手な思い込みで指導をしてしまうことが多々あります。

今日の暖房事件(笑)を良い機会として、

思い込みで指導をしないように気を付けたいと思います。  

Posted by ひげの塾長 at 19:40Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年08月09日

○○貯金

○○(本渡では老舗のお寿司屋さんの名前)貯金なるものを始めました。

何という事はない、お金をためて豪勢なランチをいただこうというものです。

うちは、月に2,3度、夜外食をします。

先週も新しくできた焼鳥屋さんに家内と二人で行ってきました。

外食はたいてい家内と出かけ、ほとんど家内が支払いをします。

まあもととなる会計は出所同じですから、

どっちが払うというわけでもないのですが、

私はお小遣い制で、月に決まった額のお小遣いをもらっているので、

それは夜の外食には使いません。


○○貯金は、私のお小遣いの中から少しずつお金をためて、

家内と豪華なランチをいただこうという趣旨の元行われています。

1万円札を崩したときとか、おつりに500円玉があった時とか、

はたまた買おうと思っていたものが予想よりも安く買えたときとか、

そういう時に1000円とか500円とかを専用の財布に貯めていきます。

そしてそれが10000円貯まったら、

豪華なランチに出かけることにしています。

これまでに2回行きました。

だいたい1か月おきくらいのペースです。


最近また、それが10000円貯まったので、

家内とランチに出かけました。

ちょっと豪華なセットメニューとノンアルコールビールなどもいただきました。

家内はとても申し訳ないと言いながら、

とても美味しそうに食べていました。

日頃色々と迷惑をかけているので、

せめてものお詫びの意味も込めています。


今回で2回目、前の時と同じ○○というお店に行きました。

支払いの時ちょっとドキドキしましたが、

なんとか500円程度のおつりがありました(笑)

その500円を早速○○貯金専用財布に入れ、

次回のランチを楽しみに、

またコツコツ貯めたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 19:45Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年07月06日

鍵盤ハーモニカ習い始めました。

持病の関係で左手の指の動きが悪くなり、

これまで細々と続けてきたギターが、

最近思うように弾けなくなってしまいました。

それならば、なんとか動く右手で何かできないかと考えていたところに、

鍵盤ハーモニカの教室が、新しくオープンすることを知りました。

そこでお願いして、教えてもらうことになったのですが、

レッスンを受けてみると、

教員をしていた時に指導したこともある鍵盤ハーモニカとは、

全く違ってて、しっかりとした大人の楽器でした。

先生のChikaさんは、以前保育士をされたいたそうで、

この手のかかるおじさんに、とってもやさしく丁寧に教えてくださいました。


話はかわって。

相棒と高校2年生の時からやってるフォークデュオグループですが、

来年、結成43年&還暦記念のライブをやろうかと思っています。

その時、ギターも少しは弾きますが、

僕のメイン楽器を鍵盤ハーモニカにしようと密かに思っています。

その時に、僕の鍵盤ハーモニカと相棒のベースで、

葉加瀬太郎の「情熱大陸」をやるのが、今のところの大きな目標です。


昨日、第1回のレッスンを受けてきました。

基本の練習をした後、今度のライブ(元classの日浦さん)でやる予定の、

ふきのとう「風来坊」のイントロと間奏、エンディングの吹き方を教わりました。

単に弾くだけでなく、感情をこめて弾くテクニックを教わりましたが、

そんなに簡単にできるものではなく、

かなりの練習が必要なようです。

うちに帰ってから練習しましたが、

そのうちに急に昭和の演歌が弾きたくなって、

中条きよしの「うそ」のさわりのところだけ、探り弾きで弾いてみました。

哀愁のあるメロディーが、これまで哀愁を誘う鍵盤ハーモニカの音で奏でられると、

つい感極まって、涙が出てきてしまいました。

年を取ると、ほんとに涙腺が弱くなりますね。

ともあれ、目標に向かって頑張ろうと思う今日この頃です。  

Posted by ひげの塾長 at 17:22Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年06月04日

数学の演奏会

昨日、丸尾焼の展示室で、新進気鋭の数学者、

森田真生先生のお話を聞かせていただきました。

私は、もともと日曜日は、

1日中昼寝をしているような状況で、

特に昼ご飯を食べてからの時間は、

ほとんど寝て過ごしています。

なので昨日は、お話はとっても興味深く、おもしろいものだったのですが、

心とは裏腹に、まぶたが自然と閉じてしまって、

隣にいた家内から、つつかれる始末でした。

先生の目の前の一番前の席で、

張り切って聞こうと思っていただけに、

先生にも申し訳なく、とても恥ずかしい思いをしました。


もうろうとする意識の中でも心にしっかり刻み付けられた内容は、

表現はちょっと違うかもしれませんが、

全体から個ではなく、個を少しずつ拡大して行って、全体につなげる。

みたいなことを言われていました。

数学は、真理を追究するための手段の一つだみたいなことも、

おっしゃっていたような気がします。

もし違ってたら、ごめんなさい。

  

Posted by ひげの塾長 at 20:38Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年05月16日

ディジュリドゥ健康法

先日熊本市内にて、ディジュリドゥ健康法の一般マイスターの資格を取りました。

これで教室を開くことと、教材等を会員価格で購入できます。

さとう式リンパケアの資格にしてもレジン細工の資格にしても、

このディジュリドゥ健康法の資格にしても、

もともとの目的は、塾の生徒のためです。

当時肩こりがひどい生徒が多くて、それをなんとかしたくて習いましたし、

生徒を喜ばせたくて、レジン細工も習いました。

そしてこのディジュリドゥ。

健康にいいのはもちろんですが、

いろいろ調べると、学習の効果を上げるのにも、

とっても役に立ちそうなのです。

興味がある方は、こちらをお読みください。

https://joyhealing.or.jp/wp-content/uploads/2017/06/201607_01.pdf

早速塾生で、希望者には楽器を取り寄せて吹かせてみたいと思っています。  

Posted by ひげの塾長 at 21:23Comments(0)つぶやき&ぼやき

2018年05月08日

部活動の代わりに塾

現在、小学生で3名、中学生で5名、

月曜から金曜まで、毎日塾に来て勉強している生徒がいます。

大抵1日に4,5時間勉強しています。

まるで部活動のような感覚です。


費用にしても、遠征の多い部活動に比べたらさほど差はないかと思います。

で、そういう生徒がこれまでどういう進路をたどったかというと、

かなりの割合で、難関高校、難関大学に進学しています。


いつも言っていますが、難関高校や大学に行くことが絶対に良いとは言いません。

けれど、より自分の夢をかなえる近道にはなっているように思います。


特に、小学校の早いうちから毎日塾にやってきて、4,5時間勉強している生徒は、

かなりの高い割合で超難関校に進学しています。

スポーツにしても音楽にしても、英語で言うとplayです。

つまり遊びです。

もちろんその延長上に立派な職業につながる場合がないではありませんが、

割合的にかなり低いものになります。


それに引き替え勉強はwork、仕事です。

貴重な学生時代を、遊んで暮らすか働いて過ごすかでは、

将来に大きな違いが出てくるのは必至です。


うちの娘が中学生の時に、こんな言葉を送りました。

「勉強と思うな、仕事と思え、給料は20年後だ。」

その娘ですが、今年度で学生を卒業します。

卒業と同時に、私よりはるかに高給取りになります。

うれしいようなさびしいような現実です。  

Posted by ひげの塾長 at 19:56Comments(0)つぶやき&ぼやき